わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔書いた「最近の子どもたち、最近のサンタ・クロース」という短い短い作品です。ホントにいないかな、こんな子たちとこんなサンタ。メリークリスマス♪

 「僕の作った曲を聴いて下さい」。はぁ、またか。

 ここ最近になって、こういうタイプのお願いごとをする子どもたちが、とても増えてきたように思う。人が作ったものをもらって楽しむより、自分が作ったもので人を楽しませる。そんな風潮が子どもたちの間に、そしてさらには、サンタ・クロースにお願いするプレゼントの世界にまで、浸透し始めてきたのだ。

 他には「僕の書いた小説を読んで下さい」とか、「私の焼いたクッキーを味見して下さい」とか、要するに、「作品に対する感想」を子どもたちは求めているのだ。何もサンタ・クロースにそんなことを頼まなくたって、とも最初は思ったが、子どもの世界も大人の世界と同じく、「発信」する人が多すぎて、「受信」する人が足りないのだろう。さらには「受信」する人の中に、何か気の効いた感想を述べるだけの余裕がないのだろう。そこで、世界中の子どもたちの願いを、(あくまで建前上は)平等に叶えてあげるサンタ・クロースに「作品に対する感想」を求めることは、確かに必然的な流れであるようにも思える。

 しかし実際に困るのは、どういう返事をするかである。

 年に一度のクリスマス。私、サンタ・クロースとしても、その作品たち全てを褒めちぎってあげて、子どもたちみんなを良い気分にさせてあげたい。しかし、だ。「受信」より「発信」を求める最近の子どもたち。そういう表面的な褒め言葉など、むしろ嫌がるのではないだろうか。場合によっては正直に手厳しい批判を与えてやった方が良いのではないか。



 「コード進行が奇をてらいすぎていて、少々嫌味に聴こえます」
 「心理の描写はともかく、情景の描写にムラがあるように思います」
 「もう少し甘味を控えないと、一枚食べたらもう気分が悪くなるでしょう」

 結局私は、思ったことを率直に書くことにした。ただプレゼントを置いていくだけより、ずっと手間のかかる作業ではあったが、私は私なりに真剣にその作品たちに接し、そして感想を述べたつもりだ。うん、長い目で見れば、その方が良いに決まっている。何と言っても「『受信』より『発信』を求める最近の子どもたち」なのだから。



 しかし翌年、作品の感想を求める子どもたちの数は、サンタ・クロースの予想に反し、激減してしまった。やはりサンタ・クロースたるもの、子どもたちに夢を与える、希望を与える、やる気にさせる、そういう類の言葉を残しておくべきだったのだろうか。

 サンタ・クロースは少しばかり落ち込んだが、今年もなお、作品を枕もとに置き、その感想を求めてくる子どもたちのスキルは、昨年と比べて格段に上がっていた。そのことを確認すると、自分のやったことが間違いではなかったと、少しほっとした。

コメント
この記事へのコメント
No title
うちの息子にもこのサンタさんのように厳しい言葉をたくさんかけてあげればよかった…と思う今日この頃です。
夢ばかりでは生きていけないことが分かってない息子はいつ目が覚めるのでしょう。。。サンタさん万歳!
2011/12/25(日) 13:25 | URL | わかめ #7nSYnFCQ[ 編集]
そ、そんな…
息子さんはすごい才能お持ちだと思いますよ!でも業界そのものが今厳しいですものね…。私も小説がぜんぜんダメで夢から目が覚めてから、今に至ります(笑)。時間がたてば、才能が開花するか、それとも目が覚めるか…でもどちらにしても悪い方には行かないと思いますよ!待つとか見守ることって、本当に大変だと思いますが、わかめさんファイトです☆お母さんバンザイ!
2011/12/25(日) 17:25 | URL | kei_tamai #nOBq7Uuo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://esk.blog9.fc2.com/tb.php/1046-f1c0ee50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。