わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IPPONグランプリ秋の陣(今頃ですが、もう冬ですが)観ました。祝!バカリズム2冠!前にも書きましたが、今回も彼の圧倒っぷりは素人目にもわかりました。すごい、すごすぎる。決勝戦で有吉さんも言ってましたが「強すぎません?」でした。大喜利の発想力って、それを鍛えあうライバルと言いますか、コミュニティみたいなものにも大きく影響されそうなのですが、バカリズムの場合、何たってお相手がお相手ですから…バカリズムの独走は今後も続くと思われます。番組のエンディングでバカリズムの「余裕の笑み」について、他の芸人さんがやいのやいの言っていましたが、「天頂バス」の↓歌詞のようにならないようにしないと、本当に差がつくだけだよ、とえらそうにも思ってみたりしたのでした。
大喜利猿----小林賢太郎×升野英知大喜利猿----小林賢太郎×升野英知
小林 賢太郎 升野 英知

by G-Tools

ここの連中と慰めあっちまえば
向こう側の奴が笑ってたって気づきもせず Game Over

シフクノオト天頂バス:シフクノオト
Mr.Children

by G-Tools
その後さまぁ~ず×2をまとめて。三村さん、IPPONグランプリ出たらいいのに。

■ひさびさに読んだ茂木先生の本。最後の章のアツさ加減がすごかった!ビバコンティンジェンシー!でも僕が一番気になったのは「バブル」に関する↓の記述。そうです、破綻を畏れてはならないのです!

 一身限りの私秘的なバブルが多くの場合生命に良き作用を持つことは論を俟たない。何も、晩年まで恋と創作における衝動の間を行き来した、かのゲーテのようにせよ、というのではない。どんなに小さなことでも良い。いつかはそれが衰え、破綻することを畏れずに、泡沫的感情の中にこそ身を浸すべきなのだ。今回は一体どのようなバブルに遭遇できるか。そのことを楽しみに、その甘美な予感に戦きつつ生きよ!

生命と偶有性生命と偶有性
茂木 健一郎

by G-Tools

■Perfumeの東京ドームライブ、WOWWOWにて拝聴しました。もちろん素晴らしいライブでしたが、代々木のライブを観たときと似た印象で、最初から最後まで、一度も我を忘れることがなかった(←これ、大事な基準なんです)。設備や演出とかは、やはり大舞台仕様でしたが、楽曲構成としては、彼女らの曲の5、6割くらいしか出ていないような気がしました(とは言うものの「GAME」と「VOICE」、とっても良かったですが…)。
VOICE(初回限定盤)(DVD付)VOICE
Perfume

by G-Tools
スーパージェットシューズ」解禁しないかな、なんて思ってたりしましたがなかったですね。残念。あとは、ラストの「ポリリズム」とおんなじくらい、メジャーデビュー1stシングル「リニアモーターガール」にも大きな意味合いがあるように思うのですがどうなんでしょう。あぁ。
リニアモーターガールリニアモーターガール
Perfume

by G-Tools
スポンサーサイト
■健康と不健康、うん、どちらかに偏ることなく生きていきたい。常識と非常識、とかでも同じ。

 真に不健康なものを扱うためには、人はできるだけ健康でなくてはならない。それが僕のテーゼである。つまり不健全な魂もまた、健全な肉体を必要としているわけだ。逆説的に聞こえるかもしれない。しかしそれは、職業的小説家になってからこのかた、僕が身をもってひしひしと感じ続けてきたことだ。健康なるものと不健康なるものは決して対極に位置しているわけではない。対立しているわけではない。それらはお互いを補完し、ある場合にはお互いを自然に含みあうことができるものなのだ。往々にして健康を指向する人々は健康のことだけを考え、不健康を指向する人々は不健康のことだけを考える。しかしそのような偏りは、人生を真に実りあるものにはしない。

走ることについて語るときに僕の語ること走ることについて語るときに僕の語ること
村上 春樹

by G-Tools
松ちゃんが昔、本当にボケをやるには、人一倍常識人やないと、みたいな話をしていて、それと通じるような気がしました。

英語リハビリ計画第2弾。毎日ひと駅分とは言えしんどかったですし、僕の英語力の向上にどうつながっているのかわかりませんが、何とか読み終えました。改めて思いましたが、すごいラインナップ、この短編集(名作揃い過ぎるでしょう)。その中で今回改めてその良さを痛感したのが「LEDERHOSEN」。ラストの↓のやりとりが大好きなんです。 

"Still, if you leave the lederhosen out of it, supposing it was just the story of a woman taking a trip and finding herself, would you have been able to forgive her?"
"Of course not," she says without hesitation. "The whole point is the lederhosen, right?"

The Elephant Vanishes (Panther)The Elephant Vanishes (Panther)
Haruki Murakami Alfred Birnbaum

by G-Tools

あ、↑にも収録されていた「眠り」の全面改稿版が出るみたいでこちらも楽しみ!
ねむりねむり
村上春樹 カット・メンシック

by G-Tools

■とあるセッションに向けてひさびさにベース弾いてます!右手も左手もなかなか言うこときいてくれないけど、時間が許す限り自分をいじめる!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。