わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■欲しい資料があったので、都内某図書館にいたら康芳夫さんらしき方とすれ違いビックリ。そっくりさん?いやいや、あのビジュアルはそういるはずないかと…うーむ真相やいかに。
虚人魁人康芳夫 国際暗黒プロデューサーの自伝虚人魁人康芳夫 国際暗黒プロデューサーの自伝
康 芳夫

by G-Tools

■来ましたー1枚目だけ観終わりました。後半戦も楽しみです。
スターダスト★レビュー 25年に一度の大感謝祭ライブスターダスト★レビュー 25年に一度の大感謝祭ライブ
STARDUST REVUE

by G-Tools
スポンサーサイト

 恐怖は人から思考力を奪う。この工場では、どんな不条理も「そういうことになっている」として疑問にも思わないのだろう。「どうしてそうなったのか」「どうしてそうしなければならないのか」なんて、だれもかんがえなくなっているのではないだろうか。
 恐怖によって維持されるのは、権力だけである。権力は、ゆがんだ現実をいつしかあたりまえのように受け入れさせる。そこでは、理由も意図も責任もすべてがあいまいで、叱責だけを異常に恐れる組織が形成されていく。そうやって現場の思考力を奪っといて、「現場は工夫が足りない」「むだが多くて困る」とか言っても、そりゃ、無い物ねだりだろう。

暗黒のシステムインテグレーション―コンピュータ文化の夜明けのために―暗黒のシステムインテグレーション―コンピュータ文化の夜明けのために―
森 正久

by G-Tools

「どこにでも行けるって ほんとはすごくたいへんねぇ… どこにも行けないのはつらいけど どこにでも行けるのもけっこうたいへんだわ」
「たいへんだから楽しいんだよ たいへんじゃないことって あとで考えてみるとあんまりたのしくないんだ」
「うーん ふしぎね… わたしあんまりたいへんなことって好きじゃないけど」

 ぼくも ほんとのこというと好きではありませんが… でも「どこにでもいける」不自由で ぼくらはずいぶん 幸せだ

小さなお茶会小さなお茶会
猫十字社

by G-Tools
■「青山ブックセンター リオープン3周年記念連続講演会」にて東浩紀さんの講演を聞きにABCへ。「キャラクターズ」をまだ読んでいなかったのが大変残念でした。ぜひ読ませて頂きたいと思います。
新潮 2007年 10月号 [雑誌]キャラクターズ;新潮 2007年 10月号 [雑誌]

by G-Tools

■先日読んだ「女は何を欲望するか?」の中の「エイリアン」分析がとっても気になったので、この機会に立て続けに。な、なるほど…。

 キャリア志向か家庭回帰か?八十年代フェミニズムが直面したこの緊急な問いに「エイリアン」はみごとな映像的回答を提出して、大きな商業的成功を収めた。
 キャメロンは二種類のフェミニズムから課された「検閲」を同時にクリアーするという離れ業を演じつつ、「エイリアン」の場合と同じく、男性観客のためのささやかな悪意のスパイスを映像の細部に仕掛けてみせた。「エイリアン2」は、どちらにせよフェミニストが手に入れられた「家庭」がどのようなものでありうるか、そのモデルを映画のラストで映像化してみせる。それは「母親」でありかつ「キャリア・ウーマン」であるリプリーと、そのレプリカであるニュートが作る擬似的母子関係に二人の「不能の男性」を配した聖家族である

女は何を欲望するか?女は何を欲望するか?
内田 樹

by G-Tools
エイリアンエイリアン
シガーニー・ウィーバー トム・スケリット ベロニカ・カートライト

by G-Tools
エイリアン2 完全版エイリアン2
シガーニー・ウィーバー キャリー・ヘン マイケル・ビーン

by G-Tools

■池袋サンシャインシティにてPerfumeのインストアライブを♪選曲がカンペキすぎてクソ暑かった残暑もぶっとびました。彼女たち、今後ホントすごいことになると思います。
<SETLIST>
01.チョコレイト・ディスコ
02.コンピューターシティ
03.エレクトロ・ワールド
04.ポリリズム
ポリリズム(初回限定盤)(DVD付)ポリリズム
Perfume

by G-Tools
<関連>
Perfumeのイベントにファン2000人!「目標はZepp Tokyo」
注目のユニットPerfume、ファン2000人に涙…

■Dream Theaterの最新ライブDVD@ブックオフが恐ろしく低価格だったので即購入(この店はこういうことがしばしば起こるから本当にこわいと思います)。そして全編をなめるように鑑賞。「6DOIT」の完全再現は音で聴いたときはちょっぴり物足りなく思ったのですが、映像で観ると何だかしみじみ。「Goodnight Kiss」→「Solitary Shell」の流れはホント最高ですね。
スコア~フル・オーケストラ・ライヴ 2006スコア~フル・オーケストラ・ライヴ 2006
ドリーム・シアター シャリフィ オクタヴァリウム・オーケストラ

by G-Tools

■「中国」のことをもっとよく知り、そして「もっと感動せねば!」と思ったのでした。そして評判の「いつまでもデブと思うなよ」、読んでいると悲しい気分になってくるときもあるますが、やはり面白い!新書のタイトルとしても新境地っていう感じがします。
街場の中国論街場の中国論
内田 樹

by G-Tools
感動する脳感動する脳
茂木 健一郎

by G-Tools
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
岡田斗司夫

by G-Tools

■そして最後の方は(やっぱし)仕事だったのさ…とほほ_| ̄|○

「権力的」であるとされる人間が、あらわに未成熟で母性依存的であるとされる場合、私たちはそのような人間に「畏怖」や「権威」を感じるでしょうか?たしかに腕力の強いガキや頭のからっぽな権力者に対して、私たちはある種の恐怖を感じはします。けれども、その理由は、彼が私たちの世界に「無秩序」をもたらすかもしれないからであって、彼が包括的な「秩序」を制定するからではありません

大人は愉しい (ちくま文庫 (う29-1))大人は愉しい (ちくま文庫 (う29-1))
内田 樹 鈴木 晶

by G-Tools

ケージの掃除中、棚に避難するうずら君↓
そうじきのおと うるせえずら

横からみた図↓
はやくおわってくれずら
■ZEPP、行ってきました。感想を簡単にー↓
・やっぱしナマ「魔王」ですよ!ナマ「魔王」!のっけから興奮しましたが、ライブ後半で爆音状態の「魔王」もいつか聴いてみたいです。
・「覇道忍法帖」「甲賀忍法帖」の忍法帖2連発、参りました。「甲賀…」のラスト「貴方と 揺蕩う 隠り世まで~♪」で思いっきり伸ばすところ、ウルっと来ちゃいました。
・「泥田坊」が個人的には一番カッコよかったです。こういう曲がシングルのカップリングっていうのが何かこう、スゴイですよね。
・アンコール×4はうれしかったのですが、もうちょっといろんな曲を入れてもよかったのではと思いました。「鬼斬忍法帖」「陰陽師」「鳳翼天翔」あたりを待ってたりしました。
魔王戴天(まおうたいてん)魔王戴天
陰陽座

by G-Tools
黒衣の天女黒衣の天女
陰陽座

by G-Tools

■「殺人の追憶」のときや「大統領の理髪師」のときは思わなかったのですが、ソン・ガンホさんって添田さんに似てるのでは、と「グエムル-漢江の怪物-」を観ながら少し思いました(茶髪だったからかなぁ)。と言いますか、途中から怪物と戦っているのは添田さんだと思って観ている自分がいました。
グエムル-漢江の怪物- スタンダード・エディショングエムル-漢江の怪物-
ソン・ガンホ ピョン・ヒョボン パク・ヘイル

by G-Tools
3131
スターダスト・レビュー

by G-Tools
スタレビを連想させるポスターが2枚も目に飛び込んできたので、週末に買おうと思っていた「31」求めていそいそと。思えば発売日にスタレビの新譜を買ったのっていつ以来でしょう。うーん。「SOLA」以来?
星の旅人(初回限定盤)(DVD付)星の旅人
加山雄三

by G-Tools
愛のうた愛のうた
倖田來未

by G-Tools
それにしてもGAOとは!うーん俄然楽しみ、「CORNERSTONES4」!
サヨナラサヨナラ
GAO

by G-Tools
僕の中で竹善さんの音楽は、(1)SLT竹善さん→(2)カバー竹善さん→(3)ソロ竹善さん、っていう順に好んで聴いていて、「Okra」あたりから、(1)SLT竹善さん→(2)ソロ竹善さん→(3)カバー竹善さん、と(2)と(3)が入れ替わってきた感があったのですが、また元に戻りそうな気配です。

ちなみに(1)と(2)以降には超えがたい壁があると思ってたりします(こう思っている人結構多いと思いますが)。

「(…そっか…学芸会や。これは学芸会なんや。だって、幼稚園の学芸会にそっくりや。みんなわかってるのに、幸せな家族の役を演じてる。学芸会や…)…わかった!これ、学芸会だ。学芸会!」
「学芸会で何がいけないのよ。楽しくていいじゃない」

空中庭園 通常版空中庭園
小泉今日子 板尾創路 鈴木杏

by G-Tools
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。