わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月~7月にかけて行われました人文研アカデミー連続セミナー「生命・差異・表象」に行ってきました。先生方のお話を拝聴し、「表象」の危うさは当然のことながら、自分の「ものの見方」の危うさがぐーらぐらした2ヶ月間でした。今もぐーらぐら。
[それでも人間であることはやめられない~人文研アカデミー連続セミナー「生命・差異・表象」感想]の続きを読む
スポンサーサイト
■7/9(土)、Dream Theaterのセッションサークル「DTT大阪」の第20回セッションに、今回もベースで参加してきました。2ndから「Pull Me Under」、3rdから「6:00」の2曲。う~ん、どちらも個人的に課題多しでしたが、何とか楽しく演奏できました(特に「6:00」は気持ちよかった~♪)。次への課題として今回記録しておきたいのが、「原曲スピードでの練習時期を、もっと早めに取る」ことです。2日、いや、3日前だったかな?原曲スピードで練習し始めたの。かなりやばくって必死になりました。聴いている側として今回おぉおっ!と思ったのが、「破水」こと「When The Water Breaks」。実はこの曲、あんまり好きではなかったのですが、この日のセッション再現は本当にすごかった!LTEに僕が挑戦することはないと思いますが(と言うか絶対できない)、DTTセッションの楽しみとして、LTEカバーに今後も注目!
Vol. 2 - Liquid Tension ExperimentVol. 2 - Liquid Tension Experiment
Liquid Tension Experiment

by G-Tools
終了してからのちょっとした雑談から、新たな動きがありそうな予感…わくわく。それにしてもベース、なかなかうまくならないなぁ!
暑さでボーっとしながら読んだ(≒字面を眺めた)本たち。細かい感想を書く気力がなく…。ただ、ひとつだけ書いておきたいのが、「セックスメディア30年史欲望の革命児たち (ちくま新書)」の荻上チキさんのメディア史整理。「社会的な身体」のときもすごかったですが、例えば、「紙から電子書籍へ」的なものの変化に対する人の受け入れ方にまつわるあれこれは、「社会的」「セックスメディア」の2冊で、私は十分なのではないかと!
セックスメディア30年史欲望の革命児たち (ちくま新書)セックスメディア30年史欲望の革命児たち (ちくま新書)
荻上 チキ

by G-Tools
Dream Theaterにマイク・マンジーニが加入して初のライブ。何となくイメージ「はマイキーがいた頃の歴史を上書いたるぜ!」なSetlistで来るんじゃないかと勝手に思っていたのですが、こんな感じだったそうで↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。