わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■今日、“いわゆる”「仕事ができる人」と話す機会があったのですが、この手の人は往々にして「あなたが知らなくて私が知っていることには絶対的と言って良いほどの価値があるが、私が知らなくてあなたが知っていることなどクソほどの価値もない」的な姿勢でずんずんと押してくるので、こちらとしては「こいつの首根っこをちょん切り、その生首を使って数十回ほどリフティングした後、ゴール目掛けて思い切りシュートかまし、ひゅーっと蹴り飛ばされたその生首がやがてゴールポストの角っこに当たってパーンと破裂してくれないかな♪るんるん♪」的なことを悶々と想像することで(あくまで精神的に)対抗していないと、とてもじゃないけど平静を保ったまま話を進ませることができないため、えっと、結局、何だ、あー、ヒジョーに疲れました(- -;。でももう少し平和的な想像で平静さを保たないとなぁーとちとだけ反省。

■ここ最近とうとうボケてきたのか、電話で相手に「私が誰」で「用件は何か」を言うのがなかなか難しくなってきました(- -;。必ず「誰だっけ」「何だっけ」みたいなワン・クッションが必要になってきてしまい(汗)。うーん何だろうこの希薄ぅーな感じ。
コメント
この記事へのコメント
啓介さんこんにちは。、BONZOでございます。
どうぞよろしくお願いいたします。

ちょっとひっかかったことが…。

「こいつの首根っこをちょん切り……

早く楽にさせすぎです(笑)。とりあえず至近距離30cm以内から膝のお皿へ弾丸をぶち込み、そやつがこの世とお別れする時間を作りたいのですが。

いたいぞ~ひっひっひっひ。。。
(すみません、わたしも疲れ気味で…)
2005/12/07(水) 16:03 | URL | BONZO #FmnN0B9E[ 編集]
BONZOさん、こんにちは!こちらこそよろしくお願いしますです(^^;。

ひ、膝のお皿&この世とお別れする時間… ̄|_|......○ コロコロコロ
昔「北斗の拳」でラオウが「すぐに殺してはおれの恐怖は伝わらん…だが(限られた)命を与えられた者はその間、死の恐怖におびえ、嘆き、そして悲しみぬくのだ!」…なんて言ってましたがそれをホーフツさせますです( ̄▽ ̄|||)。

ぜひ今度はBONZOさん直伝「お皿」妄想で乗り切りたいと思います♪ひっひっひっひ♪
2005/12/07(水) 17:21 | URL | 啓介 #6OcbfI92[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。