わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5/14(土)、人文研アカデミーセミナー・シリーズ「政治を考える」の第一回目「アルチュセール-市田良彦著『アルチュセール ある連結の哲学』をめぐって」を拝聴してきました。第一回目アルチュセール、第二回目トクヴィル、第三回目ルソーと続く、とても楽しみにしているシリーズです。今回は第一回目アルチュセール。会場はほぼ満席でした。以下は、司会の王寺先生が「この本の核では?」として指摘されていた箇所。

 例外的なものとして生起する「状況」を対象に、彼は毛沢東に範をとってマルクス主義理論を作り変えようとした。どれほど「全体構造」を強調し、構造による決定を説いても、彼は実のところ構造そのものがどのようであるか、諸要素の連関がどのようになっているかを構造言語学や構造人類学にように描写したことがなく、彼の〈理論〉はもっぱら、構造の作用や効果としての「変異」にしか関心を向けていなかった。つまり構造の「なか」にではなく、その「そと」との関係に、それも構造の形式性や一般性との対比では異例のものとして出現する「そと」との関係にしか。

アルチュセール ある連結の哲学アルチュセール ある連結の哲学
市田 良彦

by G-Tools
王寺先生のアルチュセールに関する論文「必然性/偶然性--ルイ・アルチュセールにおけるルソーと啓蒙 (ジャン=ジャック・ルソー問題の現在--作品の臨界をめぐって)」を事前に読ませていたいていたのですが、そこで「この『偶然性の必然性』こそが、必然化された秩序を偶然的なものとして認識させるとともに、いかなる既成の秩序においてもつねにその根源的な偶然性がとどまること、したがってその秩序への可変性が潜在し続けることを示すのだ」と指摘されていた点と、重なる気がしました。「根源的な偶然性」、「秩序への可変性」、この2つで頭がぐわんぐわんした2時間でした。

その他参考になった論文↓
1998「討議 アルチュセ-ルのアクチュアリティ (特集 アルチュセ-ル)」(今村 仁司 , 市田 良彦、現代思想 26(15), 68-92)

とても難しかったですが、今回もいろいろとヒントになりそうな箇所をメモしました↓
[『根源的な偶然性』『秩序への可変性』]の続きを読む
スポンサーサイト
■5月病を口実に何だかダラけ気味の毎日です…はぁ。しゃきっとせんなぁ。いかんなぁ。こうなったらいっそ「堕ちき」ってみようかしら。
堕落論 (新潮文庫)堕落論 (新潮文庫)
坂口 安吾

by G-Tools

■先日、女もすなる女子会といふもの(当たり前か)に参加してきました。ガ~ルズト~ク!(&男子へのダメ出し(苦笑)!)まぁとにかく流れるままにいろんな話をしましたが、いろんな部署掛から集まった会でしたので、普段は聞けない・見えない人間模様が見えてかなーりおもしろかったです(単純に、「あの人、何者なの?」っていう話もできて良かった。ナゾな人がとにかく多くて。)。仕事以外ではやっぱし好きなタイプ話にも進んだのですが(こういう話たまらん)、「向井理はカッコ良すぎてダメ」VS「ちょっと待って、芸能界に『カッコ良すぎ』を求めて何が悪い?」っていう熾烈なやりとりがw う~ん、こういうどっちが正解でもない、害のない話のレパートリーが多くていいですね、女子会。この流れと関連してか、男子は「正解を求めて、害がある話をする」傾向があるのでダメという指摘をいただき(アイタタ…)、しかも正解を求めてそうで、実は重箱周辺情報をつつき合ってるだけっていうさらにアイタタな指摘も。もう、男子を代表して謝らせていただきますm(_ _)m いちばんおもしろかった話は「二十台の終え方」でしたが、これはナマナマしすぎるのでカツアイ。あ、あと余談ですが、最年少のコが米類や肉類を注文するたびに、「若いね♪」を連発する同僚。個人的にツボだったよw お店は「キンカーオ」っていうタイ料理・ラオス料理レストラン。辛ウマでごじゃりました~。また誘ってねん~。
月刊MEN 向井理【DVD付き写真集】月刊MEN 向井理【DVD付き写真集】

by G-Tools

■「グリーンヒル」。ブックオフで。ダメ人間が多く登場する古谷作品、やっぱたまらん。

ヒマで腐りかけてる奴に限って「人生」とか「生きる目的」とか大そうな事を考えちゃうだろう?
別に誰も何もしてないのに………誰もお前なんか見ちゃいないのに……一人で勝手にいじけてるだろう?

ぼ……僕はぁ………社会から必要とされているのだろう………かぁ~~~~~??

んなモンしるかぁ――――――!!
お前なんかいらんのぢゃ――――――!!

グリーンヒル(3) (ヤングマガジンコミックス)グリーンヒル(ヤングマガジンコミックス)
古谷 実

by G-Tools
■GW終わりです。何度迎えてもやだなぁこの感じ。しかも梅雨とか。

■今年に入ってからの「祝女」をまとめて。無限男子解散!?でちょっと「祝女」そのものの終わりをほのめかされましたがまさかのドンデン返し。次シーズン、ぜひともお待ちしています。「お皿がない」、強烈でした。
Special Debut Single ~Infinity Love / 恋愛年齢∞無限大~(仮)Special Debut Single ~Infinity Love / 恋愛年齢∞無限大~(仮)
無限男子

by G-Tools

京都国立近代美術館で催されているパウル・クレー展に行ってきました。目当ては「葛藤する形態―第一次世界大戦と美術 (レクチャー第一次世界大戦を考える)」の著者河本先生の講演があるということで、同書の理解を深めるためにも、と思ったのですが、まさかの整理券瞬殺。キャンセル待ちも狙ってみましたが全然ダメでした。なのでその分鑑賞に専念。
葛藤する形態―第一次世界大戦と美術 (レクチャー第一次世界大戦を考える)葛藤する形態―第一次世界大戦と美術 (レクチャー第一次世界大戦を考える)
河本 真理

by G-Tools
クレーの「油彩転写」「切断-再構成」「切断-分離」「オモテウラに描く」といった技法の数々と、第一次大戦における「戦争画家」としての様々な心境について、私なりにむむむとうなり続けた2時間少々の鑑賞でした。基本抽象画っぽい絵がほとんどですが、たまに「こういのも描けるけど何か?」みたいなのも現れてドキっとするひとときも。

■映画「YOYOCHU」を観てきました。「癒しとイヤラシ エロスの文化人類学(双書Zero)」で1章丸々投じて論じられていたAV監督の巨匠にまつわるドキュメンタリー映画。射精抜きで男性がイク、密教昇天シーンが特に印象的。「癒しとイヤラシ」の元論文のひとつでもありました「射精する性」の以下の箇所を思い出しつつ。

 これは極端な例かもしれないが、脱性器的なオーガズムを主張する人々も現れている。そこで語られる男性のセクシュアリティはもはやポルノや医学の言説と同一ではない。他者=女性を辱め、支配し、あるいは自制するところから生まれる男性の快楽とは別の回路-脱ファロスの回路-にこそ注目しなければならない。こうした動きにこそ新たなセクシュアリティ感に根ざした男性論の可能性が隠されているはずだからである。

癒しとイヤラシ エロスの文化人類学(双書Zero)癒しとイヤラシ エロスの文化人類学(双書Zero)
田中 雅一

by G-Tools
代々木忠 虚実皮膜  AVドキュメンタリーの映像世界代々木忠 虚実皮膜  AVドキュメンタリーの映像世界
東良 美季

by G-Tools

■本当にライトな書籍ばかりになっちゃいましたね。2004年に「小柴昌俊博士の楽しむ最先端科学」で初めて茂木先生を見て衝撃を受けて、その足で「脳と仮想」「脳とクオリア―なぜ脳に心が生まれるのか」を買いに行った頃が懐かしいです。へヴィな茂木さん、帰ってこないかな。
茂木先生が石田純一の「幸福脳」を解剖したら茂木先生が石田純一の「幸福脳」を解剖したら
石田 純一 茂木 健一郎

by G-Tools
自分の頭で考えるということ自分の頭で考えるということ
羽生 善治 茂木 健一郎

by G-Tools
人生が驚くほど変わる 龍馬脳のススメ人生が驚くほど変わる 龍馬脳のススメ
茂木 健一郎

by G-Tools

■2009年~2010年とまたがって行われた連続講義が書籍化。ほぼ完全再現なのが嬉しいです!第一回で「パサージュ」の意味を答えていた女性の声まで思い出せるほどに鮮明に覚えています。
ヴァルター・ベンヤミン――「危機」の時代の思想家を読むヴァルター・ベンヤミン――「危機」の時代の思想家を読む
仲正 昌樹

by G-Tools
<関連>
翻訳者の課題
翻訳者の課題(後半)
暴力批判論
歴史の概念について
「複製技術の時代における芸術作品」(前半)
「複製技術の時代における芸術作品」(後半)
4/29(金)、「トクヴィル 現代へのまなざし (岩波新書)」の合評会に行ってまいりました。評者は松本礼二先生(早稲田大学)と佐藤淳二先生(北海道大学)。それぞれの評者の先生が、それぞれのやり方で、トクヴィルを読む上での視点と補完情報を提供してくれました。が、何よりも感銘を受けたのが富永先生のリプライ。他の先生方がメタ視点であれこれと評している中で、きっちりと、それこそ実存をかけて、お話くださる先生の語り口そのものに惹かれていました。
トクヴィル 現代へのまなざし (岩波新書)トクヴィル 現代へのまなざし (岩波新書)
富永 茂樹

by G-Tools
アメリカのデモクラシーアメリカのデモクラシー(岩波文庫)
トクヴィル 松本 礼二

by G-Tools
ヴィジュアル・クリティシズム―表象と映画=機械の臨界点ヴィジュアル・クリティシズム―表象と映画=機械の臨界点
中山 昭彦 佐藤 淳二

by G-Tools
富永先生のリプライを拝聴しながら、僕は「トクヴィル 現代へのまなざし (岩波新書)」と同じく「まなざし」という言葉を使っておられた「不安へのまなざし-現代人間学の探求<特集>」という1979年の先生の論文の以下の記述を想起しました。こちらはトクヴィルではなく、フーコーに関する論考なのですが、合評会で先生がおっしゃっていた「社会学がつまらない」理由、「社会学が社会を捉え損なっている」理由が、ここに詰まっているように思いました。

不安へのまなざし-現代人間学の探求<特集>

 さらに付け加えると、他のいわゆる構造主義者の著作が、フーコーほどにわれわれの興味を惹かないのは、彼らの<構造>における<歴史>の希薄さに加えて、仮に<構造>-<歴史>がともにある程度の射程内にある場合でも、いままで見てきた<不安>への意識がほとんど欠如しているか、さもなくば、これに対して敵対的ですらある-からである、とも考えられる。
 フーコーの文章と思考とを魅力あるものにしているのは、<歴史>と<構造>に加えて、<不安>への配慮という、この三つの組み合わせに他ならない。この三番目のものは、フーコーの思考の中で前二者の研究の共通の目標であると同時に、二者を統合する役割を果たしていると言える。


以下合評会のメェモゥ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。