わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■6/11(土)、以前書いた第5回Code4Lib JAPAN Workshopの日記にて「マイ青春時代を黄金色に染めつくした母校の図書館の方々」と思わず熱く語ってしまった皆さまと(全員ではなかったのですが)、何とお食事の会を一席もうけていただきました♪いや~楽しかった!とにかく聞きたいあれこれが多すぎて、この日だけでは聞ききれないところもあったのですが、(もし呼んでもらえれば)また次回お話聞けたらいいなぁ、と期待。そして帰り道、いろんな思い出がわーっとフラッシュバックしてやばかったです。

■そんな楽しい×2会の前に、「レクチャー第一次世界大戦を考える 連続合評会」の第3回「複合戦争と総力戦の断層―日本にとっての第一次世界大戦 」に行ってきました。読み終えたときの感想でも書いたのですがとにかく難しい本でして、これは補講的な周辺情報がないと、とてもじゃないけど理解できない、と思い、前回、前々回とはちょっと違う動機での参加となりました。
複合戦争と総力戦の断層―日本にとっての第一次世界大戦 (レクチャー第一次世界大戦を考える)複合戦争と総力戦の断層―日本にとっての第一次世界大戦 (レクチャー第一次世界大戦を考える)
山室 信一

by G-Tools
山室先生と言えば、「日露戦争の世紀―連鎖視点から見る日本と世界 (岩波新書 新赤版 (958))」、「憲法9条の思想水脈 (朝日選書823)」、「キメラ―満洲国の肖像 (中公新書)」等、代表作満載なのですが(あ、「キメラ」まだ読んでないです…)、これらの著書を含め、先生の文章に割と馴染んできたつもりだったのですが、それでも「複合戦争と総力戦の断層―日本にとっての第一次世界大戦 」はかなり難しかったです…うーん、どうしてでしょう。
日露戦争の世紀―連鎖視点から見る日本と世界 (岩波新書 新赤版 (958))日露戦争の世紀―連鎖視点から見る日本と世界 (岩波新書 新赤版 (958))
山室 信一

by G-Tools
憲法9条の思想水脈 (朝日選書823)憲法9条の思想水脈 (朝日選書823)
山室 信一

by G-Tools
キメラ―満洲国の肖像 (中公新書)キメラ―満洲国の肖像 (中公新書)
山室 信一

by G-Tools
思うに、「ユーラシアの岸辺から―同時代としてのアジアへ」のような、「エッセイ調の」文章が少なかったからではないしょうか…。また、「近代日本における国民国家形成の諸相」や「井上毅の国際認識と外政への寄与」を読ませていただいたときに感じた「この先生は、日本という国を、ちゃんとした独立国にしたいんだなぁ!」という熱い思いも、あまり感じられなかった気がしました(私の読解力と歴史の知識のなさが原因のほとんどなのですが)。
ユーラシアの岸辺から―同時代としてのアジアへユーラシアの岸辺から―同時代としてのアジアへ
山室 信一

by G-Tools
以下、そんな私の思いを予想してたかのように、熱く熱く発射された先生のお言葉メモ。
[なかなかに濃縮かつメモリアルだった6/11(土)]の続きを読む
スポンサーサイト
■最近読んだ本たち。「沈む日本を愛せますか?」は気にながらも長らく読めなかった本なのですが、ちょうど内閣不信任案が否決されたくらいのときに読み終わり、個人的には絶好のタイミングでこの本を読めた!と思っておりますw あと、「裏切りの流儀ーあらゆることはバランスで成り立っている」の高田純次さん。適当男には、本当に「適当」だったら、なれないんだなぁ。
ジェンダーで学ぶ文化人類学ジェンダーで学ぶ文化人類学
田中 雅一 中谷 文美

by G-Tools
裏切りの流儀ーあらゆることはバランスで成り立っている裏切りの流儀ーあらゆることはバランスで成り立っている
高田 純次 茂木健一郎

by G-Tools
ピンチに勝てる脳ピンチに勝てる脳
茂木 健一郎

by G-Tools
脳がヨロコブ生き方 楽しめばすべてがうまく行く (超☆サプライズ)脳がヨロコブ生き方 楽しめばすべてがうまく行く (超☆サプライズ)
茂木 健一郎

by G-Tools
沈む日本を愛せますか?沈む日本を愛せますか?
内田 樹 高橋 源一郎

by G-Tools
ジェンダーで学ぶ文化人類学」の「女と女が結婚する?」で紹介されていたマンガ「ファンション・ファデ」、ぜひ読んでみたくなりました。最近読んでないなぁ、少女マンガ。今年の夏にがつっと行ってみようかしらん。
ファンション・ファデ(小学館文庫)ファンション・ファデ(小学館文庫)
名香 智子

by G-Tools

■毎日蒸し暑くて嫌になります。

■5/30(月)、「レクチャー第一次世界大戦を考える 連続合評会」の第二回「『クラシック音楽』はいつ終わったのか?」に行ってきました。「台風は一過しましたが、今日は2つの台風(岡田先生・片山先生)が来ております!」(by 山室先生)という快調な案内から始まりました、今回の合評会。会場はぎっしぎしの超満員(めちゃくちゃ身を縮めて座ってました)。
「クラシック音楽」はいつ終わったのか?―音楽史における第一次世界大戦の前後 (レクチャー第一次世界大戦を考える)「クラシック音楽」はいつ終わったのか?―音楽史における第一次世界大戦の前後 (レクチャー第一次世界大戦を考える)
岡田 暁生

by G-Tools
岡田暁生先生と言えば、「西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)」であるとか、「音楽の聴き方―聴く型と趣味を語る言葉 (中公新書)」であるとか、一般向けにわかりやすく音楽について解説された本が多数あり、または、現代文でも超頻出な方ですので、そのわかりやすく、それでいて美しい文章を目にされた方は多いと思います。その一方で、NHKで放送された「スコラ」等で全国的に披露されたその「話芸」とのギャップに驚いた方も多いのでは。いや、それにしても「春の祭典に中2でハマった」という岡田先生のクラシックへの熱い思い満載のこの話芸、小林秀雄の講演録CDみたいに、記録できるものはすべて形で残しておくべきでは、と思いました。ほんとうに、すごく、熱いんです。

何はともあれ、これほどに濃密な4時間を過ごしたことはない、と思えるくらいの濃密なひとときでした。以下、たぶんこれの3倍以上はお話されていたと思うのですが、記録できた限りでのメモ。
図書館総合展フォーラム2011 in 京都」に行ってまいりました。私が到着した頃には、会場のキャンパスプラザ京都、超満員!入った瞬間「立ち見」が過ぎりました(奥の方の空いてる席に無理やり入りこんで座りました)。テーマは「図書館で電子書籍を使いこなす-知の拡大生産に向けて-」と、電子書籍、電子図書館について。長尾館長の電子図書館構想の進捗報告、という感じでしょうか。
電子図書館 新装版電子図書館 新装版
長尾 真

by G-Tools
ものすごく大雑把ですがざっとまとめますと、「日本中の人々が、国の知識を、自由に、利用できる」が目標→でも現段階では、国立国会図書館に来ないと閲覧ムリ→情報通信技術を使えば公共図書館、将来的には各家庭への配信可能→ただし、著作権をはじめ、いろいろと問題あり→「どういうモデルを作れば著者・出版社と国がWin-Winになれるか」という難問→今一生懸命取り組んでます、と(大雑把過ぎるか)。その後のパネルディスカッションでも、この構想には「いろんなところからいろんな反対が」あるので、「相当の時間を要する」とおっしゃっていて、その口調から、本当にいろいろ大変なんだなぁと思いました。とは言え、ここは慌てても仕方ないので「5、10年先を見据えて」やっていく、とのことでした。その後は、NDLが行っている主にWEBもののお話(NDLサーチ、JAPAN/MARC提供、レファレンス協同DB総合目録DB)について概観。

あまりにもざっくりしたまとめですが、詳しくは、@humottyさんによる詳細レポが素晴らしいのでそちらと、@shibureさんによる今回の図書館総合展in京都の前後を含めたトギャッタにリンクを貼らせていただきます。こちらも素晴らしい!そしてあぁ蘇る記憶!

<参考>
「図書館政策フォーラム2011 図書館で電子書籍を使いこなす-知の拡大生産に向けて-」レポート
Togetter - 「図書館総合展京都2011 合同懇親会」(楽しかった!あっという間でしたが、いろんな方と知り合えた!)

今回のフォーラムの前に、長尾館長の過去の論文をわらわらと拝読し、気の早いことに私は、長尾構想が達成された「後」のことが気になってしまっていました。「情報社会の生態学」という論文に、以下のような記述があります。

…公共的情報、公共的情報システムから与えられる情報は誰でもが利用できるという意味で便利ではあるが、誰でも持っているものは情報でないとも言える。自分だけが持っているものが貴重な情報で、そのような情報をこそ持つように努力しなければならないのであろう。膨大な誰でもが利用できる情報の中から自分にとって価値のある情報を引き出し、またそれを自分の立場から解釈して新しい意味付けを行うことによって初めて可能となるものである。そういった意味で困難な時代に我々は生きていると言える。

すべての情報に、誰もが、いつでも、どこでもアクセスできるようになる。それはそれで便利。でも一方で、「誰でも持っているものは情報でない」という、ちょっぴり逆説的なことになるというご指摘。アクセスできない、アクセスしがたい、という状況があるから、それは「情報」たりうるのだ、と。確かに。そしてさらに、誰でも、いつでも、どこでも情報にアクセスできる環境の中で、「自分にとって価値のある情報を引き出し、またそれを自分の立場から解釈して新しい意味付けを行う」ことのできる、(超ハイパーな)個人が求められる「困難な時代」であると。私は長尾館長は、電子図書館構想の達成もさることながら、その構想下で生きる「個のあり方」について、ある種の懸念を抱いておられるのでは、と思った次第です。

さらに、電子図書館構想下に生きる「個」に求められる条件(と私が勝手に思った)として、(ちょっと文脈が違うかもしれませんが、)「科学哲学の新しい考え方と工学の使命」という論文で言及されていた、「何らかの予見的知識によらず、現象を虚心に見るということの重要性」。すべての情報に、誰もが、いつでも、どこでもアクセスし、「自分にとって価値のある情報を引き出し、またそれを自分の立場から解釈して新しい意味付けを行う」ことができ、言ってみれば、ある事象に対して好きなだけ予備知識を持てたり、理論武装できる環境にいながらも、「何らかの予見的知識によらず、現象を虚心に見るということ」。こういう「個」を、長尾館長は思い描いてらっしゃるのかなぁと思いました。想像してみるに、私もそんな「個」になってみたい!と思う一方、そのハードルの高さに、呆然。

「電子図書館構想」と、その構想が実現した世界に生きる「個」。難しいのは、どっちでしょうか?
手作り感満載の小説「ステーキハウス・パンダ」が、いつのまにやら残り10部を切りました。ここで「もうなくなりますよ!読まなきゃ損ですよ!」的に営業に走ろうかと思ったのですが、読んでもらいたい人がちょうど残りの部数分の人数でいましたので、その方々にお渡ししたいと思います。超しがないワーキング・プア小説のくせに、意外と支持してもらえて、個人的にも思い出に残る一作となりました。
ステーキハウス・パンダステーキハウス・パンダ

玉井 啓介

しばらく小説を書いてなかったですが、いろんな人に応援いただけて、次はちょっと頑張ってみよっかな、って思っている今日この頃です。
■8年ぶりについに出ました、Sing Like Talkingのニューアルバム「Empowerment」!「Through The Night」から、「A Wonderful World」のイントロがかかったときに、「SLTの夜明けじゃあぁあー!!!」と本気で雄叫びそうになりました。前作「RENASCENCE」も前々作「Metabolism」もシングルが結構散りばめられてるので、正直今作はシングル「Dearest」だけでインパクト薄にならないだろうか…と少々心配だったのですが、まったく無用でした。どの曲もシングルになりそうなくらいの曲ですが、あえて1曲だけ選ぶとすれば、FM COCOLOでのキャンペーンでも聴けた「涙の螺旋」でしょうか。イントロのドシソレ♪があんな感じで使われていくのか…とビビリました。まさに螺旋。それから…欲を言えば、「欲望」とか「The Law Of Contradiction」級にギターが歪んでる曲が1曲あれば、と最初思ったのですが、それも今となってはぜんぜん気にならないです。最高。
EmpowermentEmpowerment
SING LIKE TALKING

by G-Tools
今作を聴いて、改めて「INDIGO」と「ウタヂカラ~CORNERSTONES4~」を聴きかえしてみたのですが、やっぱりですね、トモヒコ御大のギターと、千章さんの歌詞&音色選びが入ると入らないとで、こうも違ってくるのかという、SLTファンが何度か通過する気づきが、今作ではさらにでかいのをドンと。

最後にひとつだけ。お得意の三拍子曲、「祈り」。「Parallel Lines」と「Maybe」と聴き比べてみたのですが…ちょっとこの2曲(今のところ)超えていない気がします。「最新作がいちばん好き」という意味では、今作「Empowerment」は間違いなく更新してくれたのですが、三拍子曲に関してだけは………。

■「Empowerment」と一緒に買った「レーザービーム/微かなカオリ」。ストレイトー!曲もいいけど、PVがかなりカッコイイ。さっきシングルを散りばめたアルバム、という話を書きましたが、このまま行くと、Perfumeの次のアルバムはどんだけシングル入った感出るんだ…という気がしてちょっと怖い。名盤誕生&バカ売れの予感。
レーザービーム/微かなカオリレーザービーム/微かなカオリ
Perfume

by G-Tools
でもなーんかどことなく「宙船」なんだよなぁ~。何だろう。
宙船/do!do!do!(初回限定盤A)(DVD付)宙船
TOKIO

by G-Tools
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。