わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■立木先生のフロイト・ラカン論を読みたくてまとめて…のつもりでしたが「精神分析と現実界―フロイト/ラカンの根本問題」はまだ読めていません…いちばん難解そうですので、じっくり時間かけて読みます!ラカン本は斉藤環さんのやつとかも含めていろいろ読んでいきたいかと!それにしてもラカンは難しい!
知の教科書 フロイト=ラカン (講談社選書メチエ)知の教科書 フロイト=ラカン (講談社選書メチエ)
新宮 一成 立木 康介

by G-Tools
面白いほどよくわかるフロイトの精神分析―思想界の巨人が遺した20世紀最大の「難解な理論」がスラスラ頭に入る (学校で教えない教科書)面白いほどよくわかるフロイトの精神分析―思想界の巨人が遺した20世紀最大の「難解な理論」がスラスラ頭に入る (学校で教えない教科書)
立木 康介

by G-Tools
精神分析と現実界―フロイト/ラカンの根本問題精神分析と現実界―フロイト/ラカンの根本問題
立木 康介

by G-Tools

THE SONGWRITERSシーズン2をすべてまとめて観終えました(リアルタイムでみたのは桜井さんのだけだったんです)!どの回も濃かった!くるり岸田さんの回と、RHYMESTERの回が特に良かったと思います。歌詞を書くのに、ユーモアのセンスってとっても重要だと思うのですが、この2回分はそれに満ち溢れていたように思います(他ももちろん良かったですが、少々真面目すぎた印象が)。
言葉にならない、笑顔をみせてくれよ(初回限定盤)(DVD付)言葉にならない、笑顔をみせてくれよ
くるり

by G-Tools
マニフェスト(初回限定盤)(DVD付)マニフェスト
RHYMESTER

by G-Tools

松本人志のコントMHKとプロフェッショナル仕事の流儀松本人志スペシャルを続けて。コントの方は、第一印象では今のところ最初の「D.A.P」と、ラストの「逆に」が好きですが、何度か観てるうちに変わってくるかも。一方、プロフェッショナルの作りや編集は、正直いまいちだと思いました。松ちゃんへの愛があまり感じられませんでした。ナレーションの言葉のひとつひとつも表面的過ぎるように思いました。裏側にカメラが入ったことで貴重な絵を見ることはできたのですが、ちょっと残念。あ、そうだ、「しんぼる」もそろそろ観なきゃ。
しんぼる [DVD]しんぼる
松本人志

by G-Tools
それから多分「Hey!×3」ではなかったかと思うのですが、「『逆に』の使い方間違ごうてんで!」と松ちゃんにキレられたタレントさんがどうしても思い出せず…誰だったかなぁ。

■市販されている中で、唯一観ていなかった公演だったのですがようやく。素晴らしかった!短いながらも最初の「無用途人間」がいちばん良かったです。あの繰り返し↓であと小1時間くらい観たかったw また続いて「FLAT」から順に観ていこう!

あー、しなきゃいけないことがなくなってしまった。

ラーメンズ第5回公演『home』 [DVD]ラーメンズ第5回公演『home』

by G-Tools

■iPhoneの操作、少しずつ慣れてきた!
スポンサーサイト
地球深部探査船「ちきゅう」がやってきた!もう一言に尽きます。「デカ!」
ちきゅう!

あたりはカメラ片手にいろんな人が集まってみました。ちきゅうそのものを撮りに?それとも「工場萌え」的な人々?
工場萌え工場萌え
大山 顕 石井 哲

by G-Tools
chikyu7.jpg ちきゅう!ちきゅう!
ちきゅう!ちきゅう!ちきゅう! ちきゅう!ちきゅう!ちきゅう!ちきゅう!"
ちきゅう!ちきゅう!ちきゅう!ちきゅう!ちきゅう! ちきゅう!ちきゅう!ちきゅう!ちきゅう!ちきゅう!ちきゅう!
■2010年もあとわずか…早い早すぎる…。

■最近読んだ本。「日本的想像力の未来」では、久々に昔の宮台さんを見れた気がしました(東さんが引き出した、と言うべきか)。また、「人間の条件 そんなものない」では自分の人間観の狭さにめちゃくちゃ凹みました。
トクヴィル 現代へのまなざし (岩波新書)トクヴィル 現代へのまなざし (岩波新書)
富永 茂樹

by G-Tools
日本的想像力の未来~クール・ジャパノロジーの可能性 (NHKブックス)日本的想像力の未来~クール・ジャパノロジーの可能性 (NHKブックス)
東 浩紀

by G-Tools
人間の条件 そんなものない (よりみちパン!セ)人間の条件 そんなものない (よりみちパン!セ)
立岩 真也

by G-Tools
富永先生の「トクヴィル 現代へのまなざし」、宇野重規さんの「〈私〉時代のデモクラシー」と合わせて、今年はトクヴィル本に大きく感動することが多かったように思います。両先生の本、もっと読んでいこうと思いました。

■そして最近買った本。趣味半分、仕事半分、な感じです。積ん読にならないようバリバリ消化します!
フェティシズム論の系譜と展望 (フェティシズム研究)フェティシズム論の系譜と展望 (フェティシズム研究)
田中 雅一

by G-Tools
知の教科書 フロイト=ラカン (講談社選書メチエ)知の教科書 フロイト=ラカン (講談社選書メチエ)
新宮 一成 立木 康介

by G-Tools
ジェンダーで学ぶ文化人類学ジェンダーで学ぶ文化人類学
田中 雅一 中谷 文美

by G-Tools

■ブログがもはやツイロク化している…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。