わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■9/29(木)-10/18(木)京大人文研連続セミナー「交錯するアジア」に行ってきました。秋の連続セミナーです。春の連続セミナーのテーマ「移動」とも関連する(ように個人的に思う)テーマ「交錯」。とにかく全編を通じて気になったのが、アフガニスタンも、インドも、チベットも、トルコも、「寛容なのか非寛容なのか」、「厳密なのか曖昧なのか」ということ(またはその相反する価値観の併存がなぜ許されるのか、ということ)。例えば、イスラム非イスラム関係なしに誰でも行ける「スーフィー聖者廟」(第二回)、宗教はインド式中眼、「鐘」の読み方は中国語読み…取り入れられるものは何でも取り入れるチベット(第三回)、ヘレニズム美術を代表するベルガモン遺跡が一般トルコ人にとって「観光資源」でしかない(第四回)…第一回の稲葉先生の講義にありました「境界と越境には、政治的境界線をまたぐように人やモノの交通をfacilitateする組織、ネットワークが存在する」という例を先生毎にさまざまな角度から。うーん、それにしてもどうしてこんなことが、「交錯するアジア」では起こるのでしょう?ただただ不思議でした。
[どう考えても矛盾している両者を取りこむこと・またぐこと]の続きを読む
スポンサーサイト
5/17(木)-6/4(木)京大人文研連続セミナー「20世紀前半東アジアにおける人の移動」への参加記録をすっかり忘れていました。全5回のセミナーで、最終回のみ断腸の思いで不参加(して職場飲み会へ…)。第3回で「私この年にしてようやく(朝鮮人)差別問題の構造的なあれこれがわかりはじめた」とか(いきがって)つぶやいておりますけれども、今回の連続セミナーの収穫はもうそれに尽きます(ささやかな気づきではありますが)。秋の人文研連続セミナーの予習で読ませていただいた稲葉先生の下記の分類も関連する気がしました。この「経済的な要求」による「移動」っていうのがなかなか厄介。
中央アジアの歴史・社会・文化 (放送大学教材)シルクロードと中央アジア:中央アジアの歴史・社会・文化 (放送大学教材)
稲葉 穣 間野 英二

by G-Tools

 精神的要因による移動とは、例えば宗教的情熱によるものであり、具体的には巡礼行為などがこれにあたる。―中略―
 次に自然的要因とは、例えば気候変動などによって、もともとの居住地に住み続けることが不可能になり、移動を余儀なくされるようなケースである。―中略―
 一方、社会的要因は極めて多様であり、その内容を簡単には説明できないのだが、例えば経済的な要求に応える形で行われるもの、要するに商業交易活動などはこれにあたるだろうし、本来所属していた社会に生じた何らかの変革によって地位を剥奪され、迫害を受けた人々の移動もこれに含めてよいだろう。

■古本屋さんで見つけました(ラッキー)。対談ももちろん面白かったですが、合間合間のインターリュードが秀逸。中でも「レコード・マニアについて」というインターリュードがずっしりと響きました。
小澤征爾さんと、音楽について話をする小澤征爾さんと、音楽について話をする
小澤 征爾 村上 春樹

by G-Tools

小澤 あのね、こんなことを言うと差し障りがあるかもしれないけど、僕はもともとレコード・マニアみたいな人たちがあまり好きじゃなかったんです。―中略―でもね、あなたと話していて僕が一番関心したのは、あなたの音楽の聴き方がとても深かったということなんです。―中略―レコードのジャケットがどうとか、そういうところじゃなくて、しっかり中身を聴いている。


■同日続いて、山室信一氏による10周年記念講演会「私の図書館巡歴と関西館-史料に導かれた連鎖視点への歩み」を拝聴。図書館のヘビーユーザーであります大学の先生が図書館と研究史とを絡めての講演(アイデアと人選の素晴らしさにただただ脱帽)。先生のご講演を拝聴するのは4度目くらいになると思うのですが、いつもハッとさせられるのが「これはまったく知りませんでした」「誤っておりました」のサラっと感。自論の「正しさ」を裏付けるために資料を集めるタイプの研究者とは正反対、まさに(自論の正しさ、とかは関係なく)ただただ「真理」を追いかける研究スタイル。宮武外骨、瀬木博尚、狩野亭吉等々にまつわる「本を集める執念」話がいくつか紹介されましたが、山室先生の研究史そのものが「真理を追いかける執念」に満ち満ちていたことに、圧倒された方は多かったのではないでしょうか。以下、私が記録できた限りでのメモ。
<関連>
山室信一氏による関西館10周年記念講演会<報告> | カレントアウェアネス・ポータル
■10/6(土)、国立国会図書館関西館に初めてお邪魔してきました。目的は国立国会図書館関西館の10周年イベントに参加するため。初めて行く場所はいつも道に迷ってしまうのですが、↓のような感じでおろおろしながらも何とか到着。バス降りてすぐきれいな秋空が!ステキな立地でした。Owly Images

■「英雄たち」が「変装による私行」「微行」「漫遊」「巡幸の旅」をして「悪を成敗」するという「水戸黄門」ではおなじみの「物語類型」「パターン」が、日・中・韓の(類似した政治体制下で生み出される)類似した物語から生まれてきた軌跡が、金先生によってあざやかに謎解かれる、そんな目からウロコ連発の名著でした。その際個人的にいちばん気になったのは(そうした物語を生みだした)「宗教的ともいってよい願望」という言葉でした。
水戸黄門「漫遊」考 (講談社学術文庫)水戸黄門「漫遊」考 (講談社学術文庫)
金 文京

by G-Tools
京都大学by AERA―知の大山脈、京大。 (AERA Mook)京都大学by AERA―知の大山脈、京大。 (AERA Mook)

by G-Tools

…民衆が天皇の巡幸に多大の希望を抱いていたことを物語るであろう。それは天皇が民間の苦しみを理解し救済してくれるはずだという宗教的といってもよい願望である。―中略―
 しかし現実には、それはむろん幻想にすぎなかった。お忍びで各地をまわり、弱者を助け悪者をこらしめる水戸黄門の漫遊は、この幻想を物語のなかで実現させたものだろう。

京都大学by AERA―知の大山脈、京大。 (AERA Mook)」にも「『三国志演義』からくみ取る中国文化」というタイトルで金先生が取り上げられております(先生のルーツが垣間見えるとても面白い記事でした)。そして近日発売の「李白―漂泊の詩人 その夢と現実 (書物誕生 あたらしい古典入門)」も楽しみであります!

■ひょんなきっかけで全編を見返しました(ヒマなんかい)。この2作に限らず、三谷作品には「どうしようもない組織だけど何とか回っている様子」が描かれることが多いように思います…うーんその様子を観て何か癒されたかったのでしょうか。それにしても「王様のレストラン」は組織としてかなりひどいw(けどリアルw)
王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe王様のレストラン La Belle Equipe
三谷幸喜

by G-Tools
振り返れば奴がいる DVD-BOX振り返れば奴がいる
三谷幸喜

by G-Tools
振り返れば奴がいる」で石黒賢扮する石川を襲った「かなり進行しているにも拘らずずっと見つからなかったガン」、同じく医療ドラマ「白い巨塔」では唐沢寿明扮する財前を襲ったわけですが、「かなり進行しているにも拘らずずっと見つからなかったガン」が襲う人間のタイプが真逆だなぁと。「白い巨塔」的発想だと、「振り返れば奴がいる」では織田裕二扮する司馬をガンが襲っても良さそうなのですが、見るからに「善人」な石川にこそ、「かなり進行しているにも拘らずずっと見つからなかったガン」は襲う、とした三谷幸喜の発想の方に私は共感しますです、ハイ。
白い巨塔 DVD-BOX 第一部白い巨塔
山崎豊子

by G-Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。