わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■少女時代のソヒョンにドハマリです。本当にやばい。かしゆかを超えるアイドルなんて、もう死ぬまで出会えないと思ってました。
GeeGee
少女時代

by G-Tools

■最近読んだもの。「これからの…」はブームにだいぶ乗り遅れた形で。いや、あれほどブームになったのがわかる気がしました。ハーバードではこんなショーみたいな授業やってるのか!という驚きとともに、学生との対話形式、アメリカらしいジョークを挟むやりとり等、異文化を垣間見て楽しみつつも、政治哲学の古典をおさらいできる、という、何と言いますか、適切な言葉ではないかもしれませんが、「オトク」な印象を受けました。これが時代の雰囲気にあっていたんですかね。「ゼロから…」は、「これからの…」でやたらと再分配問題が出てきていたので、より詳しく理解したいからという目的で。でもう~ん、経済政策は自分にはだいぶ難しいです。紹介されていた姉妹書も読んでみたいと思います。
これからの「正義」の話をしよう―いまを生き延びるための哲学これからの「正義」の話をしよう―いまを生き延びるための哲学
マイケル・サンデル Michael J. Sandel

by G-Tools
ゼロから学ぶ経済政策  日本を幸福にする経済政策のつくり方 (角川oneテーマ21)ゼロから学ぶ経済政策 日本を幸福にする経済政策のつくり方 (角川oneテーマ21)
飯田 泰之

by G-Tools
愛する…」は知人がある日突然貸してくれました(意図はよくわかりません)。Twitterでもつぶやいたのですが、ソーシャルリーディングでやいのやいの言いながら読んでみたかった本。「愛」なんて誰でも一家言ありますからね。読みやすく感じましたが、一文一文単位でじっくり読み進めても良いくらい、濃度の濃い文章が並んでいたように思います(古いのって皆そうか)。茂木さんの本は、受賞の理由が大いに肯けました。傑作だと思います。おそろしいほど「著書多数」の茂木さんですが、間違いなく「代表作」だと思いました。帯の「世界を『肯定』する意志」は、読み終わって改めて見ると、見事な帯文だと思いました。「世界を『肯定』する意志」、僕も大切にしていきたい。
愛するということ愛するということ
Erich Fromm エーリッヒ・フロム 鈴木 晶

by G-Tools
今、ここからすべての場所へ今、ここからすべての場所へ
茂木健一郎

by G-Tools
最も印象的だった最後の最後の方の文章を。

 思えば、私たちはなぜ自分で作ったという「オリジナル」という幻想にこだわるのだろう。デュシャンが壊そうとしたのは、関係性を見ず個別性に立て籠もろうとする近代人の自我だったのかもしれない。デュシャンが斉藤御嶽や久高島を見たら、どのような感想を持ったことだろう。
 自分がその全てをコントロールする思い上がった「オリジナル」は消えても、自分の魂の内側にある「本当のこと」はきっと残る。自分自身を見つめるメタ認知を通しても、濃い霧の中にしかとらえられないような、そのような姿を見つめることこそが、「今、ここ」から「すべての場所」へと通じる道へと導く。


■9,085個限定BOX!発売当時、「意外と店頭に行けば普通に売ってる」みたいなネット情報をしばらく見かけていたので、思いっきり安心してしまったのですが、気がつけばどこに行っても売ってないし、ネットでは価格高騰!もうあきらめるしかないか、と思っていたら、Amazonで定価販売されてるのを発見!迷わずクリックしました。いやー良かったです。ド派手なオープニングから最新曲→最古曲までの遡り、ヴォコーダー演奏、ボリューム満点でした。高速DANDADANがカッコ良かったかな。Tonightではめちゃ感動したし。
KREVA CONCERT TOUR KREVA CONCERT TOUR "09-10"「心臓」ROUND3 横浜アリーナ《BOX EDITION》 [DVD]

by G-Tools
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://esk.blog9.fc2.com/tb.php/1007-72f98f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。