わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■Tatsuru UCHIDA 先生 is one of the most favorite writers. But I've not read his recent works. I read some of these as below. いやー、ひさびさのウチダ節、堪能しました! Especially, 「うほほいシネクラブ」 is so excellent! His love & respect to 小津安二郎 is limitless. Two kind of books about 「祈り」もfull of interesting topics & sometimes funny.でした。
4166608266うほほいシネクラブ (文春新書)
内田 樹
文藝春秋 2011-10-19

by G-Tools
This is so impressive point in 「現代人の祈り―呪いと祝い」. The phrase 「人間がもっている過剰なエネルギーは、分配したり贈与したりしない限り、呪いとなる」 can explain the reason of what's happening around me recently. SO interested.

 思想家であり作家でもあるジョルジュ・バタイユが、『呪われた部分』という著作で「人間の生命力は過剰だ。だから分配するのだ」と、人間の生命力を基にして経済論を展開します。さらにバタイユは、「人間がもっている過剰なエネルギーは、分配したり贈与したりしない限り、呪いとなる」というようなことを語っています。
 よく人類学で語られる話ですが、食物が豊かで暮らしやすい森で暮らしているサルと、食物も少なく過酷な環境におかれたサルとに分かれ、後者のサルは必要にせまられて食物の分配や役割分担をするようになる、それが人間になったという説があります。実際、摂食の姿を公開したり、摂食を共にする(共食行為:宗教と密接な関係にある)のは人間だけだそうです。人間とDNAが九五%も同じである類人猿だって、そんなことはしないと聞きました。つまり、分配や贈与といった利他行為こそが、人間が人間たる所以であるということになります。

4904507592現代人の祈り―呪いと祝い
釈 徹宗 内田 樹 名越 康文
サンガ 2010-07-02

by G-Tools
4840143269原発と祈り 価値観再生道場 (ダ・ヴィンチブックス)
内田樹×名越康文×橋口いくよ
メディアファクトリー 2011-12-16

by G-Tools
4860521080どんどん沈む日本をそれでも愛せますか?
内田 樹 高橋 源一郎
ロッキングオン 2012-06

by G-Tools

■「バカリズム案」シリーズ見始めたのですが、absolutely amazingですね!His idea & way of thinking is always beyond my expectation(probably beyond all audience).まで見たのですが今までreleasedなのですね、can't wait to rent them.です!
B00326NFUGバカリズム案 [DVD]
アニプレックス 2012-05-26

by G-Tools
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://esk.blog9.fc2.com/tb.php/1151-971515d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。