わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOT MENU」の選曲、とうとう出ましたね。内容についてはあるとさんと全く同感ですヽ( ´~`)丿。うーん「SUPER DONUTS」「FACE TO FACESECRET FACE」的な作品(=リミックス・別バージョンあり、新曲あり、レアトラックあり)を作る、という方針でのベスト盤作りはもうありえないのでしょうか_| ̄|○ 数倍の制作期間(←コレが一番難しいんでしょうけど)、数倍の価格でもそちらの方が売れるのではーなんて思ったりします。もしテイチクにマーケット・リサーチ依頼されたら(←ありえないですけど)絶対にその方向で報告書書くと思います…ってちと大げさですねΣ( ̄◇ ̄|||。
「HOT MENU」曲目決定!;Lost and Found
STARDUST REVUE - IMPERIAL RECORDS
SUPER DONUTSSUPER DONUTS
スターダスト・レビュー

by G-Tools
FACE TO FACEFACE TO FACE
スターダスト・レビュー

by G-Tools
SECRET FACESECRET FACE
スターダスト・レビュー

by G-Tools
上に書いたような条件(=リミックス・別バージョンあり、新曲あり、レアトラックあり)なら、「STARS」も挙げられそうなのですが、このアルバムに関しては少々思うところがあります。そもそも「HOT MENU」のリリースが決まってから、各所で繰り広げられてたベスト盤談義の中で、とっても違和感を感じた、と言いますか個人的に不思議だったのが、「STARS」の人気って結構高いんだなーっていうことでした(ちなみに僕の中では「SUPER DONUTS」がダントツに好きなベスト盤で、それに次いで「FACE TO FACESECRET FACE」っていう感じです)。以前にも書いたかもしれないですが、僕は「STARS」っていうアルバムがどうも好きになれなかったんです。理由はやはり、要さんも「STARS(※ここでは特にソワレ)」のブックレットで「良しとしなかった」と言っている「テンション」の問題です。昔にも確か、10周年記念あたりのラジオ出演でネタにしていた「要さんは【エンタテナー】/三谷さんは【アーティスト】」問題でも似たようなことを言ってたように思います。
STARSSTARS
スターダスト・レビュー

by G-Tools
番組では、

【エンタテナー】=目の前に客がいないとテンションを上げられない
【アーティスト】=目の前に客がいなくてもテンションを上げられる

…っていう違いの話をされていたような気がします。そんな違いがある中で、(それはもう生粋の)【エンタテナー】(=目の前に客がいないとテンションを上げられない)である要さんが「STARS」のような「スタジオ・ライブ」でその力を発揮するのは、ちょっと無理があるかなぁと思ったんです。そして案の定、(あくまで僕の中では)「STARS」で録り直されていたテイクは今一つピンと来ませんでした。光田さんが言ってた「聴くライブ・アルバム」っていうのは、スタレビの場合、中途半端に終わっちゃうなぁと強く思ったものです。その一方で昨年発売されたesq「Sometimes Happy」収録の「UKI UKI Midnight」を聴いて、「こ、これがスタジオ録音のテンションか!?」と改めて三谷さんの【アーティスト】(=目の前に客がいなくてもテンションを上げられる)性を再認識したのです。「STARS」っぽいアルバム(=聴くライブ盤)なら、三谷さんの方が向いているでしょうねー(来月発売のライブ盤もかなり楽しみですが)。

…話を「HOT MENU」に戻します(^^;。

HOT MENU」には「NO BALLADS」等のライブ盤からも何曲か入ってるみたいなんですが、他のスタジオ・レコーディングの曲と混じるとどうなんだろう、これまた中途半端なんじゃないか、なんてのも思ったりします。「ライブの魅力も伝えたい」のなら、布袋さんのベスト盤みたく、ライブDVDをどーんと付けちゃった方が良かったと思います(スタレビなら「Heaven」みたいな形(=ライブDVD付き)もあったことですし)。と言いますか、¥4,800円ですか、布袋さんのベスト。でもさっきも書きましたが、スタレビも内容次第では(布袋さんのようにセルフ・カバー+DVD×2、みたいな)、ファンはこれくらい(いやそれ以上)払うんじゃないかなーと思います。今回(たぶん)ターゲットの新規ファンにしても、歴史あるバンドだし買っちゃうと思うんです。スタレビのライブに初めて来てその帰りにロビーで全アルバム大人買い、みたいなウワサ、しょっちゅう聞くじゃないですか。うーん、やっぱし新規ファン発掘に慎重になりすぎて低価格戦略を採らない方が良かったんじゃないか…なんて僕が言ってもどうしようもないですけど、そう思っちゃいます。
ALL TIME SUPER BEST(DELUX EDITION)ALL TIME SUPER BEST(DELUX EDITION)
布袋寅泰

by G-Tools
HeavenHeaven
スターダスト・レビュー

by G-Tools

最後に「HOT MENU」、2枚それぞれが「STARS」の「マチネ/ソワレ」のように、「White/Red」になったことについて。White=フレッシュ、Red=年代物、という区別らしいのですが、これまた中途半端な印象です。それなら(以前どなたかがおっしゃってたような気もするのですが)スタレビの二枚組案として、「THE ROCK SHOW」の前半・後半、あるいは92年のSTARTICツアー・FACE TO FACEツアーみたいに「大か/小か」(=ホール向けの楽曲/ライブハウス向けの楽曲)の区別とかの方が、二枚それぞれの役割がクリアになってイイんじゃないかなぁーと思います。その区別で2枚組DVDとかでも面白そうです。
THE ROCK SHOW TOUR’87-88THE ROCK SHOW TOUR’87-88
スターダスト・レビュー

by G-Tools

…とここまでいろいろ書いてきましたが、何のかんの言って「HOT MENU」も買うだろうし、ツアーに行くんだろうな、と思ったりしてます(^^;。
コメント
この記事へのコメント
ん~がっかり・・・ですね(T_T)
なんかもう「価格」メインなにおいがプンプンで。

自分のトコでも書こうかと思うのですが、
なんかもうすごいショックで(T.T)
今のところ考えがまとまらないですぅ。。。

めっちゃ期待してたのにさ。
2006/01/26(木) 00:52 | URL | はるか #7DYF7QtI[ 編集]
>啓介さん
こちらこそ、啓介さんの熱いご意見に賛成賛成!!
選曲はしなかったけれど(票が多そうだったから、という理由で)『夢伝説』が入って嬉しい!と思いきや「Stars」ver.ですから・・・。
できるならオリジナルの「To You~」から、あのコーラス付きのものを採用して欲しかったと思うんです。
はるかさんのおっしゃるように、価格のことも大きいのでしょうね。でも、「記念アルバム」ってそれなりの音源だったら「記念に」「ご祝儀代わりに(笑)」高くても買いたいのがFAN心理だと思うんです。
はっきり言って(自分とこでも書いたけど)ボーナストラック1曲に2500円払うような記念アルバムって、出す意味ありますか?同じ内容のクリップ集をDVDで、というならまだ納得します(笑)。

これまでのライブのMCをまとめたMC集とかでも良いわ(爆笑)。←結構欲しい^^

テイチクへ移籍するに当たって、「話題性のあるBEST的なアルバムを早急に発売する」ってのも契約条件だったんじゃないのかな?と内心思っていますが・・・。

ここだから書いてしまいますが、アーティストの体質の「温度差」は理解できるんですが、どうしてか、昔からStardust☆RevueはFANとの温度差が気になりますね。FANの声が本当にメンバー、スタッフに届いているのかって。
今の三谷さんのポジションは、FANからかなり近いものがあると思いますし、要望に応え易いのだと思います。だからこそ、esqのライブアルバムや収録曲に嬉しいと思うし、発売を待ち焦がれる気持ちがあるんですよね。

「Stars」は初心者向けのアルバムには最適と思うんですよ。私も結構好きな方ですが、はっきり言って、今のStardust☆Revueの音とは絶対に違うと思います。
以前啓介さんが書かれていたように、私も三谷さんがメンバーだった頃にFANとなり、今でも三谷さんが在籍していた時点の曲はその頃の音源を「オリジナル」と思っています。
また逆にesq単独でStardust☆Revue時代の曲をやって、それがあまりに、要さんが歌ったものとイメェジが違ったとしても、「三谷さんのもの、これがオリジナルなんだ!」と受け入れてしまえる魅力がありますしね(時に例外もありますが)。
例えば、esqの「Baby,It's You」では(私はこれが聴きたかったんだ~!)と泣けましたが「SingleNight」は(やっぱり要さんかな)とかね・笑)。
勝手な事たくさん語ってしまいました。
TBありがとうございます!
2006/01/26(木) 08:41 | URL | あると♪ #Tu5kmyeo[ 編集]
『「価格」メインなにおい』、うーんホントですよね…友だちに薦めるために、MDにじゃんじゃん入れてタダであげてる人も多いというのにー。はるかさんみたいに「めっちゃ期待」を裏切られて、「すごいショック」な方、他にもいらっしゃるんでしょうね…(- -;。

あるとさん、「ボーナストラック1曲=2500円」!うーん、こう見るともーのすごい高いですねー(☆。☆;。イエスみたいに組曲ってことはない…でしょう…ね…(泣)。

ライブMCDはBOXセットとかになりそうです…でも売れそう(笑)。さだまさしさんのMCDに追いつけ&追い越せーですね(^^;。

何かリアルな話ですが、「契約条件」ってのはアタリのような気がします。それに「温度差」…スタレビは会報とか遠足等のイベントとか、結構ファンの声に近付きたい感じだと思うんですけどねーどうなんでしょう。三谷さんはああいうポジションで音楽がやりたいからメジャーから抜けちゃったんでしょうね。そのおかげもあってアルバム注文するたびにいつも激しく要望書かせて頂いてます(笑)。

『「Stars」は初心者向けのアルバムには最適ですが、今のStardust☆Revueの音とは絶対に違う』…なるほどです。確かに歴史長いですから、どれが「オリジナル」か、ファンの間でズレが出てきちゃってるとこはあるかもしれないですね。あ、ちなみに僕、esqの「Baby, its you」にまだ出会えてないのです…このブログのタイトルのヒントになった「恋はタイトロープ」にも…えーい今年こそは!
2006/01/26(木) 19:36 | URL | 啓介 #6OcbfI92[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。