わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕も昔は「『この人にもそれなりにいいところがあるんだ』とか、『嫌いな人間を我慢して受け容れることが人間の度量なんだ』とか自分に言い聞かせ続けている」ことの方が大切だと思うタイプのヒトだった(と思う)のですが、「あ、これは自分には無理なんだ」と(この年にして)ようやく気付きました。うん、嫌いな人のために自分の感受性をオフにすることなんてないのさ。「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」なのよさ。

今日のお題は「嫌いな人とのつきあい方」について。
嫌いな人とは付き合わない、というのが私から学生諸君へのアドバイスである。
つねづね申し上げていることだが、そばにいるだけで疲れる人、こちらの生命エネルギーが枯渇してくる人というのがたしかに存在する
―中略―
「できないこと」をやろうとしても仕方がない。
「嫌いな人間とつきあう」というのは「できないこと」の一つである。
それを無理矢理やろうとすると、どこかに破綻が生じる。
それほどドラマティックな破綻ではない。
「嫌いな人間」を我慢して、「この人にもそれなりにいいところがあるんだ」とか、「嫌いな人間を我慢して受け容れることが人間の度量なんだ」とか自分に言い聞かせ続けていると、「何かを嫌う」という感受性の回路が機能を停止する
だって、我慢している状態を「我慢している」と絶えず主題的に意識していたら、つらくて心身が持たないからだ。
これは我慢ではない。私は平気だ。私は何も感じない。
そうやって自分自身を騙すことなしには、我慢は続かない。
―中略―
人は「イヤな仕事、嫌いな人間、不快な空間」を「我慢する」ために、みずから感度を下げるのである
だから、「嫌いな人」と付き合ってはいけない。

知に働けば蔵が建つ (文春文庫)「嫌いな人とのつきあい方」について;知に働けば蔵が建つ
内田 樹

by G-Tools
自分の感受性くらい自分の感受性くらい
茨木 のり子

by G-Tools
スポンサーサイト
ほんとうに良い曲だと思います。紅白出るなら絶対にこの曲で出てほしいですが、おそらく「ポリリズム」で出るんだろうなぁ。
Dream FighterDream Fighter
Perfume

by G-Tools
何て穏やかな秋なんだぁー。ぼけーっとしてやるー。
六義園
…30半ばの夜勤明けはこたえたぞコンニャロぉー。

お茶うめぇー。
あーしんどかったけど面白かったーって一応仕事の帰りだったりー。
たわたわたわー
■中古でゲトーしました。どれくらい伝説だったんだろうと思って観てみましたら、本当に伝説のライブでした。特にナマ演奏の「ファンキーグラマラス」に度肝。
KREVA TOUR2006愛・自分博 ~国民的行事~日本武道館KREVA TOUR2006愛・自分博 ~国民的行事~日本武道館
KREVA

by G-Tools

そういえばKREVAがPerfumeの武道館ライブに来てたそうで…。そしてPerfumeのライブ、武道館にまた新たな伝説ができたそうで…。
<参考>
Perfume武道館行ってきました;KREVAのFashion通信

■読売ウィークリー休刊とのこと。「脳から始まる」、「脳の中の人生」の頃から大好きな連載だったのでとっても寂しい…ですが、最終号は何と茂木健一郎特集らしい!
ブンヤの魂;茂木健一郎 クオリア日記

時が経ち、私が『脳から始まる』の原稿を書くのも、いよいよあと二回となった。

最後に、私の特集号を作って下さるのだという。

夏休みを2日ほどー。ホントはたまりにたまった仕事を家でじっくり、と思っていたのですが、「いやいや、別のことにアタマ使った方が通常業務にカムバックしたときによりハカドルのでは」との超自己正当化マインドが急に舞い降りてきて2日間丸々好きなことしてました。

職場の某女史が「来月で辞める」との衝撃発言。僕なりに必死に説得を試みましたが、その退職理由があまりにももっとも過ぎて終始劣勢。そしてもはや完全に「説得できる余地ナシか…」と観念しちゃってからは「とにかくあなたが辞めてしまうことを、僕はとても残念に思う」という思いだけを(僕にしては割とストレートに)伝え、あれだけ「絶対説得!」のテンションで臨んだ場はあえなく「惨敗」という形で終了しました…あとはもう次の職場での活躍を祈る!

<関連>
ふひー;人生はタイトロープ
カルピスからチューハイへ;人生はタイトロープ
人生なんてゴカイとゲンソーよ!!;人生はタイトロープ
面白かったー!サカエちゃん最高!!

「サカエちゃん やっぱトーキョーに対してゴカイとゲンソーがあるよ」
「人生なんてゴカイとゲンソーよ!!現実なんて何のイミもないわ!あたしの脳みその中だけが真実よ!!」

07110158.jpg東京ガールズブラボー
岡崎 京子

by G-Tools
そしてSさんサンクス!
ようやく全部観れましたー♪「想い出にかわるまで」のピアノソロを添田さんがほぼ原曲完コピしてくれたのが嬉しかった!「Spice of Life」の演奏はナマで観たときと同様トリハダもんでした!個人的にスタレビはもっともっと「演奏力の高さを見せ付ける」ような場面を増やした方が良いと思うのです(「低い腰」路線に反するのは百も承知で)。
STARDUST REVUE LIVE TOUR 31STARDUST REVUE LIVE TOUR 31
スターダスト・レビュー

by G-Tools
そして新譜なのですが「オリビア」の収録がめちゃくちゃ嬉しい!どのツアーで聴いたのか忘れちゃいましたが、要さんが歌う「オリビア」は確実に原曲超えだと思うのです。
ALWAYSALWAYS
STARDUST REVUE

by G-Tools
某人気アウトレットまで衝動買いしに来ましたー。写真は秋空の下そびえ立つマウントフジー!
マウントフジー!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。