わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末に「思想地図vol.4」のトークイベント「10年代思想の行方」を聞きにABCに行ったことを今頃。結局思想地図は今年1号も読めないまま早くも4号発売…ま、時間ができたときの楽しみが増えた、と思っておくことにします。
思想地図vol.4 特集・想像力 (NHKブックス別巻)思想地図vol.4 特集・想像力 (NHKブックス別巻)
東浩紀

by G-Tools
以下簡単ながらメモメモ。

・4号の良いところは…まず「対談が豪華」。
・宮台さん対談の評判↑、宮崎さん座談会の評判も↑、村上春樹論も安定したクオリティ…等々。
・でも実は3号(前号)を出す自信がなかった。
・4号のテーマは(「想像力」ではなく)本当は「文学」だった。
・実は前田-水村「亡びるとき」対談が入る予定だった。
紙の本が亡びるとき?紙の本が亡びるとき?
前田 塁

by G-Tools
日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で
水村 美苗

by G-Tools
・ケンカにはさまれる人が大変という状況を多く見てきたため、宇野さんが平和主義に。
・濱野、宇野、鈴木、荻上は皆宮台信者。
・なぜ00年台は宮台と東が似たように見えてしまったのか?
・95年は「Before」(=世界の終わり)か、「After」(=世界の始まり」か、東さんは「Before」の人で、宮台さんは「After」の人ではなかったか?「世界系」と「バトルロワイヤル系」という対立軸も。
・「動ポモ」の東、isidの東、ルソーの東、オタクの東…このうちのどれかうを褒めて、どれかをけなす…これは果たして批評だろうか?深みのない批評なのではないか?
・一見まったく無関係なパーツが、ある作品の細部に大きく影響するのではないか?
・例えば、押井はどうして実写で実力を発揮しないのか問題等。
・批評家は「コミュニケーション」と「コンテンツ」を切断するのが仕事なのではないか?
・宇野さんは90年代後半の宮台理論と00年代前半の東理論を足してバージョンアップさせたものを目指す、いや目指すというかはハイブリッド化は避けられない。
・宇野さんはとにかくセカイ系がキライ(=つまらない)。
・00年台はロマンティシズム(=セカイ系、つくる会等)が過剰だった。
・東さんは「ロマンティシズム」の復権を狙っている。
・シノドスもチャーリーもちっちゃくパッチをあてているにすぎない。
・物語批判→物語回帰→物語批判→…というサイクルがもはや食傷気味。
・世界が「九十九十九」であふれているのにセカイ系をつくる意味がわからない。
・この「あふれ」がダメな原因だとしたら、セカイ系だけを責めるのは×。
・「今の世の中」を反映させた小説が優れた小説だが、セカイ系はそういう次元ではない(オタクは「社会の反映」から遠ざかるものなのだから)。
・00年は「文学」「思想」に対してワクワクしなかった時代だった。
・「文学」「思想」の役割は「ロマンティシズムの提供」だったのに、そこから遠ざかる形でそこにいたことが00年代がダメだった理由。この制約を解除すべき。
・「愛」「家族」を語る言葉がない。
・「中二病」は「カッコ悪い(イタイ)」or「(だからこそ)回帰(=セカイ系)」。
・結局、思想地図2.0は動員ゲームに参戦しなければならない。でも単純な物語回帰では弱い。ツッコミ道に堕落するしかないのか?
スポンサーサイト

でもなんか すっきりした

私がこだわっていた現実が ちっぽけなものに思えた

そう ちっぽけなんだ そのちっぽけな現実の中で

私は一歩前に出てみよう

不思議な少年 (5) (モーニングKC (1539))不思議な少年 (5) (モーニングKC (1539))
山下 和美
by G-Tools
安心社会から信頼社会へ」の話を、ネットオークション実験を通じて別の視点から、という印象。「安心…」のお話はとっても重要なトピックですし、何度繰り返されても…とも思っていたのですが、今回はちょっぴり飽きが(失礼!)。最後の方で、他人を信頼できるかどうかについて「顔面筋」で判断するテクノロジーについて紹介されていましたが、こういうのってどうなんでしょうね。
ネット評判社会 (NTT出版ライブラリーレゾナント057)ネット評判社会 (NTT出版ライブラリーレゾナント057)
山岸 俊男 吉開 範章

by G-Tools
安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)
山岸 俊男

by G-Tools

しかし彼はなぜか、かえるくんの言うことを-その内容がどれほど非現実的に響いたとしても-信用してもいいような気がした。かえるくんの顔つきやしゃべり方には、人の心に率直に届く正直なものがあった。信用金庫のいちばんタフな部署で働いてきた片桐には、そういうものを感じとる能力が、いわば第二の天性として備わっていた。

神の子どもたちはみな踊る神の子どもたちはみな踊る
村上 春樹

by G-Tools
今年のM-1今頃見たのですがどう考えても

笑い飯

でしょう。笑い過ぎで痛い横腹抱えながら頭抱えました。
今年最後のPULSNUGライブ告知ー♪

meets MARIKOV vol.2 "Night cafe before Christmas"
2009.12.23(wed)
open/17:00 start/18:00 ※PULSNUGの出演順は1バンド目18:00~です。
charge/1500yen(w/1D)
Jack.Cafe.BASSMENT
MARIKOV/Pulsnug/ハルチルドリ/"GUEST LIVE"momo椿

今回は3人編成&いつもとちょっと違ったアレンジで♪構成間違えないよう頑張ります。
-----
終了しましたー!本番直前にストラップが伸びる&切れるというちょっとしたハプニングもありましたが(YSKWさん疑ってすみません…)、何とかやりきりました。「ストラップなし」の演奏は初めてかもです。何はともあれ今年一年もいっぱいライブさせてもらってとってもハッピーでありました。
この中にミラーマンがおります(嘘)。

来年もよろしくです!
ちょっと訳あって西垣通さんの本をまとめて。今は「マルチメディア」を読んでいるところです。「情報倫理」について調べる必要があったのがきっかけだったのですが、気がつけばすっかり「西垣情報学」のトリコに。
情報倫理の思想 (叢書コムニス)情報倫理の思想 (叢書コムニス)
西垣通

by G-Tools
ウェブ社会をどう生きるか (岩波新書)ウェブ社会をどう生きるか (岩波新書)
西垣通

by G-Tools
IT革命―ネット社会のゆくえ (岩波新書)IT革命―ネット社会のゆくえ (岩波新書)
西垣通

by G-Tools
トリコになった理由と思われな箇所↓

筆者はかねてから、それぞれの分野で精緻な研究が進められているにもかかわらず、分野間をへだてる壁が厚すぎることに不満を感じてきました。乱暴なようでも、各分野の知を思い切って横断的にながめることで、新鮮な展望が開けることもあるのです。いや、あえて言えば、そういう知的乱暴さをもたないかぎり、“情報化時代の心”という巨大な難問を解くことは絶対に不可能なのです。

こころの情報学 (ちくま新書)こころの情報学 (ちくま新書)
西垣通

by G-Tools
先週の講演の補足のようなエントリが。「贈与者(=パッサー)」にはあこがれますが、残念ながら僕には「市民的成熟」も「高い共生能力」もありません…。
今年最後の死のロード - 内田樹の研究室

ほとんどのみなさんは、「交換はむずかしいが、贈与は簡単だ」と考えている。
人にもの上げることなんか誰にもできるが、商品と代価を適正なしかたで交換することはむずかしいと思っている。
まるで逆である。
人にものを贈与することの方がずっと難しい。
現に、4歳児でもコンビニで数千円の買い物を自己責任で実行することは可能だが、同じ子どもが数千円の贈与を自己責任で実行し、贈与されたものと互恵的な人間関係を立ち上げることはほとんど不可能である。
それは「パスすること」だからである。
パスを出すためには、「スペースのあるところに駆け込む」用意のあるプレイヤーを識別して、そこに過たず「贈り物」を送り込まなければならない。
「パス」を出せる人間は限られている。
あなたがもし、ここに1億円もっていたとする。
ところが、あなたはすでに「金で買えるもの」はほとんど持っている。
では、この1億円を何に遣うか?
この問いを読んで、「え・・・と」と考えた人間には残念ながらもう贈与者の資格はない。
それはバックからパスを受けてから、「え・・・と」と考えて、座り込んでいるフォワードと同じようにナンセンスな存在である。
贈与者はいつも「送り先」について考えているからである。
というか、いつも「送り先」について考えているもののことを贈与者と呼ぶのである。
手元に金があろうとなかろうと、誰に何を贈与すべきかをつねに考えている人間だけが「贈与者」の資格をもつ。
それはすぐれたボールゲームのプレイヤーが手元にボールがあろうとなかろうと、受けたボールのパスコースの無数の可能性についてつねに想像しているのと同じことである。
すぐれた「パッサー」であるためには、パスを受け、さらに次のプレイヤーに贈る用意のあるすぐれた「パッサー」たちとの緊密なネットワークのうちに「すでに」あることが必要である。
贈与経済は市民的成熟と高い共生能力をプレイヤーに要求する。

講演中の内田センセの言葉を借りますと、僕は「自分が何者であるか」を「商品を買うという行為」でひたすら追っかける陳腐な消費者なのです。でもいつかそこから抜け出せればいいなぁと思ったりなんかしてたりします。

「本当の自分」を見つけたいって言うけど
「生まれた意味」を知りたいって言うけど
僕の両手がそれを渡す時
ふと謎が解けるといいな 受け取ってくれるかな

GIFTGIFT
Mr.Children

by G-Tools
朝からちょっぴり染みました。Twitter…何か個人的にハードル高いっす。知人でやってる人いるのかなぁ。

…かつてペプシの広告塔を務めたことのあるマイケル・ジャクソンが亡くなったときには、いち早く「ありがとうマイケル」というメッセージをツイッター上に流した。…
 なお、ペプシを巡るユニークなエピソードとしては、ライバル同士であるペプシとコカ・コーラがツイッター上で「友達」になったというものがある。マーケティング会社アムネシア・レイザーフィッシュの創業者として著名なイアン・マクドナルドがツイッター上でペプシとコカ・コーラのアカウントに「古くからの戦争を終わりにしよう。ツイッター上で友達としてお互いをフォローしないか」と呼びつけ、両者のアカウントがこれに呼応して実際にフォローしあったのだ。

Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)
津田 大介

by G-Tools
あとそれから議員の(審議中の)「つぶやき」はぜひ見てみたいっす。

 個人的な考えで言えば、政治家にはツイッターを通じて国会の「空気」を国民に伝えてもらいたいとは思うが、それは本会議や委員会での議論を「実況」することではないと思っている。
 -中略-
 本会議や委員会での議論は集中してもらって、その議論の中から出てくる政策的アジェンダをツイッターでオープンにしてもらうというのが筋ではないかと筆者は考えている。その上で党議拘束という枠に縛られない議員「個人」としてのつぶやきが読めれば最高だ。

<関連>
Twitterはじめました - 文化系トークラジオ Life

…「バルス祭り」すごいっす!
天空の城ラピュタ [DVD]天空の城ラピュタ [DVD]
宮崎駿

by G-Tools
第142回新宿セミナー@Kinokuniya『日本辺境論』(新潮新書)刊行記念 内田樹講演会 - 日本人は辺境人である -」に。内田センセの講演会はちょっと久々かも(釈先生との池袋のジュンク堂でのトークセッション以来だと思います)。冒頭のエピソードでまず「掴み」、そして「友愛」から「贈与経済」への流れへあれよあれよと90分。
日本辺境論 (新潮新書)日本辺境論 (新潮新書)
内田樹

by G-Tools

・舞台の大道具を担当していた内田センセ。ある舞台の主演の方が若松孝二監督の映画に抜擢され、内田センセが急遽代役をすることに(紀伊国屋ホールのエピソードとして冒頭に)。
・さらにはNHKから(ガタイが大きいからという理由で)「暴走族の総長役」で出演依頼が来たのに、当時学者を目指していてイメージを守りたかった内田センセが断ると、その役を小林薫が引き継ぐことに(会場驚)。
■PULSNUGのリハを下北にて。ちょっと変わった編成なのと、ベース弾くのが久々で何かへろへろしてました。ライブは12/23(水・祝)です。頑張りまっす!

■「仲正昌樹とともに読む<思想書古典>徹底読解講義 ヴァルター・ベンヤミン 『“危機の時代”の思想家を読む』」の第4回。今回は「歴史の概念について」というなかなかにビッグなトピック。今回はもう「『現象』としては『敗北』を記述し続けることで、『メシア的』には『勝利』とする」というひと言に尽きるような気がします。
ボードレール 他五篇 (岩波文庫―ベンヤミンの仕事)歴史の概念について - ボードレール 他五篇 (岩波文庫―ベンヤミンの仕事)
ヴァルター・ベンヤミン

by G-Tools
年末だからかどうか謎ですが、今回は参加者が少なかったような気がしました。が、とっても濃密な時間を過ごせました。いつもながらにメモメモ。そしていつもながらに理解間違いの可能性ありです。

・「歴史の概念について」で扱われている「歴史的唯物論」は、通常の「歴史的唯物論」とは異なる。
・「歴史の概念について」が書かれた1940年は、ロシア革命、ナチス台頭を経た時期であることをまず認識。
・冒頭の「ロボット」はいわゆる(人工知能を搭載したタイプの)ロボットではなく、「Automat(独)」=「自動機械」「自動的に反応する人形」のイメージ。
・「歴史的唯物論」の背後に「背中を丸めて」「かがみこんで」隠れている「せむしのこびと」とは?
ちょうど乗ってました。鈍い衝撃がまだ体に残ってます。とても震えていた車内アナウンスの女性の声もまだ耳に。

東急田園都市線で人身事故 敷石がホームにいた乗客に(社会)- スポニチ Sponichi Annex ニュース

しばらく閉じ込められた車内で本当にいろんなことを考えました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。