わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PULSNUGライブ…事後報告とあいなりました。新装STAGE-PF、とっても楽しく演奏できましたー!

Bit Parade LIVE
日程:1/30(土)
開場:18:30/開演:19:00 ※PULSNUGの出演順は3バンド目20:20~です。
場所:三軒茶屋 STAGE-PFMAP
出演:jumbo rollings/marikov/PULSNUG/Foreignland

ひょ、ひょっとしてパル「スナック」になっている???

■会場入りまで今回はこちらにて気合いを↓うーんベストなのにあれもこれも入ってない…ってそれだけ名曲が多いってことですかね。「Last Polka」がとっても好きなのですが。
ベン・フォールズ・ファイル コンプリート・ベスト・オブ・ベン・フォールズ・ファイヴ&ベン・フォールズ(初回生産限定盤)(DVD付)ベン・フォールズ・ファイル コンプリート・ベスト・オブ・ベン・フォールズ・ファイヴ&ベン・フォールズ
ベン・フォールズ

by G-Tools
スポンサーサイト
重宝です!疲れたときには癒され、仕事中に聴いても能率アップ(する気がする)!
Notes on a DreamNotes on a Dream
Jordan Rudess

by G-Tools
年末年始の2大ビックリ。

カヨ、POLYSICS「卒業」のお知らせ
茂木健一郎さんから斎藤環さんへの手紙 - 書籍出版 双風舎

好きなバンドの「キーボーディストの脱退」にはやっぱしトラウマが…。そして茂木さんの「長考」の末、まさかの往復書簡再開。何としても最後まで行って(3往復して)ほしいです。
仲正昌樹とともに読む<思想書古典>徹底読解講義 ヴァルター・ベンヤミン 『“危機の時代”の思想家を読む』」の第5回。全6回の講義ですので、残すところあと1回です。寂しい限りです。今回は「複製技術の時代における芸術作品」の前半。「アウラ」です、「アウラ」。
ボードレール 他五篇 (岩波文庫―ベンヤミンの仕事)複製技術の時代における芸術作品 - ボードレール 他五篇 (岩波文庫―ベンヤミンの仕事)
ヴァルター・ベンヤミン

by G-Tools
おそらくこの講義は書籍化されるっぽいですが、まさにこの講義そのものが「現前性」「一回性」に満ちたものでありました。

・①初稿、②第二稿(本編)、③仏訳(by クロソウスキー)、④最終稿(←見つかるまでこれが「第二稿」だと思われていた)の計4つの版が「複製技術の時代における芸術作品」に存在する。

一九三五年に初稿が成立し、翌三六年、ここに訳出した第二稿が書かれた。フランクフルトからニューヨークへ亡命した社会研究所が、パリで刊行していた紀要『社会研究誌」のために執筆されている。同誌に三六年に掲載されたのは、この第二稿をもととして、かなり改訂・削除されたフランス語訳であり、訳者はピエール・クロソウスキーだった。改訂・削除は、ほとんど研究所側の意向によっている。

・文中「社会研究所」は1923年に創立されたもの。フランクフルト学派の人たち(ホルクハイマー、マルクーゼ、アドルノ…)が所属。マルクス主義に精神分析の理論を応用。いわゆる「暴力主義革命」としてのマルクス主義を志向しない。
とんでもないアルバムをおつくりになられて…。
esq 2009 New Album The City
今3周目くらいです。
■おめでとうございまーす!おみくじはめでたく大吉でありました!
親指汚くてごめんなさい。
「転居 いそぐがよし」がちょっぴりタイムリーな内容でした。また改めて関係者に連絡しまーす!

■紅白のサブちゃんあたりで読み終えました。2009年最後の1冊ですね。アマゾンのレビューはなかなかに酷評ですが、僕は大いに楽しめました。
偶有性幸福論。 (エンジン01選書)偶有性幸福論。 (エンジン01選書)
江原 啓之 茂木 健一郎

by G-Tools
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。