わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
告知遅れましたー(汗)。

You are Lucky Night!!! Final!!!"Good Bye Number Nine"
日時:8/30(日)
Open / Start:17:00  Charge:1500 (+1D)
場所:shibuya LUSH
出演:Foreignland , PULSNUG , mig , SMOGCHECK , luveless、Metabolicbrothers、ziuniverse…

PULSNUGの出演時間帯は19:30あたりだそうです。頑張りますー!!!

-----
はぁ~終了~♪今回もふんだんにミスりました~。さらにノリノリYSKW氏がベースに頭ぶつけちゃったよ!大丈夫かなぁ~。
すっばらしいメンツであります♪
何はともあれ楽しかったスー!ありがとうございました!
スポンサーサイト
が響いています。音漏れちょうだいしています。3、4曲目のレア度につられてついつい長居。
雲一面の中一瞬月が顔見せ。真ん中あたり。見えますか。見えないですか。そうですか。
ああ焦りました。もうそうなるくらいなら開けない方がましだと思いました。
FLASH BEST(DVD付)【初回生産限定】FLASH BEST(DVD付)【初回生産限定】
capsule

by G-Tools
思い切って開けてみて&ぺりぺりはがしてみて心底安心。

あぁどきどきした。
スゴイ!!!!!元ネタへの愛を感じます!!!!!
この映像見ると「頑張ろう」って気になります。

それにしても「worst cover ever!」って。
ちょっと思うところあってまとめ読みー。うぅうどこもかしこもステキな言葉だらけだ。
おとなの小論文教室。おとなの小論文教室。
山田ズーニー

by G-Tools
理解という名の愛がほしい——おとなの小論文教室。II理解という名の愛がほしい——おとなの小論文教室。II
山田ズーニー

by G-Tools
17歳は2回くる おとなの小論文教室。(3)17歳は2回くる おとなの小論文教室。Ⅲ
山田ズーニー

by G-Tools
特に「17歳は2回くる」の↓のお言葉がぐさぐさぐさっと。

『いま、その人の身に起こっていることは、その人にふさわしい』

ゲロ回収中(涙)。社会人のストレスを最後に拭っているのはこの人たちなんだよなぁ。
きたないなぁ。くさいなぁ。ぶつぶつ。

いいさ 誰が褒めるでもないけど
小さなプライドをこの胸に 勲章みたいに付けて

Mr.Children“HOME”TOUR 2007 [DVD]彩り;Mr.Children“HOME”TOUR 2007 [DVD]
Mr.Children

by G-Tools
「責任感」…かぁ。ブロッケン、それを教えてくれよ、ブロッケン。

そして燃え尽きながらも、使命を果たしたことだ(by ロビンマスク)。

久々にPULSNUGのリハー♪新曲の中でスラップを…という話が出たのですがこれがワタクシ全然出せず…。いろいろ見ていたらこんなサイトが↓ぜ、ぜひ頑張ってみます…。

今日から始めるスラップベース 第1回 - スラップ練習日記

たまたま見てたこの動画のバックでもカッコイイスラップ響いてました♪うーんロビンスペシャル仕掛けたい人てんこ盛り(笑)♪
ひょんなことから知りました。すごい。すごすぎる。おふざけのようで歌詞にバービーへの愛が満ち溢れている!「ショート寸前」「女ぎつねOn The Run」「目を閉じておいでよ」「負けるもんか」「泣いたままでListen To Me」「Dear わがままエイリアン」「何だったんだ?7days」がぎゅっと濃縮!(まだある?)
ぱつんぱつんぱつんぱつん
グループ魂

by G-Tools

そして何やらこんな動きも…目が離せねっす。
■「一回ずつの『対話』を『読みきり』にする」っていう形式だったからか、各回少しずつ消化不良感が…「中島先生の反論をもう一発!」の連続でした。いや、一発どころか「動物化する世界の中で」級に続いてほしかったかも。
やっぱり、人はわかりあえない (PHP新書)やっぱり、人はわかりあえない (PHP新書)
中島 義道 小浜 逸郎

by G-Tools
動物化する世界の中で―全共闘以降の日本、ポストモダン以降の批評 (集英社新書)動物化する世界の中で―全共闘以降の日本、ポストモダン以降の批評 (集英社新書)
東 浩紀 笠井 潔

by G-Tools

前のエントリで少々弱音を吐いてしまいましたが…(いつもか)。いやホント今最大の悩みのタネは(心底卑劣な)「小権力者」。「適切に」「環境条件を変更」することで、何とかうまくやっていきたいものです。そうしないと今年確実につぶれてしまうよ、自分。

小権力者は社会が変わると別人のように卑屈な人間に生まれ変わった
 今までこの種のエピソードは、状況次第で人が変わってしまうのが情けない、といった解釈で受け取られ、人間存在の醜怪さについての問いが反芻されてきた。
 しかし筆者は、このような豹変を希望の論理として受け止める。適切に制度・政策的な環境条件を変更すると、小権力者が卑屈な人間に生まれ変わり、いばりちらしていたのがニコニコ愛想いい近所のおじさんになる。結果として、多くの人々が「隣人=狼」の群れから被害を受けずにすむようになるのである。

いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)
内藤 朝雄

by G-Tools

■見ましたよー「一斉放映」。すごかったですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。