わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐藤竹善さんがブログで頻繁にお気に入り音楽の紹介を♪アーティストの方がネットで情報を発信される上で重宝するのがやはりその「リコメンド力(←ぢから)」♪以前ウチダ先生もおっしゃっていましたが、アーティスト(※ウチダ先生は「専門家」の文脈でおっしゃっていましたが、僕は「アーティスト」にも当てはまることだと思います)にとって「創造」と同じくらい、「紹介」は大事なお仕事だと思うのです(注)。
献本御礼ならびに「学び」について;内田樹の研究室
 翻訳というのはアカデミズムの世界では相対的に評価の低い仕事で、学界的な査定基準では、10年かかって仕上げた1000頁の翻訳よりも一月で書き上げた10頁のペーパーの方が評価ポイントが高い。
 でも、専門家しか(専門家でさえ)読まないようなペーパーを書いて評価ポイントを稼ぐことよりも、海外のすぐれた作家や思想家の業績を、誰でも読めるかたちで提供する仕事の方が、学問的な「贈り物」としてはずっと上質のものではないのだろうか。
街場のアメリカ論街場のアメリカ論
内田 樹

by G-Tools
注;アカデミズムにおける「翻訳」は、音楽においては「カバー」や「リミックス」に相当し、僕が書いた「紹介」は「書評」「レビュー」に相当するのではとご指摘頂きました。その通りであります。ここでは「翻訳」も「カバー」も「レビュー」も一括りで「紹介」として読んで頂けると幸いです。

竹善さんが紹介されるときの決め手は(24日の日記にあるように)「パンクも古典ジャズもおんなじ音楽として本気で楽しめる」、つまりジャンルの枠に囚われていない(又はジャンル分けに回収されない)音楽のように思います。既存ジャンルの壁を壊していく音楽に注目している竹善さんが次に(特にSLTで)何を作ろうとしてるのかにこそ「注目」でありますーヽ(´ー`)ノ。
24日の日記;佐藤竹善の「おくらの軍艦巻き」
Catching TalesCatching Tales
Jamie Cullum

by G-Tools
30日の日記;佐藤竹善の「おくらの軍艦巻き」
Sitting Around Keeping ScoreSitting Around Keeping Score
Spymob

by G-Tools
11日の日記;佐藤竹善の「おくらの軍艦巻き」
eastvieweastview
Monkey Majik

by G-Tools

三谷さんBBS等を通じてラウル・ミドントーマス・ドルビーの紹介をされるのも嬉しい限りです。
State of MindState of Mind
Raul Midon

by G-Tools
The Best of Thomas Dolby: RetrospectacleThe Best of Thomas Dolby: Retrospectacle
Thomas Dolby

by G-Tools

keitamai.com超短編小説綿菓子」を掲載しました。
綿菓子 - Wikipedia
英語では「cotton candy」なのですねー「そのまんま」であります(- -;。

■本日は来月ライブの練習でありました。全体的にはまとまってきてるのに、個人的には「あっちを引っ込めたらこっちが出る」状態です…「Step by step」で頑張りますー!
My Pride・your pride/Step by stepMy Pride, your pride/Step by step
スターダスト・レビュー

by G-Tools
素敵なチラシも作って頂いたので近々アップします(^^;。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。