わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半は、「パリ五月革命 私論-転換点としての68年」サブタイトルの「転換点」についてのお話。「転換点」について語るにふさわしい方をお招きして議論を、とのこと。「延長覚悟で!」「時計台を占拠!」と司会の市田先生。
Owly Images

まずは「肺がん手術のために聞きにくい声に」なったという安丸良夫先生から。
[日常性の中で、できる場所で、できることを続けていこう]の続きを読む
スポンサーサイト
2/5(日)、人文研アカデミーシンポジウム西川長夫『パリ五月革命 私論 転換点としての68年』(平凡社)刊行記念「日本から見た68年5月」を拝聴してきました。会場は400人超えの人・人・人でした。写真は会場後部に設置された、西川先生の貴重な資料を展示したパネルがズラリ。
Owly Images
まずは第一部。題して「対論『私』の叛乱」。西川長夫先生は、「パリ五月革命 私論」の著者として、1968年の目撃者代表として、登壇。
パリ五月革命 私論-転換点としての68年 (平凡社新書595)パリ五月革命 私論-転換点としての68年 (平凡社新書595)
西川 長夫

by G-Tools
そして長崎浩先生。ご著書に「叛乱論」「政治の現象学あるいはアジテーターの遍歴史」。もはや「ほとんどひとつの『哲学』として確立した」という司会の市田先生の紹介が印象的。
新版 叛乱論叛乱論
長崎 浩

by G-Tools
「『六八年革命』は『私』が語り始めた最初の革命」という「はじめに」のお言葉から、「私」を切り口に始まりました。「パリ五月革命 私論」にも引用されておりました「フランスの解体?」の以下の箇所を含め、「私」「わたし」がいちばん気になりました。

 ここでは結論を出すのが目的ではなく、議長の役目は人びとにしゃべらすこと。それを聞かせることにあるらしい。「われわれ」という一人称複数形が少なくなり、「わたし」「おれ」という一人称単数を主語にしたしゃべりかたがふえてゆき、告白調が多くなった。

フランスの解体?―もうひとつの国民国家論フランスの解体?―もうひとつの国民国家論
西川 長夫

by G-Tools
まずは長崎先生から。
1/21(土)、人文研アカデミーセミナー・シリーズ「政治を考える」の第三回目(最終回)「ルソー-桑瀬章二郎 編『ルソーを学ぶ人のために』仲正昌樹 著『今こそルソーを読み直す』をめぐって」を拝聴してきました。まずは司会の王寺先生から「このシリーズは、昨年5月のアルチュセール10月のトクヴィルと続いて、今回のルソーで最終回」「今年数多く行われるであろうルソー生誕300周年記念行事の先鞭をつけた!」とのご挨拶。「『ルソー研究』、『ルソー論集』」等、ルソーと人文研にまるわる歴史」のお話も。

まずは桑瀬先生から「政治における虚言」という演目での発表。「ルソーを学ぶ人のために」の編者としての登壇です。
ルソーを学ぶ人のためにルソーを学ぶ人のために
桑瀬章二郎

by G-Tools
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。