わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オタクは迫害されてこそ骨太のオタクたりえたのに、現在のオタク寛容(歓迎?)ムードの中でどんどんヤワになるオタクたちを見つめるオタキング。あとがきの呼びかけにちょっとうるっと来ました。
オタクはすでに死んでいる (新潮新書 258)オタクはすでに死んでいる (新潮新書 258)
岡田斗司夫

by G-Tools

他にこの連休中に読んだ本ー。

テレビ救急箱 (中公新書ラクレ 274)」(小田嶋隆)
これだけの毒舌の中に「愛」を込められるのは、もはや小田嶋さんだけか。

逆接の民主主義 ――格闘する思想 (角川oneテーマ21 A 81)」(大澤真幸)
アイデアそのものとしては「現実の向こう」で(こちらは語り口調でしたが)すでに発信されていたものでしたが、改めて読んでみると「くじ引き」の話とか「媒介者」の話とか)とーってもスリリング。「偶有性」をどう扱うか、なのです。

街場の現代思想 (文春文庫 (う19-3))」(内田樹)
単行本の方もすでに持っていますが文庫でも改めて。序盤の「文化資本」のお話はホント痛切でありますー。

5/3(土)からの連休もいろいろと読みたいと思いますー。というわけで本日の衝動買い。どれも楽しみー。
生きる意味を教えてください-命をめぐる対話生きる意味を教えてください-命をめぐる対話
田口ランディ

by G-Tools
孤独な少年の部屋孤独な少年の部屋
中島 義道

by G-Tools
思想地図 vol.1 (1) (NHKブックス 別巻)思想地図 vol.1 (1) (NHKブックス 別巻)
東 浩紀 北田 暁大

by G-Tools
スポンサーサイト
あたり一面海状態のカーナビを見ていたら、ふとラーミアに乗ってる気分になったのですよ。
あたり一面海だー
<参考>
ドラゴンクエストIII そして伝説へ… - Wikipedia
■大体どの局も「ポリリズム」か「BcL」の直近シングル中心に放送していたのに、ここに来て「チョコレイト・ディスコ」と「エレクトロ・ワールド」をメインに持ってきたNHKは素晴らしい!と思いました。そしてかしゆかは日本アイドル史を完全に塗り替える逸材とトップランナー「マカロニ」のPVを観て確信しましたです。
<関連>
テクノポップユニット Perfume;トップランナー
コンティニューvol.39コンティニューvol.39
Perfume

by G-Tools
BOMB (ボム) 2008年 05月号 [雑誌]BOMB (ボム) 2008年 05月号 [雑誌]

by G-Tools

■バンド(&アダルトチルドレン仲間)でお世話になっているバブさんのブログで先日のライブ記事がー。「さらっと」ではてんでなかったのですが(汗)、次の6月のライブではまた頑張りますのでよろしくお願いしますー。
<関連>
4/2完全アコースティックライブ;バブログ
swerveswerve
marble guitar case

by G-Tools

■hideの1stライブ盤キター。ドアーズのカバーはやっぱしカットですか。「SCANNER」のライブver.はホント大好きです。正直あの映像がないと物足りないかもと思っていたのですが、フツーに血液逆流ー。
HIDE OUR PSYCHOMMUNITYHIDE OUR PSYCHOMMUNITY
hide

by G-Tools

esq “The Trio” Tour ですか!行ける限り全部行きたいー!
■おぉー池袋文化祭の音源が次々とアップされてるーと思いきや、辛酸なめ子さんとしまおまほさんとの3ショットが実現(ただしワタシ後頭部のみ)!偶然とは言えうれしいです。そしてこの日をきっかけに読み始めた辛酸なめ子さんのブログは今一番のお気に入りであります。ああいう雰囲気を醸し出てくれる女友達がほしいー。
<参考>
文化系トークラジオ「Life」  池袋文化祭の巻き;TBS RADIO 954kHz | ~TBSラジオプレスメール954写真缶~
2月末から3月末まで;人生はタイトロープ

keitamai.comを(ようやく)更新しました。こんな感じで2008年度はスタート切ってみようかと思っています。どうぞよろしくお願いします!
■ちょっとリッチなお昼をということで誘われるがままに「まる伊」というお店へー。「づけあな丼」とやらが激ウマすぎてのけぞりました┌┴o。
づけあな丼
<参考>
まる伊 赤坂みすじ通り店(まるい マルイ)/赤坂/寿司、鮨、すし[食べログ.com]


Mozilla Japan 代表理事 瀧田 佐登子さんの講演が無料で聴けるというこということで、業務終了後そそくさと新宿へー。うーむ、のほほんと学生をやっていた当時に、かくも壮絶なネスケ VS IEのブラウザ戦争があったとわ。そして今のIEひとり勝ち状態に対して、モーレツな追い上げを見せる「Mozilla FireFox」のその秘訣は「独自仕様を積極的に排除」し、「標準化」に執着したこと。平たく言えば「個性」を捨てて「フツー」を目指した(極めた)、ということでしょうか。意味深ー。


■初めてPCを自作してみました(ベアボーンですけど)。OSもどうせ2台目ならということで「Windows Vista Business」をインストール。思った以上に美しいです。さらに今話題のVMwareとやらをインストールし、仮想マシンとしてLinuxを入れてみました。うーむ1台のマシンにOS2つ!実際に目の当たりにするとやっぱインパクトありました。すげー時代です。いろいろ試してみたいと思います。目指せ自宅サーバ。


■最近読んだ中で面白かった本。菅野先生の本は、「いまこの国で大人になるということ」の中の文章以来、単著としては初めて。今後いろいろと手を出してみようと思いました。対象年齢が低いプリマー新書にして、最後のオチは素晴らしかったと思います。そして何より上田先生の壮絶な半生(と言いますかすごい母親!)!
友だち幻想―人と人の〈つながり〉を考える (ちくまプリマー新書 (079))友だち幻想―人と人の〈つながり〉を考える (ちくまプリマー新書 (079))
菅野 仁

by G-Tools
かけがえのない人間 (講談社現代新書 1936)かけがえのない人間 (講談社現代新書 1936)
上田 紀行

by G-Tools


■届いたぞ届いたぞ届いたぞー♪
GAME(DVD付) 【初回限定盤】GAME
Perfume

by G-Tools
とーっても中身の濃ゆいライブでありました♪「Uno Dos」がめーちゃくちゃカッコ良かった!新譜からも惜しみなく披露、披露。あー楽しみ!
Pretty GoodUno Dos;Pretty Good
POLYSICS

by G-Tools
We ate the machine(初回生産限定盤)(DVD付)ポニーとライオン;We ate the machine
POLYSICS

by G-Tools
「信頼性検知能力」が「磨かれることなく終わってしまい」そうな勢いを感じる今日この頃です(- -;。やな中年になりそうだ。

 もともと他人との協力関係が、生きていくうえで必要不可欠だと考えている高信頼者は、他人との間に協力関係を築こうと積極的に行動します。もちろん、そこでかならず協力関係がうまく行くとは限りません。時には信じた相手から騙されることもあるでしょう。
 しかし、そこで高信頼者は懲りることなく、その失敗を教訓にしてまた他者との協力関係を築こうとするので、高信頼者たちは他人の信頼性をだんだん的確にチェックできるようになっていくというわけです
 さらにそこで付け加えれば、こうして他人の信頼性をうまく検知する能力を手に入れれば、それだけ高信頼者たちは協力関係において成功を収めていくので、ますます他者と関係を結ぼうと考えるでしょう。そうなると、ますます経験値が増していくので、さらに相手の信頼性を検知する能力に磨きがかかっていくというわけです。
 これに対して、低信頼者の場合は最初から他人との協力関係はありえないと思っているので、他人がどれだけ信用できるかどうかなど考えてもみようとしません。その結果、低信頼者の信頼性検知能力は磨かれることなく終わってしまいます
 いや、それだけならばいいのですが、こうした低信頼者の人もときには他人との協力関係を結ぼうと考えるかもしれません。しかし、彼らには相手の信頼性を正確に予想する能力がないので、しばしば相手に裏切られたり騙されたりします。この結果、ますます低信頼者は相手を信用しなくなってしまうので、さらに他人の信頼性を検知する能力が育たないという結果になってしまいます

日本の「安心」はなぜ、消えたのか―社会心理学から見た現代日本の問題点日本の「安心」はなぜ、消えたのか―社会心理学から見た現代日本の問題点
山岸 俊男

by G-Tools
安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)
山岸 俊男

by G-Tools
■先週ベースを弾かせてもらいましたpulsnugの、今度はアコースティック・ライブにナマギターで参加させてもらいました♪若人にくっついて2週に渡って「忘れかけていたこのトキメキ」。我ながら恵まれておりまする。

…とはいうものの久々に弾くギターは(「久々」が原因でないっていうウワサもありますが)なかなか厳しいものがありました(^^;。前々から課題だった、「手癖ではなくコードの流れで曲を覚える」ことが、この年になってもやはりぜんぜんできず、相変わらずいったん間違えたらとことん間違え続ける「手癖」ギターでありました(- -;。タブ譜の絵と自分の手の形の記憶だけでギターを弾くのは今年こそ、今年こそ直してみせるぞーと意気込みだけ見せてみます。

でもとにかく楽しかった!

スタレビ「31」ツアーのDVD化が決まったらしいですね。この「現メンバーの演奏はすべて映像化!」級の気合いは一体どういうことなのでしょう(日比谷野音観たいぃ)。何はともあれDVD可決定ということで、日替わり曲のチョイスに期待。ライブ前のあの演出もぜひDVD仕様にしてほしいところです。

サラリーマンNEOシーズン3が始まるー!やたー!

■楽しみにしていた佐々木敦さんのトークイベントを泣く泣く諦めて作った資料が見事撃沈…_| ̄|○
絶対安全文芸批評 (INFAS BOOKS)絶対安全文芸批評 (INFAS BOOKS)
佐々木 敦

by G-Tools


■今年のエイプリルフールはGoogleダジャレサーチが一番面白かったですー。害のない嘘をぽんぽん言えるオトナになりたいものですが、現実はなかなかに厳しそうであります(- -;。
<参考>
Googleダジャレサーチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。