わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ART CRITIQUE n.03」に掲載されている王寺賢太先生のロングインタビュー「私たちはいつでも逸脱できる―フーコー『カントの人間学』の射程」をようやく拝読。「脱原発「異論」」を拝読した際にも思いましたが、先生には一貫して、(「刺激―反応が一義的に決ま」る、という人間観の下で「めちゃくちゃたくさんのことを設計し、強制して」(=「マニュアル化と形式化」を進めて)いった結果)「窮屈な世の中になってしまった」という「嫌な感じが根本にある」のだなぁと改めて。

ひっくり返して言うとこういうことです。なんでイレギュラーであることがレギュラーだと思えないんだろう。逆に、イレギュラーであることがレギュラーなのにね。何らかの規則性なり規範性を押しつけてものを見るから、そこからはみ出ているものは全部「異常」として排除されていくわけでしょう?

だからこそ、人間の能力の限界画定を、経験的レヴェルですることはできないんですよ。まさに刺激―反応が一義的に決まらないのが面白いところで、それを一義的に決めようとしたら、めちゃくちゃたくさんのことを設計し、強制していかなければならない。今起こっているのは、刺激を与えて一様な反応を見せないと、ただちにみんな病気にされてしまうということですよね。

ART CRITIQUE n.03私たちはいつでも逸脱できる―フーコー『カントの人間学』の射程:ART CRITIQUE n.03
王寺 賢太 上野 大樹

by G-Tools

…出る杭は打たれまくり、日常の隅々までマニュアル化と形式化が格差や紛争を抑えこもうとし、そういった細やかな規則をめぐって、かえって無意味ないざこざが絶えないにもかかわらず、というかそれゆえにこそ、いざなんらかの非常事態に直面すると、とたんにフリーズしてしまうような社会。僕もつきつめて言えば、なんでこんなに窮屈な世の中になってしまったのかな、という嫌な感じが根本にあるのは事実です。でもね、だからこそ、そこからの出口は至るところにあると言いたいとも思う。

脱原発「異論」脱原発「異論」
市田 良彦 王寺 賢太 小泉 義之 すが 秀実 長原 豊

by G-Tools
また、先日更新された同じく人文研菊地暁先生の連載人文研探検第6回「ポルトレの人 桑原武夫―その人物描写をかんがえる―」で、「桑原人物論の魅力」が紹介されていましたが、王寺先生の(さりげない)フーコー人物描写も、大変惹き込まれました。私のフーコー観がだいぶ変わりました。
<関連>
人文研探検―新京都学派の履歴書(プロフィール)―第6回「ポルトレの人 桑原武夫―その人物描写をかんがえる―」| 菊地 暁(KIKUCHI Akira)

そもそも、学問にしろ、芸術にしろ、ある人物の評価は、その仕事、作品の厳正な評価によるべきであり、それを産み出す過程は括弧に入れるべきだという立場にも一定の妥当性はある。そうしたスタンスがある局面において有効かつ必要であることは、桑原自身も認めないわけではない。とはいえ、仕事や作品も、結局は人のふるまいの産物であり、その生理から切り離し得ないというのが、彼のポルトレの立脚点なのだろう。

スポンサーサイト
4/6(土)、昨年の秋の紅葉とほぼ同メンバーにて、今度は嵯峨野にてお花見でした!澤乃家さんにて広沢池を一望しながらのぜいたくなお食事のあと、京都平安郷、佐野籐右衛門さん邸の桜を満喫しました。当日は爆弾低気圧の影響で自宅待機の発令が出てたらしく、あいにくの雨でしたが、広い庭園と見事な桜をほぼ独占状態できました(実際はそんな大した雨ではなかったです)。一番下の写真、天の川のように流れていく桜の花びら群がとっても印象的で吸いこまれんばかり。
Owly Images
時間が過ぎて少し落ち着いてきたので記録。2/23(土)夕方頃、うちの愛兎「うずら」が亡くなりました。9歳。子宮の病気みたいで少し出血が続いていたのが気がかりで、子宮手術の日程も決まっていたのですが、その手術日の少し前のことでした。静かに眠るように息をひきとりました。飼ってみた当初は、とにかくよく走る、すぐ休む、にんじん(チップ)大好き、と想像通りのうさぎ像を見せてくれたその一方で、喜ぶと縦方向に(ほぼ垂直に)飛ぶ、横になるとヒラメばりに平らになる、へそを曲げるとラビットフードの器ぶんぶん振り回す、ときどき目に見えないものを凝視して威嚇してる(幽霊でも見てた?)、等など飼ってみて気づく新鮮な発見も多かったです。ペットショップの店員さんには「ネザーランドドワーフ」と紹介されたのですが、成長するにつれて耳の長さからどうやら「雑種」ではないか疑惑が浮上したりとかもありました(余計に愛着が増したわけなのですが)。あ、ペットショップの店員さん話でもう一つ思い出したのが、うさぎは定期的に爪を切らないといけないのですが、あるペットショップでそれをお願いしたら担当のトリマーさんに「食べたいときに好きなだけ食べさせる、方針で育ててるんですか?」とものすごく婉曲にデブ呼ばわりされてしまったこともありました(余計に愛着が増したわけなのですがその2)。とにかくいいことがあったときも、イヤなことがあったときも、いつも視界に入っている、生活の一部というか、それ以上の存在でした。遺体は業者さん(ペット専用の葬儀屋さんがあること、初めて知りました。とても丁寧で好感の持てる業者さんでした)にお願いし、火葬してもらい、今は骨壷の中。うずらくん(メスなのですが、なぜか「くん」呼びがしっくり来るんです)、今までホントありがとうね。疲れて早く寝たいときに限って、なかなかケージに戻ってくれなくって(毎晩ケージから出して散歩させるんです)、イライラして追っかけまわしたりしてごめんね。仕事でイヤなことがあるとすぐ、爆音で照明チカチカのライブDVDばっか見ててうるさくてごめんね。鉄板で焼きものしたり揚げ物したりすると、ジュージューパチパチ音にものすごくびびってたけど、気にせず美味しい思いしててごめんね。

でも、うちに来て良かったやろ?うちで飼われて幸せやったやろ?

…せいぜい「まぁまぁやったずらー」、かな…^ ^
Owly Images Owly Images
■ほとんどの曲持ってるし買うほどまでも…と思っていたらシングル盤くらいの価格にまで暴落していたので、「チョコレイト・ディスコ (2012 - Mix)」と「MY COLOR (LTW - Mix)」の両A面シングルを買ったら+ベストセレクション曲+DVDが付いてきた!…とか思えば安いもんだ!と思い購入。どちらのMixもとっても良かったです。「SEVENTH HEAVEN」もアルバムの流れの中で聴くとまた印象変わりますね。そして何より、付属DVDの「ポリリズム - Historical Live Act Version」、唯一Perfumeを生で見れた池袋サンシャインシティでの映像が結構入っててうれしかった!
Perfume Global Compilation LOVE THE WORLD(初回限定盤)(DVD付)Perfume Global Compilation LOVE THE WORLD
Perfume

by G-Tools

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。