わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■タイトル「こんな学校あったらいいな」って、ちょっと控えめなのでは…、というのが手に取ったときの最初の印象だったのですが、内容を拝読して、以下の引用にもありますように、「成果が長続き」するには力強い炎のようなメラメラギラギラした声ではなく、「こんな学校あったらいいな」というような小さいけれども、それでいて確かな、キャンドルのような、灯火のような声の方が「長続き」するのでは、そういう思いも込めて、こういうタイトルにされたのでは、と思いました。今年の夏に見ました箕面の滝のキャンドルロードの写真を貼り付けます。こんな感じで、小さく、そして確かな広がりと継続を、願って止みません。

 力による方法は、武力や軍事力によって問題を解決するもので、この場合は当然、力が強い方が勝ちますが、大きな犠牲を伴い、いつかは力の強いものが現れるので、成果は長続きしません。また、カリスマ的指導者や独裁者といった権威・権力によって物事が決められたり、裁かれたりする方法は、その指導者がいなくなると往々にして混乱が生じ、これもまた成果が長続きしないのです。

4806714682こんな学校あったらいいな: 小さな学校の大きな挑戦
辻 正矩 守安 あゆみ 中尾 有里 藤田 美保
築地書館 2013-10-28

by G-Tools
Owly Images Owly Images
箕面こどもの森学園で実際に行われている教育について紹介されている第1章、第2章もとても印象的でしたが、個人的には、箕面こどもの森学園を作ろう!と思い至った背景、個々人の思いが詰まった第3章がとてもずっしり来ました。特に(個人的によく知っている方の)以下の台詞。自分の心で感じないようにし、また、自分の頭で考えないようにする教育への対抗心が剥き出しで、それが何ともその人のキャラにぴったりで(笑)、読んでて胸が熱くなると同時に、思わず吹き出してしまいました。

「周りの大人がいつも正しいとは限らないで。間違えていることだってあると思う。大切なことは、自分の心で感じて自分の頭で考えることやと思う


■箕面こどもの森学園の挑戦はとてもuniqueだと思いますが、一方で、universalを感じました。glee season3で印象的だったRachelの言葉を、思わず重ねあわせました。

In a sea full of kids who are just desperately clinging to their own kind...we're different. We took the time to get out to know each other and reach out and accept one another. That's our unique factor.

B008YBD69Oglee/グリー シーズン3 DVDコレクターズBOX
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2012-11-02

by G-Tools
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://esk.blog9.fc2.com/tb.php/1156-d4d2c605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。