わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2/14(金)、第17回教育カフェ・マラソンの話題提供者はアースガーデンの植月千砂さん。パーマカルチャー(=恒久的持続可能な環境を作り出すためのデザイン体系)を教育へと実践した「子ども達が作った食べ物の森」の翻訳者でもあります(飛行機で読んで感動してすぐに翻訳を決めたそうです)。
Owly Images
<参考>
第17回 『こどもたちがつくった食べられる森』 話題提供:植月千砂さん
箕面こどもの森学園
アースガーデン
<関連>
みんなが話題提供者:人生はタイトロープ

校庭に「食べ物の森」を作る、という営みは「都会(的なもの)」から「自然」を取り返す、という意味があるそうです。私がまず意外に思ったのは「校庭」=「荒廃」という認識でした。でも確かに、異物がない、まっ平らにならされた「校庭」は「自然」と対極にあるのかもしれません。多様性に満ち溢れ、(パーマカルチャーで大切にされているという)「タテの空間を重視」した「食べ物の森」を作ることで、「自然」を取り返す。でもここはあくまで学校、「食べ物の森」を作れるかどうか、ではなく、作る上での「学びのプロセス」を重視しよう、農家や植木屋みたいな専門家を呼ぶのではなく、教師と子どもたちとで試行錯誤して「食べ物の森」を作ろう、失敗してもいい、完成形を気にしないで、とにかくやろう!という感じ、まるでその興奮が伝わってくるようでした。

印象的だったのは、とにかく子どもたちに「任せる」こと。もちろん「グループで話し合おう」「みんなでチェックし合おう」といったチェックは入りますが、あくまで子どもたちに「自分たちのプロジェクト!」と思ってもらうことを重視してとことん「任せる」点(森を作る上での資金集めについてで民主的に話し合う「プロジェクトクラブ」のお話も大変興味深かったです)。

とにかく、手持ちの武器、と言いますか材料でもあります、理科、国語、算数…教科で習ったことをフル活用して、(専門家ではないながらも)何とか問題を解決していこう、改善していこう、という力、心の働きを鍛える、ということの大切さを改めて痛感しました。「食べ物の森」で遊ぼう、どうやって遊ぶ?という問いから、思いつき(アイデア)が次々と出されている場面も、こういう力を鍛えているのだと思いました。

自分だけではなく他人(の考え)を意識したり、「食べ物の森」だけでなく、地域の環境を意識したり、「Holistic(全体論的)」に考えるようになっていく、というお話に、私はずっと「奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録」を思い浮かべてました。「生態的に正しい環境作り」という言葉が今日のお話で何度か出てきましたが、「奇跡のリンゴ」もまさにその営みだったわけで、ご存知の方はご存知かと思いますが、「生態的に正しい環境」に至るまで(それこそ農薬を使うことの誘惑や)、「信じて待つ」ことの困難さを、「奇跡のリンゴ」は物語っていたと思うのです。そう考えますと、「食べ物の森」(の実践)は、まさに教師の(子どもたちを)「信じて待つ」力に尽きると思うのです。どうやったら、農薬を使わずに(教育での「農薬」が何にあたるのかは措いておきまして)、「生態的に正しい」状態になるまで「信じて待つ」ことができるのか…そんなことを悶々と考えながら、話した1分間まとめはグッズグッズでした…あぁ、こうして書いていても何かまとまっていない…orz
奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
石川 拓治 NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班

by G-Tools
プロフェッショナル  仕事の流儀 農家 木村秋則の仕事 りんごは愛で育てる [DVD]プロフェッショナル 仕事の流儀 農家 木村秋則の仕事 りんごは愛で育てる [DVD]
茂木健一郎

by G-Tools
スポンサーサイト
glee Season1、再度見終えました☆Season 3まで見終えて改めて見返すと、みんなまだ未熟と言うか、怒りの沸点が低過ぎると言うか(笑)、minorityへの理解もぜんぜんだし…Episode、Seasonを重ねるごとに着実に成長していっているんだなぁとしみじみ。そっかぁ、Season1では、Sueが最強で(あんなのよりおっかない(口が立つ)教師がその後出てくるとは思わなかった^^;)、Karofskyが絶賛ヤなヤツで(後ほどあんなにいいヤツになるとは思わなかった^^;)…ホント不思議。さ、続いてSeason2をもう1度!
B0047CPJ4Eglee/グリー DVDコレクターズBOX
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-02-04

by G-Tools
…の前に「glee season1」(個人的)名セリフ集!

昨年2013/12/30(月)、おそらく30年ぶり?(以上?)な長ーい時間を経て再会する、そんな同窓会に行ってきました。もう私が何を覚えていて、何を忘れていて、な感じが完全にクラッシュしたひとときでした(笑)。そんなテンションで撮った会の途中の写真は何かもうよくわからないので使えず(笑)、翌朝かなりの2日酔いでひとり散歩した思い出の地の写真を貼り付けておきます。Owly Images Owly Images
大晦日は家族とちょっぴりぜいたくな年越し。北京ダックとか!紹興酒もだいぶいただきました。
Owly Images Owly Images

Owly Images Owly Images
2014/1/12(日)、13(月)、京都大学百周年時計台記念館国際交流ホールにて行われました国際ワークショップ「第一次世界大戦再考:100年後の日本で考える」に半分聴衆、半分スタッフみたいな感じで行ってきました!Yeah! My second hometown! ↓の写真と共に「The International Workshop on "Rethinking the First World War in Japan" has just begun! Proffesor Yamamuro giving the 1st presentation now.」と興奮気味につぶやいておりました。とにかく全体の発表を通して、(他の人文研の研究にも言えることですが)、消された記憶を取り戻そう、発せられなかった(小さな)声を聞き取ろう、ということの大切さを改めて感じた2日間でした。昨年10月の朝生で東浩紀さんが以下のような危惧を訴えていましたが、(震災と同じく)「大戦」を「再考」する起点として共通する部分があるように思いました。
<関連>
激論!止まらない汚染水 ド~する?!原発|朝まで生テレビ

 そうですね、今までの話をちょっとひっくり返させていただいてよろしいですかね。
 あの、て言うかつまり、たぶん今日はあの、これ生中継じゃないんですけど、視聴者の方はいろんな期待を抱いてこの番組を見てたと思うんですね。で、僕の聞いたところおそらく70%くらいが東電の破たん処理の問題に費やされていて、しかもここにいらっしゃる方はほとんど同意してるわけですよ。森園さんが何回かあの、発言するチャンスがありましたけど、それはほとんど封じられているんですね。原発の問題、僕は森園さんとはぜんぜん立場が違います、たとえば僕は20ミリシーベルトでもいいと思ってますけど、それはまったく別の問題として、原発事故の問題というのは、今ここにいらっしゃるような、政治家や、経済学者や、法学者だけの問題ではないですよね。で、つまりこれに影響を受けた人たち、すごく多くの人たちが、単なる市民の方と言うだけではなくて、たとえば僕、文学とか哲学をやってる人間です。で、こういう人間だってやっぱ何か考えますよね。で、フクシマの問題についてのアプローチって、もっともっといろんなことがあるし、いろんな人間が意見を持ってるはずなんですよ。でもここが、ずっと議論が東電の破たん処理の話になってしまったということに、僕は大きな危惧を感じます。


裏方さんとして関わったっぽいbefore&after写真(笑)。満席過ぎて(この季節なのに)暑(熱)かったです。すっごい汗かきました(笑)。
Owly Images Owly Images

終了後に裏方さんチームで行ったぷち打ち上げ。美味しかった!右の写真はお弁当。2日目、京大宛のものが佛教大に、というハプニングが!(響きは確かに似てますけども…焦りました。)
Owly Images Owly Images

散歩写真もアップします!2日間とも、とにかくいい天気だったんです。
Owly Images Owly Images
文科系トークラジオLife」きっかけで知りました常見陽平さんの著書をまとめて(と言ってもぜんぜん一部ですが)。Lifeでのご発言や、何と言いますかポジションに大変共感しまして(笑)、つい最近「陽平天国の乱」も聞き始めました(とってもおもしろいです、特に「アラフォー中二病闘病記」!)。常見さんの主張されていること(もうこれ以上若者を不幸にしたくない、という、確かLifeでおっしゃっていた)、大変よくわかります。特にジム本は社会人1年目必読ではないでしょうか。先月のイベント「あなたの知らない仕事論」もpodcastで公開されないかなー。
僕たちはガンダムのジムである僕たちはガンダムのジムである
常見陽平

by G-Tools
「意識高い系」という病~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー (ベスト新書)「意識高い系」という病~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー (ベスト新書)
常見 陽平

by G-Tools
「キャリアアップ」のバカヤロー 自己啓発と転職の“罠”にはまらないために (講談社プラスアルファ新書)「キャリアアップ」のバカヤロー 自己啓発と転職の“罠”にはまらないために (講談社プラスアルファ新書)
常見 陽平

by G-Tools
「すり減らない」働き方 (青春新書INTELLIGENCE)「すり減らない」働き方 (青春新書INTELLIGENCE)
常見 陽平

by G-Tools

次はこのあたりに進みたいと思います!
ちょいブスの時代 ~仕事と恋愛の革命的変化 (宝島社新書)ちょいブスの時代 ~仕事と恋愛の革命的変化 (宝島社新書)
常見 陽平

by G-Tools
アラフォー男子の憂鬱 (日経プレミアシリーズ)アラフォー男子の憂鬱 (日経プレミアシリーズ)
常見 陽平 おおたとしまさ

by G-Tools
すっかりFacebookメインになっちゃって、ブログの更新が止まってました…ネタは結構あるのですが…。

取り急ぎ、(更新が止まると出ちゃう広告を早く消したいので)グルメものの記録からアップ!また行きたいなぁ~世界のワイン博物館!とは言えupdating blogしてるヒトってもはやfew peopleなのかな?

I don't remember the name of something like...pizza?...galette? Anyway it has become my favorite!

世界のワイン博物館
Owly Images Owly Images

Owly Images Owly Images
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。