わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とうとう発売が来月に!これは楽しみ!特に「往復書簡 延長戦」と題された双方のタイトル「『クオリア』にも『偶有性』にも同意できない」(斎藤環)、「白旗はあげられない」(茂木健一郎)のやりとりがめちゃくちゃ楽しみです。何回も言いますがホント完結してよかった!
脳と心 クオリアをめぐる脳科学者と精神科医の対話脳と心 クオリアをめぐる脳科学者と精神科医の対話
茂木 健一郎 斎藤 環

by G-Tools

それはそうとこれは茂木さんのアイデアなのでしょうか…双風舎さんのアイデアなのでしょうか…「脳と仮想」(文庫版)と表紙デザインがそっくりな気がしました↓う~ん。もちろん、内容がすべてですので、瑣末な話ではあるのですが…。
脳と仮想 (新潮文庫)脳と仮想
茂木 健一郎

by G-Tools
そしてプロフェッショナルの司会降板はとても残念です…。
スポンサーサイト
第一印象は、石川先生が内田先生のようにほっこりおじさんになりたいんだけれど、なりきれない、でした。マルクスの知を身体的なレベルにまで消化しているのはどっちだバトル(この本はそんな主旨ではないですが)の軍配は、どう考えても内田先生では、と思いました。とは言え続編もあるみたいなので、それも楽しみにしています。最後に、「若者よ、マルクスを読もう」というタイトルは、「若者よ、(やれ草食系だ、正社員志向だ、みたいにシュリンクしてないで)マルクスみたいに『大風呂敷』を広げてみよう」というメッセージのように読めました。
若者よ、マルクスを読もう (20歳代の模索と情熱)若者よ、マルクスを読もう (20歳代の模索と情熱)
内田 樹 石川 康宏

by G-Tools
マルクス・エンゲルス 共産党宣言 (岩波文庫)共産党宣言 (岩波文庫)
Karl Marx

by G-Tools
ドイツ・イデオロギー 新編輯版  岩波文庫ドイツ・イデオロギー (岩波文庫)
Karl Marx

by G-Tools
Lifeの予告編で言ってたけど、昔は資本論を読もう合宿なんてあったのかぁー。すごいなぁ。
X JAPAN、TAIJI18年半ぶり共演」!!!朝から目玉飛び出たよ!!!記事見た瞬間に「Xclamation」のベースラインが響きまくったよ!!!


BLUE BLOODBLUE BLOOD
X

by G-Tools
今回の共演劇にプッシュされて飛び交ってる話の中では「破滅3days完全版リリース」が一番アツイ。何とぞ!!!
社会とはヒトとヒトとの相互行為、よって独りよがりな学力より、ヒトとつながる社会力を!という主張がいろんな方面からこれでもかこれでもかと。脳科学とか社会的ジレンマとか、よく読んだ本と絡めてくれていたので理解しやすかったです。
社会力を育てる――新しい「学び」の構想 (岩波新書)社会力を育てる――新しい「学び」の構想 (岩波新書)
門脇 厚司

by G-Tools
脳と創造性 「この私」というクオリアへ脳と創造性 「この私」というクオリアへ
茂木 健一郎

by G-Tools
社会的ジレンマのしくみ―「自分1人ぐらいの心理」の招くもの (セレクション社会心理学)社会的ジレンマのしくみ―「自分1人ぐらいの心理」の招くもの (セレクション社会心理学)
山岸 俊男

by G-Tools

そして楽しみにしていたこちらの対談本!「社会力」の話と関連付けてつい読んでしまっています。でもそれで良かったかも。
父として考える (生活人新書)父として考える (生活人新書)
東浩紀 宮台真司

by G-Tools
ガチで思想を語る本もいつかぜひ!

 ラングトンによれば、言論の自由はそれを認めることの結果によって正当化されるはずである。彼女が考えるには、「言論の自由がよいものであるのは、それによって人々が言葉によってさまざまなこと―抗議、問い掛け、答え―を行うことができるからである」。しかし、女性従属的ポルノは、女性が言語によって行なうこうした様々な活動をうばってしまうのである。典型的には、女性従属的ポルノには女性の「ノー」という発言を無効にしてしまう働きがある。女性の「ノー」という発言が「彼女は性交渉を拒絶した」という発語内行為として記述できるためには、男性がそれを理解することが必要である。もしその男性が、その女性は実はふざけていたり、むしろ自分に媚びたり、誘ったりしているのだと誤解してしまうなら、彼女の「ノー」は拒絶を意味しないことになってしまう。そして「女のノーは実はイエスだ」という神話をばらまく女性従属的ポルノは、そうした誤解を維持させ続けることになるのである。つまり女性従属的ポルノには、性的関係を拒否するという女性の発語内行為をさまたげる働きがある。

コミュニケーション――自由な情報空間とは何か (自由への問い 第4巻)憎悪表現と自由 ― ポルノグラフィをめぐって:コミュニケーション――自由な情報空間とは何か (自由への問い 第4巻)
江口 聡 北田 暁大

by G-Tools

そうなると「Rock’n Rouge」は「女性従属的」な歌と見なされてしまうのでしょうか。そもそもこの歌詞は果たして「男性の願望」なのか「女性の本音」なのか…。ま、ケースバイケースですかそうですか。

PURE PURE LIPS 気持ちはYES
KISSはいやと言っても反対の意味よ

Rock’n Rouge(CCCD)Rock’n Rouge
松田聖子

by G-Tools
ブログにも貼り付けておこう。


空耳ものってどうしておもしろいんでしょね。タモリさんに聞いてみたらわかるかなぁ。
いやー完結してよかった!ほんとによかった!絶対買います!タイトルは「脳と心」なんですね。WEB版の「脳は心を記述できるのか」も好きだったのですが。いずれにしても買います!

=往復書簡= 茂木さんの第6信を公開しました!:双風亭日乗

Ustも貼り付けられるのですね(さすがにこれはアーカイブのみですよね)。

英語版「脳とクオリア」も楽しみです。
脳とクオリア―なぜ脳に心が生まれるのか脳とクオリア―なぜ脳に心が生まれるのか
茂木 健一郎

by G-Tools
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。