わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■秋の夜長のせいなのか乱雑な生活リズムのせいなのかわからないのですが、どうも寝つきが悪く、何を思ったか「ポニーテールは振り向かない」を観始めまして、ただ今第七話まで来ました。晃(=松村雄基)の秘密がミッキー(=伊藤かずえ)にバレたとこあたりです。
<参考サイト>
ポニーテールは振り向かない;ドラマ飛行の旅(←あの冒頭ナレーションが聞けます)
B0002IJPGK大映テレビ ドラマシリーズ ポニーテールは振り向かない
伊藤かずえ 松村雄基 鶴見辰吾
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-02-02

by G-Tools
…自分の言葉使いが大映ドラマ調になっていきそうでコワイです(^^;。

keitamai.comに超短編小説「大海原三丁目」「突然、浮き輪テスト」を掲載しました。えっと、うー、あー、ぶっちゃけた話、昨日見た夢と一昨日見た夢の話です(- -;。
なにかの本で読んだけど、他人から聞かされる面白くない話に、昨日見た夢の話と、まだ観てない映画の話というのがあるそうだ。
4827513287とっても映像(えーぞー)解体新書
根本 要

by G-Tools
わ、わかってはいるのですが…_| ̄|○

サマソニのダイジェスト放送観ました。Slipknotの破壊力はテレビ越しなのにスんゴイです。一度ナマで観てみたいなぁ。
B00080EU58Vol. 3: The Subliminal Verses
Slipknot

by G-Tools
スポンサーサイト
呑み込まれそう
明日はもっと 愛しい
B00005HQ96motto
JUDY AND MARY

by G-Tools
愛・地球博の所感を思うがままに(^^;。

今回の万博を個人的にまとめると、(やや大げさですが)「二次元デジタル表現のめざましい進歩&三次元デジタル表現への序章」でした(本テーマの「自然の叡智」よりもずっとかそう感じました)。

二次元の映像技術の発達は言うまでもなくめざましいものがありましたが、やはりデジタルの次の課題としては三次元での映像表現なのでしょう。僕が入ることができた企業パビリオン(三菱未来館@earth もしも月がなかったら三井・東芝館 - グラン・オデッセイ夢みる山)はどれもその点を追求していたように思います。そしてそれぞれがそれぞれなりの方法でかなり成功していたと思います(特に三井・東芝館 - グラン・オデッセイの大掛かりな仕掛けにはビックリしました)。
※ただ、夢みる山でのそれはもう圧倒的な空間表現「めざめの方舟」のDVDは、レビュー等にあるように空間表現をどうやってDVDで再現するかっていうのはなかなか大きな課題を残したのではないかと思います(押井守ファンなので迷いなく購入しましたが…)。
B0009X59NGめざめの方舟 open your mind complete version

by G-Tools
The Forest Fairy's Ball~精霊たちの森林舞踏会~での、【巨大テレビ画面でのCGアニメ+劇団員による演劇】や、「群読 叙事詩劇 一粒の種」@瀬戸日本館での【映像・照明・音響+30名以上の出演者の語る声】のように、三次元・空間表現には【デジタルと人間の融合】が(今のところ)最も有効な方法の一つなのかなぁとも思ったり…とは言うものの企業パビリオンの内容を見る限りでは、近いうちに人間抜きでもかなりの三次元・空間表現のできちゃうのではとも思えたり…うーむ。もちろん各パビリオンからは環境問題を始め、「自然の叡智」メッセージが満載だったのですが、僕は「自然の叡智」を凌駕せんばかりのデジタル技術の勢いを強く感じました。

そんなこんなな初・万博体験でした♪

そして無念にも入れなかった超人気パビリオン×3_| ̄|○ 見聞きした情報によると、やはりいずれもデジタルでの三次元表現にトライしていた模様です。
HITACHI.jpg
日立グループ館
FUMIYA.jpg
大地の塔
TOYOTA.jpg
トヨタグループ館

…といろいろと書いてきましたが、やなっちさんが書いてるように「人が多かった」「暑かった」っていう言葉が頭をよぎっていた言葉としては一番多かったことは正直イナメナイないです(汗)。
愛・地球博閉幕;Daily Space

そしてエントリのタイトルは何となくスタレビつながりで付けてみたんですが、次の万博は…おぉ、上海だ♪
B000065EN6SECRET FACE
スターダスト・レビュー

by G-Tools
■ふと入ったCDショップで槇原敬之さんの歌う「ファイト!」を聴きました♪槇原さんの「歌詞のよーく聞こえる」歌唱法で、グサリときた歌詞たちをば。先日書いたエントリとも多少かぶるような。
B000A7TF7WListen To The Music 2
槇原敬之

by G-Tools
B00005ULPE大吟醸
中島みゆき 瀬尾一三 船山基紀

by G-Tools
私 本当は目撃したんです 昨日 電車の駅 階段で
ころがり落ちた子供と つきとばした女の うす笑い
私 驚いてしまって 助けもせず 叫びもしなかった
ただ恐くて逃げました 私の敵は 私です
勝つか負けるか
それはわからない
それでもとにかく闘いの出場通知を抱きしめて
あいつは海になりました
ファイト! 闘う君の唄を
闘わない奴等が 笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながら のぼってゆけ

■ヒジョーに気になったのですがフツーの内容でした↓※トーク自体は9/29(木)でした(9/28追記)。
mark.gif
愛・地球博に行くために名古屋で宿を取ったのですが、その初日に松紳松ちゃんが絶賛していた世界の山ちゃんへ。写真は「幻の手羽先」「海老ふりゃー」(手前)「名古屋のみそかつ」(奥)。美味&安いので、(次の日は朝早起きの予定だったのですが)ついつい箸と酒が進んでしまいました(何とか起きれました)♪関東にもかなり進出してるみたいなのでぜひまた行ってみたいです&行ったことない方、超オススメですヽ(´ー`)ノ。
YAMACHAN.jpg

tebasaki.jpg misoebi.jpg

■名古屋から電車移動する時の話なんですが、フジファブリックのVo & G、志村くんが僕の目の前の席に座ってました。電車を待ってる時から「似てるなぁー」と思っていたのですが、サイトでスケジュールを調べたら案の定(´-`)。マネージャーさんらしき方がスケジュール帳をせわしなくいじっていたのと、到着駅で女子高生に握手を催促されていたのを見て確信しましたです。いやー有名人が目の前っていう状況は、先日の総選挙で小沢一郎氏とすれ違った時以来(^^;。
B000A7TF04茜色の夕日
フジファブリック 志村正彦

by G-Tools
4401352521フジファブリック「フジファブリック」―1stフルアルバム「フジファブリック」
フジファブリック

by G-Tools
行ってきました愛・地球博♪21、22日と参加したのですが、平日にも拘らずもんのすごい人でした。2日目は昼過ぎには移動しなければならなかったので、実質一日半くらいの滞在期間でしたが(そして事前予約もできず(泣))、そこそこいろいろ見て回れたのではないかと思います。

僕が体験できたパビリオン&イベントです↓

三菱未来館@earth もしも月がなかったら(満足度:★★★★★)
WAKAMARU.jpg
夢みる山(満足度:★★★★★)
B0009X59NGめざめの方舟 open your mind complete version

by G-Tools
The Forest Fairy's Ball~精霊たちの森林舞踏会~(満足度:★★★★★)
HIROBA.jpg
三井・東芝館 - グラン・オデッセイ(満足度:★★★★★)
4822217108グランオデッセイオフィシャルアートブック―Nikkei characters presents

by G-Tools
瀬戸日本館(満足度:★★★★★)
瀬戸愛知県館(満足度:★★★★☆)
SETO.jpg

…あとはフラっと立ち寄った国連館etcです。感想はまた改めて後ほど(^^;。
今日からしばし帰省してきます(^^;。

B0000652Q2Northern Lights
スターダスト・レビュー

by G-Tools
今回の総選挙の落としどころについては、内田先生のエントリに非常に共感するところがあったので、それをベースにして書かせて頂きます。
4620317314身体(からだ)の言い分―Right time,right place
内田 樹 池上 六朗

by G-Tools
総選挙終わる;内田樹の研究室
この種の「弱者切り捨て」論からするところの強権批判という定型がほとんど政治的言説としてインパクトをもたなくなったということが今回の選挙のきわだった特徴ではないかと思われる。
勝者の非情・弱者の瀰漫;内田樹の研究室
「弱者」という看板さえ掲げればドアが開くという状況に対する倦厭感があらゆるエリアで浸透しつつあることを意味している。
「弱者は醜い」、「敗者には何もやるな」。これが今回の選挙を通じて小泉首相が有権者に無言のうちに告げたメッセージである。そして、この「勝者の非情」に有権者たちは魅了されたのである。

思えば「弱者」カードを切って人から同情を引いたり、「弱者」カードを切る人に優しい政党に多くの人が投票するっていうのはもはや「今は昔」の話なのでしょう。にも拘らず、今だにたやすく「弱者」カードを使いたがる人が絶えないっていう状況が続いていて、そこへのイライラが今回の自民党大勝利にリンクしたのだ、という見方はとても鋭いと思います。そしてさらにドキッとしたのは、

勝者の非情・弱者の瀰漫;内田樹の研究室
「弱者は醜い」という「勝者の美意識」に大都市圏の「弱者」たちが魅了されたという倒錯のうちに私はこの時代の特異な病像を見る。
日本人は鏡に映る自分の顔にむけてつばを吐きかけた。自己否定の契機をまったく含まないままに「自分とそっくりの隣人」を否定して溜飲を下げるというこの倒錯を私は「特異な病像」と呼んだのである。

…という指摘。つまり「強者」が「弱者」にイラついているというよりも、「弱者」が「弱者」にイラついている、という図式。さらに言えば、「自分」が「自分」にイラついている、と。そしてそういう状況を総選挙に見立て、大勝利する自民党を見ながらある種のカタルシスを得る。これは確かに「特異」です。

こういう「他責」と「自責」、「肯定」と「否定」の入り混じった奇妙な感覚が、現在の日本国民の特徴的なものだとしたら、それは果たしてどのようなことを意味している(することになる)のでしょうか。僕には今のとこわかんないです。今はそういう状況を踏まえて、できるだけプラクティカルに考え、行動していくしかなさそうです…と何か曖昧なまとめで締めヽ(´ー`)ノ。

あ、内田先生の学生さんが「水曜どうでしょう」で卒論を書くらしいです。これは興味深いですねー♪
『水曜どうでしょう』ばかり見ていたらダジャレが止まらなくなった;内田樹の研究室
B0007TFA86100%スープカレー
大泉洋

by G-Tools
B0001JZPCS本日のスープ
大泉洋 with STARDUST REVUE 大泉洋 添田啓二

by G-Tools
何となくつながりそうだったのでムリヤリ(^^;。

kaiwa.jpg
上田留実さんとお兄さんとのライブ、題して“兄妹舟”に行ってきました♪二部構成になってまして、第一部はお兄さん上田隆幸さんのクラシック&ジャズピアノ。ピアノの名器「ベーゼンドルファー」の詳細に渡る解説の後、バッハとドビュッシーをプレイ♪MC等々から伝わってくるのは、「(技術的な再現ももちろん重要なのですが)楽曲を生み出された世界観にどこまで想像を膨らませることができるか」ということ。要するに(勝手に言い換えさせて頂きますが)、「その楽曲の誕生に至る作者の思考プロセスにどこまで接近できるか」「そしてそれをどこまでシミュレートできるか」が演奏にとっては重要であると。この考え方には非常に共感しましたです。そんな想いと緊張感がズンズン伝わってくるような素晴らしいプレイでしたヽ(´ー`)ノ。

第二部は一転して、華やかな衣装でさっそうと登場した留実さんとの、今度はポップスのカバーライブ。ユーミンまりやさん、MISIAの名曲の数々を次々と歌い上げていきます(序盤戦ではダンスも披露!)♪そして後半戦の「最後の嘘」「カムフラージュ」「Everything」、そしてアンコールで演奏されたORIGINAL LOVEの「プライマル」に至るまでの怒涛のドラマ主題歌ラッシュはまさに圧巻でした☆
B0001X7YL4ひとり暮らし
常盤貴子

by G-Tools
B0006JJW5E眠れる森 DVD-BOX
中山美穂 中山美穂 仲村トオル

by G-Tools
B00005HW84やまとなでしこ DVD-BOX
松嶋菜々子 堤真一 矢田亜希子

by G-Tools
B0002X7JAYオンリー・ユー ~愛されて~ DVD-BOX
鈴木京香 大沢たかお 稲森いずみ

by G-Tools
クラシックにジャズにポップスに、いろんなジャンルを一度に楽しめる、とっても素敵な一時でした♪次回以降もどんどんいろんなジャンルにチャレンジをされていくということですので、とっても楽しみであります。ビバ、クロスオーバー!音響監督を見事に務められたBONZOさんもお疲れ様でした♪
※関連記事をリンクさせて頂きました(9/13追記)↓「ベーゼンドルファー」の説明も(^^;。
週末の最後はライヴで締めくくり;トマトタンメン大好き
白龍館WEBサイト

■読売新聞(全版)に「まちばり」の新刊広告が写真付きで出ていたそうです(Tさん、情報サンクスです!)
machi_yomiuri.jpg

keitamai.comにweb小説「銀色の鍵」をアップしました(フォントサイズ大きくしました)。
machi_hira.jpg
まちばり」をまたもや発見!何と平積みにして頂いてました<(_ _)>。

shikumi_shief.jpg
棚の方には「しくみ」も発見!
sunset.jpg

夕暮れ族で 半分空気 笑って走り出す

B000063KTPI don’t know
NUMBER GIRL

by G-Tools
Let's Call It“Music”esq Tour 05' Sometimes Happy@STB139ライブレポを追加しました…とは言っても「僕の勝手な想定違いを、僕の勝手な妄想で修正する」っていう、何とも暴挙な仕上がりになっております(- -;。そんなですがもしよろしければどうぞ♪
keitamai.comにてweb小説「走り男」をアップしました。「…男」シリーズにささやかながら参入してみまっす( ´ー`)ノ。

・「箱男」/安部公房
・「氷男」(「レキシントンの幽霊」所収)/村上春樹
・「電車男」/中野独人
・「ハサミ男」/殊能将之(9/7追記)
highschool.gif
いやー今年も楽しみに観させてもらいました♪やはり全国大会となってくると、どうしても進学校が多くなってくるんですが、何と言いますか、「受験勉強っていう【ホーム】があるというのに、何にトライさせられるかわからない高校生クイズっていう【アウェー】に飛び込んで、とことんもがいている様子」がとっても好きなのであります。中高生の頃って、番組の見出しにあるような「激走&絶叫」「涙&歓喜」系の物事に対して「バカじゃねーの」的なニヒルさを備えがちなビミョーな年頃でもあるような気もするのですが、うん、やはりこういう「【アウェー】での『もがき』」っていうのは貴重だなーと改めて。

特に興味深かったのはFCCJでのプレゼン発表(外国人記者の前でのプレゼンなんて究極の【アウェー】じゃないっすか)。ここで一番高いポイントを叩き出したのが、大田高校の女子三人組。ああいうのって女性の方が向いてるんですかねー。プレゼンの内容そのものに対しての評価もあったんでしょうけど、相手に対して「開いてる」感じが外国人記者に好印象だったのではと思いました(途中で出てきた中村勘三郎さんや知床の先生のお話も「客」や「自然」に対して「開いてる」ことの大切さを語ってたわけで)。

座禅とか漁とか歌舞伎とかいろんな【アウェー】での勝負を経験しつつも、決勝の問題となるとやっぱり受験学力とかクイ研みたいな【ホーム】での地力を発揮したとこが強くなっちゃいますね。優勝した浦和高校なんてまさにそんなイメージだったです(いや、それはそれで全然OKなんですけど)。

電車男があれだけブレイクしたのも、「秋葉原」や「自室」っていう【ホーム】にいがちなオタクが、「酔っぱらいへの注意」だとか、そして何より「恋愛」っていう(超)【アウェー】に飛び込んだとこがおもしろかったわけで。電車男の彼が【アウェー】でどんどん上手く話が進んでいくのも、2ちゃんねら達の意見やエルメスさんに対して「開いてる」からではないかと思いますた。
4104715018電車男
中野 独人

by G-Tools
…そして何より、クイズに挑戦する高校生たちには「家族」の応援、又は「彼女」@高津高校の応援(イイ雰囲気のカップルだったなぁー)、電車男には2ちゃんねらっていう【アウェー】での挑戦に付きものの「凹みorz」吸収してくれる人たちがいるってのがやはりミソかもとも( ´ー`)ノ。
Amazon.co.jpの検索機能って、略称でもいけるんですね。スタレビとか、ドリカムとか、SLTとか、チャゲアスとか、モームスとか、アジカンとか…etc。他にもキムタクとかナベサダとかオーケンとかでもきちんと関連商品へつないでくれます(キョンキョンみたいなのも可)。こうなってくるとモノは試しだということで「永ちゃん」でトライしたところ、これもOK。続いて「教授」。これまたOK。ううむ。「若大将」は?これまたOK。むむむ。
B0009OARUK星になった少年~Shinning Boy&Little Randy~
坂本龍一

by G-Tools
B00005R6GQ加山雄三グレイテストヒッツ~アビーロード・マスタリングス
加山雄三

by G-Tools
…とはいうもののダメなものも割とあって、「原坊」とか「のりピー」とか「サトエリ」とかはダメでした。Amazonさんなりの線引きがあるんでしょうね、きっと。

スタレビオフィシャルサイトにて。持っていくつもりなんて全然なくて、たまたま右クリックしちゃっただけなのですが、とりあえずちょっとビックリしました☆
dame.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。