わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■最近読んだ本たち。「沈む日本を愛せますか?」は気にながらも長らく読めなかった本なのですが、ちょうど内閣不信任案が否決されたくらいのときに読み終わり、個人的には絶好のタイミングでこの本を読めた!と思っておりますw あと、「裏切りの流儀ーあらゆることはバランスで成り立っている」の高田純次さん。適当男には、本当に「適当」だったら、なれないんだなぁ。
ジェンダーで学ぶ文化人類学ジェンダーで学ぶ文化人類学
田中 雅一 中谷 文美

by G-Tools
裏切りの流儀ーあらゆることはバランスで成り立っている裏切りの流儀ーあらゆることはバランスで成り立っている
高田 純次 茂木健一郎

by G-Tools
ピンチに勝てる脳ピンチに勝てる脳
茂木 健一郎

by G-Tools
脳がヨロコブ生き方 楽しめばすべてがうまく行く (超☆サプライズ)脳がヨロコブ生き方 楽しめばすべてがうまく行く (超☆サプライズ)
茂木 健一郎

by G-Tools
沈む日本を愛せますか?沈む日本を愛せますか?
内田 樹 高橋 源一郎

by G-Tools
ジェンダーで学ぶ文化人類学」の「女と女が結婚する?」で紹介されていたマンガ「ファンション・ファデ」、ぜひ読んでみたくなりました。最近読んでないなぁ、少女マンガ。今年の夏にがつっと行ってみようかしらん。
ファンション・ファデ(小学館文庫)ファンション・ファデ(小学館文庫)
名香 智子

by G-Tools

■村上春樹を英語で読破しようシリーズ。去年から初めてまだ3冊目。今回選んだのは「Sputnik Sweetheart(スプートニクの恋人)」。気になってたのは、すみれの書いた「文書1」「文書2」。果たして英語であの感じが出るんだろうか?と思っていたら、見事なまでに、まぎれもなく、すみれの文章でした。すごい。「すみれっぽさ」まで翻訳するなんて。
Sputnik SweetheartSputnik Sweetheart
Haruki Murakami

by G-Tools
というわけで、次は「South of the Border, West of the Sun(国境の南、太陽の西)」に進みます。すみれに匹敵するくらい大好きキャラ島本さん。キンドルで読みます!キンドル使用感とセットでまとめていこう。
South of the Border, West of the SunSouth of the Border, West of the Sun
Haruki Murakami

by G-Tools
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://esk.blog9.fc2.com/tb.php/1022-e3212c65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。