わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/21(金)、第18回教育カフェ・マラソンの話題提供者はSIO(Social Inovation Osaka)ネットワーク代表の施治安さん。施さんは1954年生まれの華僑3世。永住権あるが、日本国籍なし。少年時代はとにかく「自信がない・気が弱い・主張できない」、「コミュニティをつなぐ、ネットワークが社会を変える」がモットーのSIOとは真逆で大変驚きました。

印象的だったのが、突然クラスメイトが本名宣言(豊川くん→任くん)したことが大きな「転機」になったというエピソード。アイデンティティを求めて「自分探し」、「社会意識」も抱くように。マルクス経済学や東洋哲学もずいぶん勉強されたとのこと。

「社会企業家」を意識するようになるきっかけの本「チェンジメーカー」に衝撃!
チェンジメーカー~社会起業家が世の中を変えるチェンジメーカー~社会起業家が世の中を変える
渡邊 奈々

by G-Tools
社会企業家(=ソーシャルイノベーションを起こす人)とは、龍馬のようなイメージ。1.共感力(=「人たらし力」という表現が印象的でした)、2.プロデュース力、を元に、(魚を与える→魚の獲り方を教える→という段階を突き抜けて)「在り方そのものを変革する」人。

さらには「混在した企業家をつなぐ」、組織×組織をつなぐだけではダメで、「個人×個人」をつなぐ。1.自立型、2.オープンな巻き込み力・開放的コミュニケーション・周りが手伝いたくなる、3.GIVE型・発信型、なタイプ。依存するのではなく、主体性を発揮し、イベント、コラボ場所を(SNSを通じて)作り出していく。次々と施さんの「社会企業家」像が語られます。

お話を伺っていてふと気になったのが「ボンド」と「ブリッジ」。施さんの「社会企業家」像はまさに「ブリッジ」の人である一方で、どうして施さん自身は(日本的な)「ボンド」から自由でいられたのか…施さんが華僑3世であることと無関係ではない気がしますが、いずれにせよ、これまでの教育カフェ・マラソンの話題提供者の皆さまにも通じる、「ブリッジ」な感じ(繰り返しますがその一方で「ボンド」から自由な感じ)って、どうやったら身に着くのだろう、と改めて疑問に思いました。

 『孤独なボウリング』で有名なロバート・パットナムに「ボンド」と「ブリッジ」という概念があります※。これらの概念を用いて若年労働の研究をされている樋口明彦さん(法政大学社会学部准教授)によれば、日本社会は、ある集団への所属やメンバーシップで規定される「ボンド」という濃密な概念が強すぎて、人を集団外の誰かにつなげていく「ブリッジ」という緩い社会関係が弱いというんです。だから「ボンド」型の関係のなかで居場所を失って弾き飛ばされれば、所属する場所をなくし、孤立無援になってしまう。

※社会内部の人間関係や信頼の協同を活発化し社会の効率性を高める資本とみなして「社会関係資本」という概念を導入した政治学者ロバート・パットナム(一九四〇年生まれ。ハーバード大学公共政策学教授)は、人間関係資本を「ボンド」(絆・結合)型と「ブリッジ」(橋渡し)型に分類する。前者は同質的な集団内部に見られる濃密で強固な人間関係であるのに対し、後者は異質な集団の人間関係を弱く結びつけるような(多くはインフォーマルな)関係であり、広く集団横断的ネットワークをつくりだす。

格差社会という不幸(神保・宮台マル激トーク・オン・デマンドVII)格差社会という不幸(神保・宮台マル激トーク・オン・デマンドVII)
宮台真司 神保哲生

by G-Tools
孤独なボウリング―米国コミュニティの崩壊と再生孤独なボウリング―米国コミュニティの崩壊と再生
ロバート・D. パットナム Robert D. Putnam

by G-Tools
熟議のテーマは「Diversity社会とは何か?」「Diversity社会はどのように形成されるか?」大変難しいテーマでしたが、「Diversity(多様性)社会」は「画一社会」の「否定」ではない、ということ、「Diversity(多様性)社会」の構成員としてふさわしいのは必ずしも「社会企業家」のような人ではない、ということがわかっただけ、大変有意義なひとときでした。
<参考>
第18回教育カフェマラソン 話題提供者 施治安さん
箕面こどもの森学園
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://esk.blog9.fc2.com/tb.php/1181-91ddc7e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。