わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■先月も参加させてもらった教育カフェマラソン。僭越ながら私が当日の記録を書かせていただきました。とても素敵なひとときでした。
<関連>
第15回教育カフェ・マラソン 話題提供者 永橋爲介さん(12/13)
環境的自叙伝, クレア・クーパー・マーカス(著)、永橋爲介(訳), 立命館大学産業社会論集

■「ものすごく深いコミュニケーションギャップがある。しかし、向こうはそのギャップを認識してもいない」という高橋源一郎さんの指摘や、以下の東浩紀さんの指摘を読み、年末にたまたま再放送していた「白い巨塔」を見て、昨年文系の研究所から理系の研究所に職場を変えてずっと胸に引っかかっていたことは、まさにこの「コミュニケーションギャップ」なのだなぁと痛感した今日この頃です。

 だから、僕たちはいまこそ言葉の機能について考え直さなければならない。そして、話が通じないときに、それに気づく感性だとか、話をすり合わせていく技術とか、発言が誤解されたときに、そもそも誤解自体が言葉の機能のひとつだと理解し鷹揚に構えるとか、そういうことはすべて文学の問題なんですよね。文学が教えなければ誰も教えない。ところが今回の事件では、行政官もエンジニアも「私は正しいことを言いました」「誤解しているみなさんがバカです」と言うばかり。文学的素養がなさすぎる。文学なんて役に立たないと人は言いがちですが、僕は逆に、一連の騒動を見ていて、日本人はいまかなり実利的に文学を必要とする局面に来ているのではないかと思いました。

499052439X震災ニッポンはどこへいく 東浩紀対談集:ニコ生思想地図コンプリート
東 浩紀 猪瀬 直樹 川上 量生 津田 大介 高橋 源一郎 國分 功一郎 宇川 直宏 八代 嘉美 竹熊 健太郎 鈴木 寛 菊池 誠 濱野 智史 和合 亮一 市川 真人 境 真良
ゲンロン 2013-02-01

by G-Tools

「あたしたちがおこした裁判なのに、お医者さんたちが出てきて、難しいことばっかり言って。当のあたしたちにはさっぱりわけわかんなくて。
「親父が生きてたら怒鳴っているよ、きっと。『わしに、わかるように言え』って。

B0000SYA94白い巨塔 DVD-BOX 第一部
山崎豊子
ポニーキャニオン 2004-03-03

by G-Tools
B0001KNIB2白い巨塔 DVD-BOX 第二部
山崎豊子
ポニーキャニオン 2004-05-19

by G-Tools
<関連>
イチロー(2013年12月16日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://esk.blog9.fc2.com/tb.php/1163-107b1fcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。