わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナカノシマ大学でのセミナー「大阪から考える『移行期的混乱』」に行ってきました。大阪市政の話に、平川克美 さんのご著書「移行期的混乱―経済成長神話の終わり」の内容をリンクさせる、といったような内容。もう、お2人の存在そのものが、「成長しなくてもやっていけるための戦略」のような気がしました。大阪市中央公会堂の建物の雰囲気もとっても良く、現実を忘れていろいろと思いにふけることができました。以下いつもの書きなぐりメモです。

・規模を支えていくための「ムダ」がなくなった。(平松市長アナ時代と比べてのお話)
・先日お母様を亡くされた平川さん「病院によって全然違う」。「殺人病院」と呼ばれているらしい。(平川)
→「それは私立?市立?」(平松市長)→「わたくし、の方です」(平川)→「良かった(会場爆笑)」(平松市長)
・「病院」「宗教」「教育」には市場原理を原理的に入れてはダメ。(平川)
・売り手と買い手が「対等」なのが市場、はい、医者と患者は「対等」?(平川)
・戦後3大変化①家族形態、②労働意識、③ライフスタイル。(平川)
・昔は本当に「労働は尊い」という意識があった。(平川)
・週休2日制導入が、消費社会スタートの目印。(平川)
・改めて「市場」とは。「商い」の市場(いちば)を思い浮かべちゃう。でもイコール「株屋」が実情。(平川)
・成長戦略は必要。しかし株なんて実体がないものではダメ。人をベースにしたい。(平川)
・この公会堂は、大正時代に100万円の寄付(相場で儲けた金)で建てた。1人で。その後(相場で損をして)ピストル自殺。(平松市長)
・こういう建物は壊しちゃダメ。なぜなら壊したら2度と作れないから。(平松市長)
・行政の人には変な人が多いのに、平松市長は普通の人。(平川)
・私はジャンル分けとしては「市長」。でも「from民間」感覚は大切にしたい。(平松市長)
・日独伊/中露、家族形態が似ている(外婚制共同体家族)(平川)
・橋元府知事(平松市長の20歳下!)、石原都知事、共にOFFのときはとてもいい人!(平松市長)(平川)
・中学校区を地域の基本単位と考える。中学生って、最も行動力を発揮する頃だから。(平松市長)
・中学生に防災訓練をさせる(物干しざおでタンカを作る、等を学ぶ)。(平松市長)
・Osakaの名前は海外に知られているが、KobeとKyotoの間だということを知らない。(平松市長)
・マネジメント上、コストカット方法として真っ先に「首切り」が思いつくのはよくない。 (平川)
・大阪市がすでに持っている力を、市民に知らせ(サイトで案内する等)、日本経済を引っ張る力になりたい。(平松市長)
・新自由主義とかではなく、もっと地に足のついたもの。そういう考えで残りの任期を全うしたい。(平松市長)
・行政に期待しちゃだめ!「自分たちで勝手にやるから放っておいてくれ」くらいでちょうどいい。(平川)
・内田先生の道場・私塾の志には大拍手を送りたい!(平川)

移行期的混乱―経済成長神話の終わり移行期的混乱―経済成長神話の終わり
平川 克美

by G-Tools
サインもらった!

<関連>
第50回 「移行期的混乱」とは何か?(平川克美さん編)|本屋さんと私|平日開店ミシマガジン
移行期的混乱 (内田樹の研究室)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://esk.blog9.fc2.com/tb.php/1008-9afccefc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。