わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・「阪大元総長」というイメージより、高校時代によく読まされた「にっくき文章の人」というイメージの方が強いのでは(会場笑)。
・入試問題によく使われる文章、というのは「悪文(一回読んでわからない文)の見本」のようなものだから(会場笑)。
・京大への感謝は一言も言わない。去った理由も言わない。すべてスルーします。久々にくそまじめに話します。
・震災以来の2週間は忘れられない。総長だった頃。2週間後に卒業式を控えていた。何を話せばいいのか。
・東北大、宮城教育大学の被災情況。物資の支援。関西圏からは、京都大学に集めた。
・とにかく情報がない。放射能汚染の情報を専門の先生に聞く。が、意見がバラバラ。
・日本原子力工学会という学会はない。大変驚いた。類似した学会、社団法人のような学会はあるが、HPで見解を表明しない。
・「原発の設置」について住民に説明していた頃、住民とコミュニケーションできた専門家がいたはずなのに。
・専門家への過剰な信頼。震災後、過剰な不信。そして強力なリーダーが待望される。
・いい専門家とは?講演タイトルでもある「知性の公共的使用」ということ。
・何が今確実に言えて、何が言えないのか。何が既知で、何が未知なのか。
・意見が分かれることは構わない。が、ファーストオピニオン、セカンドオピニオン、サードオピニオンの仕組みすら、用意できていないのはまずい。
・学問の「美徳」=隣の「専門外」ですら口出ししないこと、だった。慎み。
・trans-science。
・例えば、0.01%の確立で爆発する、という統一見解を出せていたとしても、「ではどうするのか」という次の言ってについては誰も言えない。社会的な価値選択が必要とされるから。そしてそれは従来の学問の「美徳」に反することだから。
・先日亡くなった、私の掛かり付けの医者。「医者嫌いが医者に来る」のはおかしい(笑)。というような私という人間そのものを診る、ということをしてくれていた。
・美学・美術史の専門家だけでは、展覧会ひとつ開くことはできない。交渉・取引、そして何より来る人をわくわくさせる仕組み作り…これには他者にアンテナを張ることが必要になる。
・いい専門家とは?高度な知識?→NO、最後に責任を取ってくれる人?→NO、一緒に考えてくれる人!
・原子力については、文系の先生にも一緒に考えてほしかった。
・文系の先生は、高所から批判はするけれども、一生懸命に一緒に勉強して知ろうとする人がいない。
・知性を自分の利益のために使っていない(=「知性の公共的使用」)。
・逆の「私的使用」とは?自分の利益のために知性を使う人?→NO。カントはこう言う。特定の社会集団において、自らにあてがわれた役割に従って、知性を使うこと。これが知性の「私的使用」。
・特定の社会の「外で」知性を使うこと。それが「知性の公共的使用」。
・博士や上級公務員になれるようなgifted perdonは自分の元にgiftを据え置くのではない。
・「市民的知性」=誰も見通せない、専門としてトータルに語りえない問題に、他者とコラボレートする人(しっかりした価値の「遠近」を持っている人)。
・価値の遠近、とは。①なくしてはならないもの、②あったらいいけどなくしてもいいもの、③なくてもいいもの、④絶対にあってはならないもの、この違いからダイアローグは始まる。
・知性はパラレルに。専門的知性と、市民的知性を。
・大学は、ある程度大目に見てもらえる場、試行錯誤が許される場。前衛的な、どこもやっていない就業形態、教育法、評価法を試すこと。これはもはや大学のミッション。
・大学のresponsibility(=呼びかけにrespondできる用意がある)。
・アドボカシー。研究者は現場の代弁者になるべきで、中身と言葉をつないで「納得」をもたらす関係を気づく人。

質疑も含めて大変おもしろかったです!2番目に質問した方の内容がとてもよかったです。盆正月の休みを返上して毎日火口をチェックしている火山学者の話。「盆正月の休みを返上して毎日火口をチェックしている」火山学者だからこそ、市民の信頼を得た、というお話が鷲田先生からあったのですが、それに対して、それは「火山の専門的説明に『納得』したわけではないのではないか」と。鷲田先生の返答としては、それでも対話の可能性がそこにあるという点で、市民の信頼を得ている状態というのは好ましい、とのこと。確かに。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://esk.blog9.fc2.com/tb.php/1097-a454e848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。