わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の茂木さんの日記にふと「Sign」の歌詞を。「傑作のうちに」ある「限りない秘密」と、「君が見せる仕草」にある「僕を強くさせるサイン」。うーむ。何だかしめの言葉まで似ている気が。人生が「有限であること」を真剣に考えたとき、やはりここに行き着くのでしょうか。

スプマンテの泡に溶けて;茂木健一郎 クオリア日記

「現実ってさあ、絶対に理想通りにはならないじゃん、ダメなやつとか、ダメなものとか、そういうものはいくらでもある。だけど、そういうものにフォーカスしていると、時間がもったいないと思うんだよね。良いもの、素晴らしいもの、それを見つけたら、それだけのことを考えていれば良い。人間って、素晴らしいものの前ではついつい幸福になってしまってエポケーしてしまうよね。でも、エポケーの先に行くことが大切なんだ。たとえば、日月山水図屏風。あれは本当に素晴らしくて、その素晴らしい、という感覚のうちにエポケーしてしまいがちだけれども、本当はその先があるんだ。どんどんどんどん先に行くことができるんだ。傑作のうちには、限りない秘密がある。その秘密に寄り添って、全身全霊考え、感じているだけでも、人生なんて終わってしまうんじゃないかなあ。本当は、退屈などない。

マクタガートの時間論、斎場御獄、モネの絵。バッハの音楽。すばらしいものについて考えているだけで、そこで良質の精神運動が立ち上がる。どんどんどんどん先に行くことができる。斎場御獄の一番奥のところ、あそこはなぜ、岩がもう一つの岩にあのように倒れかかっていて、そこを抜けると、こんな輪の中に久高島が見えるのだろう。なぜ、死者の魂のように黒地に白い帯のシロオビアゲハが飛んでいるんだろう。

そのようなことを考えているだけで、どこまでもどこまでも行くことができる。最良の精神運動のうちに。そう考えたら、朝から晩まで、良いもの、素晴らしいもののことだけを考えていれば良い。全力で、もっと先へ、もっと先へと行けば良い。だって、一生かかったって、自分が愛するもの、素敵だと思うものすべてについて、その先、もっと先を見きわめることができないじゃないか。それだったら、ダメなものに目をとらわれている時間はないじゃないか。ぼくは、そう思うんだよ。


君が見せる仕草 僕を強くさせるサイン
もう 何ひとつ見落とさない
そうやって暮らしていこう
そんなことを考えている

SignSign
Mr.Children

by G-Tools
スポンサーサイト

なるべく信じてみることにしたんだから

Q友とコーヒーと嘘と胃袋 ;Q
Mr.Children

by G-Tools
「なるべく」…ですけどね(^^;。
遅ればせながら録画していた「探偵!ナイトスクープ ザ・ゴールデン」を観て、死ぬほど笑い転げました…!そしてつくづくこの番組は「卵の側に立つ」番組だなぁーと。
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2009年 04月号 [雑誌]「常に卵の側に」(村上春樹 エルサレム賞スピーチ全文掲載);COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2009年 04月号 [雑誌]

by G-Tools

I have only one reason to write novels, and that is to bring the dignity of the individual soul to the surface and shine a light upon it. The purpose of a story is to sound an alarm, to keep a light trained on The System in order to prevent it from tangling our souls in its web and demeaning them. I fully believe it is the novelist's job to keep trying to clarify the uniqueness of each individual soul by writing stories - stories of life and death, stories of love, stories that make people cry and make with fear and shake with laughter. This is why we go on, day after day, concocting fictions with utter seriousness.

わたしが小説を書く理由はひとつしかありません。それは個人の魂の尊厳を浮き彫りにし、そこに光を当てることです。物語の目的とは警報を鳴らすこと、わたしたちの魂がその網の目にからめとられ、尊厳が奪われてしまわぬよう「システム」に光を向け続けることです。生と死の物語、愛の物語、読んだ人が泣いたり恐怖に震えたり笑い転げたりするような物語を書くことによって、個々の人間の魂のかけがえのなさを明らかにしようと試み続けることが、小説家の仕事であるとわたしはかたく信じます。そのためにわたしたちは、来る日も来る日も真剣に作り話をこしらえ続けるのです。

村上春樹さんの受賞スピーチ、ホント素晴らしかったです。前に観た「笑劇開演~小林賢太郎テレビ~」で、小林賢太郎さんが「コントを作る理由」として似たようなっことをおっしゃっていたような気がします。
■「第128回 新宿セミナー @ Kinokuniya 『脳を活かす生活術』(PHP研究所)刊行記念 茂木健一郎講演会 脳を活かす生活術―希望の道具箱―」にー。今日は開演に間に合った!

「ビジネス書的なもの」(勝間和代さんを引き合いに出しつつ)に対して、「人生ってそんなもんじゃない!」とひたすらゲキを飛ばす茂木さん(こちらは「奇跡のリンゴ」の木村秋則さん、吉田秀和さん等を引き合いに出しつつ)。さらには「オレの本はビジネス書じゃない!」とも。最も興味深かったのが、(「不意打ちでやってくるもの」としての)ビートルズの話。あらゆるものを制御可能(可視的)にすることで(一日0.2%の成長、だとか)自己を成長させようとするビジネス書的なものに対し、制御不可能なもの(不意打ち的なもの)をいかに大事なものとしてとらえるか、と茂木さん。「脳を活かす生活術」はまだ読んでいないのですが、「偶有性」に開かれる(=不意打ちに開かれる)ようになるためのコツがいっぱい詰まってそうな予感!
奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
石川 拓治

by G-Tools
脳を活かす生活術脳を活かす生活術
茂木 健一郎

by G-Tools

DTの新譜情報キター♪
終わったー!楽しかったー!どのバンドもほーんとカッコ良かった!

…いつまで経ってもミスは減らない…。

感想箇条書きー↓
今年2回目のPULSNUGライブ告知ー♪当日だー練習不足だー外はすごい風だー。

chemical element orchestra presents 「bit parade vol.3」
日程:3/14(土)
開場/開演:18:00/18:20 ※PULSNUGの出演順は4バンド目20:40~らしいっす。
場所:Shibuya HOMEMAP
出演バンド:ケミカルエレメントオーケストラ/パルスナッグ/ピコピコポン/マリコフ/フォーリンランド

他にもカッコいいバンドばかり!こりゃ楽しみだー!
■「顕在意識」⇔「潜在意識」「感情」問題ってその、80年代的「アイロニズム」「シニシズム」⇔90年代的「アイロニカルな没入」「ロマン主義的シニシズム」問題と何か対応してる気がして、そしてそれって「集団的涙」⇔「自分だけの涙」問題ってこと…みたいなことがぐちゃぐちゃぐちゃ…。誤読しまくってる予感。でもゆっくり活字追えるだけでも幸せなのよさー。
サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代 (ちくま新書)サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代 (ちくま新書)
下條信輔

by G-Tools
歴史の〈はじまり〉歴史の〈はじまり〉
大澤真幸 北田暁大

by G-Tools
涙の理由涙の理由
重松清 茂木健一郎

by G-Tools

■おっ更新…と思ったら…「重要なお知らせ」…。サポメンですか…。音は変わらないとはいえ何か複雑。

↑の曲でのっけから思わず流しちゃった涙は、「自分だけの涙」だったのでしょうか…なんて。
セクシー寄席にその極致をみた!「なんて大きな、すてきな人(たち)なんだろう」と思いっぱなしでありました!

青空に向かってぐんぐん上昇していく;茂木健一郎 クオリア日記

「いいですか、みなさん。特に男子生徒。自己批評ができる能力を身につけると、モテますよ。お笑い芸人がもてるのは、そのためです。
 他人から言われて痛い自分の欠点は、言われる前に言ってしまえ、しかも、それをユーモアに転化してしまえ
 そうすれば、ああ、この人はなんて大きな、すてきな人なんだろう、と思われますよ」

<参考>
【お笑いニューヒーロー】セクシー寄席 - 芸能 - SANSPO.COM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。