わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思わなきゃしょうがない

ワンルーム・ディスコ(初回限定盤)ワンルーム・ディスコ
Perfume

by G-Tools
スポンサーサイト
時間が経って - 茂木健一郎 クオリア日記

アンソロジー「1962〜1966」と「1967〜1970」の二つのカバー写真の間に見られるジョンの驚くべき変化を見る度に、「この人は一体何があったんだろう」とシミジミ思ってしまう。

ザ・ビートルズ 1962年~1966年(赤盤)(期間限定)ザ・ビートルズ 1962年~1966年(赤盤)
ザ・ビートルズ

by G-Tools
ザ・ビートルズ 1967年~1970年(青盤)(期間限定)ザ・ビートルズ 1967年~1970年(青盤)
ザ・ビートルズ

by G-Tools

改めてジャケットを見比べてみたらこちらも…「この人たちは一体何があったんだろう」とシミジミ思ったのでした。
スウィートドーナッツスウィートドーナッツ
Perfume

by G-Tools
トライアングルトライアングル
Perfume

by G-Tools
NIGHT FLIGHT」が名曲過ぎてコワイ今日この頃です。
■今回の「Life」のテーマは何と「バンドやろうぜ」♪先日勢いよく初投稿を誓ってみたのですが、何だか全然うまくまとまらず…あえなくタイムアップ。やれ初コピーはブルーハーツだの、「TAB譜は偉大だ!」だの、いろいろ書いてはみたものの「で、何が言いたいの?」的なしまりのない内容になってしまい…今回も張り切ってLOMっていきたいと思います…無念。
THE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS
THE BLUE HEARTS

by G-Tools


■90~00年代と最後までようやく読み切りました。「積ん読」のままかれこれ「vol.3」まで出てしまった「思想地図」をこの夏絶対に全部読むのだ!と思ったのでした。また、宮台さんに関する記述の中心が「権力の予期理論」っていうのが何とも。
ニッポンの思想 (講談社現代新書 2009)ニッポンの思想 (講談社現代新書 2009)

by G-Tools
権力の予期理論―了解を媒介にした作動形式権力の予期理論―了解を媒介にした作動形式
宮台 真司

by G-Tools
あとがきに「未知への遭遇」に関するうれしいお知らせが!!!楽しみにしています!!!
ようやく楽しみにしていた90年代まで来ました…!ここまで読んで「ニッポンの思想」についてとっても重要な指摘があったのでメモー。

ここには「ニッポンの思想」の、その後の流れを考えるうえで極めて示唆的な、ある重要な動機付けが立ち現れています。それは「読まなくてもわかる(=読まなくてもいい)」ということです。「わかりたいあなた」たちにとっては、わかったかわからないかを真剣に問うことよりも、なるべくスピーディーにかつコンビニエントに、わかったつもりになれて(わかったことに出来て)、それについて「語(れ)ること」の方がずっと重要なのです。「作品=テクスト」を「読む」行為(これも一種の「労働」です)の軽視という「ニューアカ」の特徴は、浅田彰や中沢新一の本当の気持ちは別としても、彼らのブレイクにとっては重要な要素だったのだと思います。

ニッポンの思想 (講談社現代新書 2009)ニッポンの思想 (講談社現代新書 2009)
佐々木敦

by G-Tools

何となく関連してそうな(=自分の中で関連しちゃった)のでリンク↓
<関連>
学校でも会社でも;人生はタイトロープ
ぐ、「ぐふふな動き」???

こりゃいいじゃん♪ - 竹善のブログ「おくらの軍艦巻き」

来年のSLTのぐふふな動きのためにも是非!

とりあえず10周目あたりまで聴いたところです。いろんなところで物議を醸している「The Shattered Fortress」ですが、僕は…ギリギリ…ギリギリ「アウト」かなって正直思っています(ホントに微妙なのですが)。元ネタ3曲が大好きなだけに…ってところが大きいですかね。今のところ一番気に入っているのは「The Count of Tuscany」かなぁ。まーだまだ聴き倒したいところであります!カバー集の方はまだ1周目あたりです。同時期にようやく手に入れた「Made in Japan」と一緒に聴きまくりたいかと…。
Black Clouds & Silver LiningsBlack Clouds & Silver Linings
Dream Theater

by G-Tools
…本当に今さらですが…やっぱり僕はペト様のギターが大好きなのだ!本当に好きなのだ!うぉー!
色違いなだけ?;竹善のブログ「おくらの軍艦巻き」

ウルフルズが活動休止したねえ
トータス松本さん曰く・・・
「夢を見続けたいなら、やらなければならない事が山ほどある。どんなに時間がかかっても、次の自分を待っていてくれるのは、他でもない自分自身なのだ」

いいこと言うねえ♪
5年半休んでたボクらも802イベントで復活したボクらも、どちらも0.00001mmの後悔も引け目もない自分がみつめていたものなあ
何を言われようと、人を待たせる痛みを心から知りながら待たせる決断をする者を、己の欲求のために責める思いやりのない人間にだけは決してなるまい

先日のライブに何と!「文化系トークラジオ Life」のADにゃんちゅうさんが!!!ミーハー心バクハツ!!!で、一緒に写真撮ってもらいましたー!!!!!「あ、あの・・・Lifeのにゃんちゅうさんですよね…」…あやしい感じですみませんでした…。

Life、初回からずーっと聴いてます!」「イベントも全部参加してます!」と調子こいてLifeファンをアピールしてみたのですが、今チェックしてみたら「トークイベント~「就活」で何を学ぶか~」は行ってなかったです…うそついてしまってごめんなさい…。でもこんな形で「Life」とつながれるなんて…ビバつながりの過剰!!!
にゃんちゅうさんと♪
今後はもっと番組にメールとか出して、もっと積極的に関わってみたい!!!と思ったのでした。

↓↓↓↓↓バナーも貼らせてもらっています↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑Lifeが大好きです↑↑↑↑↑
先日のライブ写真をYSKWさんが送ってくれたよー!
照明キラーン♪

つま先揃ってます。揃えますとも、ええ。
ドラムスヒロミさん、鮮烈デビューの巻!でした(写真だと見えにくいかなぁ…)。YSKWさんの声の調子もとっても良かった!MARIKOVフォーリンziuniverseもめーちゃくちゃカッコ良かった!

富樫さん、ステキなイベントありがとうございましたー♪

「僕が求めているのは、僕が求めている強さというのは、勝ったり負けたりする強さじゃないんです。外からの力をはねつけるための壁がほしいわけでもない。僕がほしいのは外からやってくる力を受けて、それに耐えるための強さです不公平さや不運や悲しみや誤解や無理解―そういうものごとに静かに耐えていくための強さです
「それはたぶん、手に入れるのがいちばんむずかしい種類の強さでしょうね」
「知っています」

海辺のカフカ〈下〉海辺のカフカ〈下〉
村上 春樹

by G-Tools
PULSNUGライブ告知ー♪

ziuniverse presents 「Bit Parade vol.4」
日程:7/4(土)
開演:18:50 ※PULSNUGの出演順は2バンド目19:30~です。
場所:三軒茶屋 STAGE-PFMAP
出演バンド:DJ Entropies/PULSNUG/Foreignland/marikov/ziuniverse

他にもカッコいいバンドばかり!!!
<参考>
惰性でライブ告知 ;アサショーRyu
PULSNUG | e+エンタメ市場《meets》 ×SUMMER SONIC 09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。