わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日書いたエントリで取り上げた福岡伸一さんが茂木健一郎さんと対談したそうです。スゴイです。僕的には松紳級の組み合わせです。紙上ではなくナマで見てみたいですヽ(´ー`)ノ。
プリオンの話はもちろん;クオリア日記
日経サイエンス

 最近つくづく思うのは、専門性を突きつめる一方で、広い視野に経った総合性を志向しつづけなければならない、ということだ。
 特に、知性とは何か、生命の本質とは何かといった問いに対しては、ダーウィンが『種の起源』で行ったようなアウフヘーベンが必要となる。
 福岡さんも、分子生物学が分子レベルでの精緻な記述をすることを是としつつ、一方では「生命とは何か」という大きな構えでの問いも忘れてはいけない、というお立場。
 結局、できることは、常に全体性を志向しつつ、かといって安易な概念に飛んでしまうことではなく、目の前の具体的な問題に取り組んでいくことでしょう、と福岡さん。


…うーむ、さらっとおっしゃられてますが、概念的な「全体」を志向しつつ、具体的な「部分」に取り組むっていうのは、それはもう例えてみれば、とてつもなく危険な綱渡りのようなもので、ちょっと気を抜けば「全体」か「部分」かいずれかの方にまっさかさまーみたいなものかと思います(- -;。

そう言えば以前、こんなエントリも↓綱渡りを続けるには「ドーバー海峡」に沈む覚悟が必要なのですヽ( ´~`)丿。
他者としてのフランス現代思想;クオリア日記

 この複雑怪奇な現代世界では、複眼的な思想が必要だ。
 no nonsenseで世界を平面的にしか見れない人に対しては、「君、少しフランス思想を服用したまえ」と言いたいし、フランス思想にかぶれてぐちゃぐちゃな人には、「君、もう少しプラクティカルになりたまえ」と言いたい。
 いっしょにドーバー海峡の真ん中あたりに沈みましょう


■今日こそ「HOT MENU」をゲットするぞーとお店に行き、手にとって表と裏をじっと見て…やっぱし棚に戻すっていうのをおそらく三回くらいは確実にやってます(- -;。何でだろう。
HOT MENUHOT MENU
STARDUST REVUE

by G-Tools
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。