わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「schola 坂本龍一 音楽の学校」の「古典派」全4回をまとめ見。バッハ→ハイドン→モーツァルト→ベートーヴェンと駆け抜けました。生徒の学生さんたち今回もレベル高し。特に印象に残ったのはモーツァルトの回の「世の人は、モーツァルトは胎教に良い、なんて言うけどねぇ…僕はもう…この壊れた音楽を胎教に使いますかと言いたいんだよねぇ」という岡田先生のコメント。この「壊れた音楽」というお言葉を聞いてふと思い出したのが「西洋音楽史」の以下の箇所。「壊れた」というのは「奇跡」的な「統一」のこと、という理解で良いのでしょうか…?

 しかもこれほど互いに異なる主題を繰り出しながら、決して形式が瓦解しないのが、モーツァルトのすごいところだ。互いにここまで性格の違う無数の主題がこれほど自然に同居しているということが、どれほどの奇跡であるのか、聴き手がほとんど気づくことすらないほど、それほど自然に全体が統一されているのである。おそらく並の作曲家なら、万が一これらの楽想を思いついたとしても、それらをどう統一していいのか、どうにも収集がつかなくなっていたに違いない。だがモーツァルトはそれらを軽々と、ほとんどシンフォニックとすら呼びたくなるような、壮大な統一体へとまとめあげてみせる。

西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)
岡田 暁生

by G-Tools

■「誘惑論・実践篇」は「誘惑」に関するその興味深い内容に加えて、全編に漂う異様なまでの緊張感がすごかったです。「私は二〇五〇年の世界標準について話しているので、あなたには突飛に思えるかもしれませんね。」のあたりとかひやひやしました。「思想地図β vol.1」は(購入したときにはそれほど期待していなかった)後半部の「パターン・サイエンス」の特集がものすごくおもしろかったです。「思想地図β vol.2」も早く読まなきゃ。
誘惑論・実践篇誘惑論・実践篇
大浦 康介

by G-Tools
思想地図β vol.1思想地図β vol.1
東 浩紀 宇野 常寛 千葉 雅也 速水 健朗 北田 暁大 鈴木 謙介

by G-Tools

■「ミュージックポートレイト宮藤官九郎 x 向井秀徳の回、すっごく良かったです。最後の質問「人生の最後に聴きたい歌」はお2人の違いがニョジツに出ていて唸りました。ナンバーガールとグループ魂の裏話的な内容に、そうだったのか!と思うひとときも多かったです。
SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICTSCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT
NUMBER GIRL

by G-Tools

■古い映画ですが気になってて観ていなかったものがたまたま放送されていて。ショーン・ペンの演技というか醸しだす雰囲気が好きです。定期的に観たくなる感じ。
ミスティック・リバー [DVD]ミスティック・リバー

by G-Tools
ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]ヒトラー~最期の12日間

by G-Tools

■小林賢太郎テレビ、やっと見ました。「擬音侍 小野的兵衛」が最高過ぎて。ラストの五十音アナグラムもさすがでしたね。「思う壺」の「はさみは切るものであって、ピンセットの方が『はさみ』っぽい」は「ホコサキさん」でも披露されていたネタでしたが、「壷」の言い方で聞くとまたまた新たな味わいが。
ラーメンズ第14回公演『STUDY』 [DVD]ラーメンズ第14回公演『STUDY』

by G-Tools

■内容がかぶってこようが、ライトになろうが、やはりこの方の書いたものはおもしろいです。相変わらずものすごい出版スピードで、追いついても追いついてもまた離されますが…。
言葉で世界を変えよう 万葉集から現代俳句へ言葉で世界を変えよう 万葉集から現代俳句へ
茂木 健一郎 黛 まどか

by G-Tools
アウェー脳を磨け!~一歩踏み出せば脳は目覚める~アウェー脳を磨け!~一歩踏み出せば脳は目覚める~
茂木 健一郎 井上 智陽

by G-Tools
脳の王国脳の王国
茂木 健一郎

by G-Tools
脳がよろこぶ話 幸せを見つける五つの対話脳がよろこぶ話 幸せを見つける五つの対話
茂木健一郎

by G-Tools
熱帯の夢 (集英社新書ヴィジュアル版)熱帯の夢 (集英社新書ヴィジュアル版)
茂木 健一郎

by G-Tools
青春の翻訳法 (文明の星時間Ⅲ)青春の翻訳法 (文明の星時間Ⅲ)
茂木 健一郎

by G-Tools
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://esk.blog9.fc2.com/tb.php/1035-69b0f522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。