わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■同僚のオススメにて。貧しいながらもとっても家族想いな少年「チャーリー」を、家族に愛されなかったトラウマゆえに作り上げた恐ろしく巨大な「チョコレート工場」の後継者にしたい、というジョニー・デップ扮するウォンカ氏の、おかしくも哀しい物語でした。
チャーリーとチョコレート工場 [DVD]チャーリーとチョコレート工場
ジョニー・デップ ティム・バートン

by G-Tools
ウォンカ氏のあの奇妙な立ち振る舞いや、工場の外観も中の演出も壮大すぎる「チョコレート工場」が、彼のトラウマの大きさそのものなんだよなぁー、と考えると、何だか笑えるような笑えないような。でもこの「笑えるような笑えないような」感じ、とっても好きです。

■田中雅一先生のインタビューが連載されていました。先生のこれまでの歩みやルーツの話が。そして第二回のお写真のインパクトたるや!
第1回「文化人類学との出会い」|京都大学大学院人間・環境学研究科文化人類学分野ホームページ
第2回「初めての長期フィールド調査」|京都大学大学院人間・環境学研究科文化人類学分野ホームページ
ミクロ人類学の実践―エイジェンシー/ネットワーク/身体ミクロ人類学の実践―エイジェンシー/ネットワーク/身体
田中 雅一

by G-Tools

■菊地暁先生による「人文研探検」の連載が復活!隔月くらいのペースとのこと。
人文研探検―新京都学派の履歴書(プロフィール)―| 菊地 暁(KIKUCHI Akira)
身体論のすすめ (京大人気講義シリーズ)身体論のすすめ (京大人気講義シリーズ)
菊地 暁

by G-Tools
<関連>
『雲岡石窟』を支えるもの─京都・雲岡・サンフランシスコ | 菊地 暁[人文研探検、あるいは新京都学派の履歴書 1]
『村と人間』という邂逅──農村クライマックスの行方 | 菊地 暁[人文研探検、あるいは新京都学派の履歴書 2]
新書という公共圏──桑原武夫編『日本の名著』という企み | 菊地 暁[人文研探検、あるいは新京都学派の履歴書 3]
〈民俗学者〉としての藤森照信 その歩く/見る/聞く作法を考える | 菊地暁
民家へ 伊豆大島編 | 瀝青会+中谷礼仁+大高隆

■茂木さんの「長考」(あるいは「ガン無視」)によって話題になっていた往復書簡本。ようやく読みました。いやー斉藤さんの挑発がすごくてひやひやしました。このひやひや感は「動物化する世界の中で」くらいあったかも…。
脳と心―クオリアをめぐる脳科学者と精神科医の対話脳と心―クオリアをめぐる脳科学者と精神科医の対話
茂木 健一郎 斎藤 環

by G-Tools
動物化する世界の中で ―全共闘以後の日本、ポストモダン以降の批評 (集英社新書)動物化する世界の中で ―全共闘以後の日本、ポストモダン以降の批評 (集英社新書)
東 浩紀 笠井 潔

by G-Tools
スポンサーサイト
■「うさぎの方がかわいいだろーがよー」の顔。
Owly Images

■紹介されていた、とても印象的だった言葉。「無知ゆえに給料をもらっている人を理解させるのは難しい」。
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]不都合な真実
アル・ゴア

by G-Tools

It is difficult to get a man to understand something when his salary depends up on his not understanding it.

2/21(火)、北海道大学佐藤淳二先生主催のシンポジウム「啓蒙思想と戦争/平和」を拝聴してきました。15時からスタートして、20時までがっつり。「啓蒙の運命」とか、先日のルソーのイベントとかのお話と関連した形で、拝聴できるのでは、と楽しみにしていました。結果、「人間観」の捉え方の変遷として、「戦争」を軸に考えることで、非常に多くの貴重な発見がありました。半休とって行って良かった!
啓蒙の運命啓蒙の運命
富永 茂樹

by G-Tools
まずは辻部大介先生から。
■お部屋模様替えしました。気分が転換されました。

■2/18(土)、「平成23年度京都大学市民講座~京都大学若手研究者からの発信~」のうち、2日目の「ロシアの第一次世界大戦」を拝聴してきました(当日の開催記録)。日露戦争の記憶(反省)からの「スパイ」対策のお話や、「立憲民主党党首ミリュコーフの国会演説」、「元内務大臣ドゥルノヴォの覚書」、「ドイツ人嫌いのスコベレフ」等、興味深い数々の参考資料(「ドイツ人嫌いのスコベレフ」が特に)を交えたお話で、第一次大戦時のロシアの雰囲気や空気感のようなものが、感覚的にわかったような気がしました。これ、「レクチャー第一次世界大戦を考える」シリーズに入らないかなぁ。入ってほしいなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。