わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■5/21(月)の金環食(金環日食)、iPhoneで連写しておりましたら1枚その姿をキャッチしてくれました。ラッキーでした!
Owly Images

■金環食の前の週に出ました、週間読書人2012年5月18日号◇湯浅 誠・王寺賢太対談「日本社会の構造変革のために」、とても興味深く読みました。「最終的」という言葉がよく出ていたように思いますので、その付近のみ抜粋。時間軸のとらえ方の違いが(思想家と実践家で)とても出ているような気がしました。湯浅さんの「その間に何をやっていくか。積み重ねの問題であって、少しずつでも進めていくしかない」という言葉にも出ていると思うのですが、「最終的」な目標に必要な「時間(軸)」を小さなステップに輪切りにしていくプロセスは、「最終的」な目標の達成をむしろ遠ざけてしまうのでは、という危惧を、王寺先生の発言に読み取れるような気がしました。「積み重ね」、「都度都度の状況」の「事件化」、で「やっていくしかない」…「のか?」、と。とても切実な対立点かと思います。「貧困」問題に対する今後の動向、この対立を軸に追っていきたいと思いました。

王寺:…最終的には、野宿者なら野宿者の当事者と支援者の間の格差、非対称性を乗り越えることが問題になるんでしょう?
湯浅:実際にはなかなか超えられないんだけどね。
王寺:でも最終的にはそれが目標なんだと思う。

湯浅:…たとえば常用的な非正規でも、ダブルインカムで、望むならば子どもを大学まで通わせられる。そういう社会のあり方が最終的には望ましいものであり、それに向けて税制の組み換えも含めて考えていかなければならない。このことを実現するには一世代はかかる。その間に何をやっていくか。積み重ねの問題であって、少しずつでも進めていくしかない。

湯浅:…都度都度の状況が何をもたらすかっていうことだね。…そのことをどう事件化できるのかという方向でやっていくしかない。それとまったく別の問題設定をすることは、王寺たちの仕事であり、ぜひ我々にヒントを与えてもらいたい。
王寺:そうありたいと真剣に思ってるよ。

貧困待ったなし!――とっちらかりの10年間貧困待ったなし!――とっちらかりの10年間
自立生活サポートセンター・もやい

by G-Tools
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://esk.blog9.fc2.com/tb.php/1070-dd9cfbea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。