わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■何ともぜいたくなひとときを過ごしました♪普段の食事とのギャップに胃が驚いてそうです。
Owly Images
<関連>
京都嵐山 隠れ家旅館「旅亭嵐月」

■ぬぬっ先日の夜会の記事が…///
<関連>
『矛盾』や『あやうい均衡』が楽しいのはわかりましたが、草食系にはハードル高いっス…:人生はタイトロープ

■あれ、こんなに短いセリフでしたっけ…と思ったら英訳版ずいぶんカットされてるのですね(しかも結構重要な箇所が)!先日読んだ週間読書人2012年5月18日号◇湯浅 誠・王寺賢太対談「日本社会の構造変革のために」でのお2人の溝、と言いますか違いに関係するような気がしました。

"Yes, I suppose what I am saying does sound very general," said Malta Kano. "But after all, Mr. Okada, when one is speaking of the essence of things, it often happens that one can speak in generalities. Concrete things certainly do command attention, but they are often little more than trivia. Side trips. The more one tries to see into the distance, the more generalized things become."

「おっしゃるように、私の申し上げていることはたしかに一般論のように聞こえるでしょう」と加納マルタは言った。「しかし岡田様、ものごとの本質というものは、一般論でしか語れない場合がきわめて多いのです。それはご理解ください。私たちは占い師ではありませんし、予言者でもありません。私たちが語れるのはそのようなあくまで漠然としたことだけなのです。それは多くの場合わざわざ言うまでもない当たり前のことですし、ときには陳腐でさえあります。しかし正直に申し上げまして、そのようにしてしか私たちは前に進んでいけないのです。具体的なものごとはたしかに人目を引くでしょう。しかしそれらの大方は瑣末な事象にすぎないのです。それらは言わば不必要な寄り道のようなものです。遠くを見ようとつとめればつとめるほど、ものごとはどんどん一般化していくのです

The Wind-Up Bird Chronicle: A Novel (Vintage International)The Wind-Up Bird Chronicle
Haruki Murakami

by G-Tools
ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編ねじまき鳥クロニクル
村上 春樹

by G-Tools
<関連>
金環日食を自分のものにしようとしてカメラ向けた:人生はタイトロープ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://esk.blog9.fc2.com/tb.php/1076-350c631d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。