わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウチダ先生茂木健一郎さんがそれぞれ、イギリスの特質を「機能主義」「エコノミー」とご指摘。こういうアングロサクソン的な振る舞い&考え方には僕もとても憧れが強く、何とかそっち方向へ持って行きたいなと思うのですが、なかなか体は言うことを聞いてくれず(- -;。
原理主義と機能主義;内田樹の研究室
 「これこれでなきゃダメ」というのが原理主義である。

 「使えるものがこれしかないなら、これで何とか折り合いをつけよう」というのが機能主義である。手持ちの限られた材料と手段で最高のパフォーマンスを達成するにはどうしたらいいのかということに知的リソースを集中できるのが機能主義者である。
知に働けば蔵が建つ知に働けば蔵が建つ
内田 樹

by G-Tools

師匠と恩人;クオリア日記
 日本的な会話というのは、たとえわかりきった話でも、それを敢えて言うことでお互いの共感を高めたり、相づちを打ったりすることがある。
 一方、イギリスではできるだけ「エコノミー」でいくという美意識がある。暗黙のうちにわかっていることは前提とした上で、その先にある何かをできるだけ言おうとするのだ。
プロセス・アイプロセス・アイ
茂木 健一郎

by G-Tools
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。