わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■あー暑い。ムシ暑い。まさに「アツアツ亜熱帯」(- -;。
20th Anniversary live “The HEARTS”赤道小町ドキッ;20th Anniversary live “The HEARTS”
山下久美子

by G-Tools

オーシャン・エトワールライブ Vol.4 ~With The Band~のライブレポ下書きー。
・「ふたりバージョン」の方で、「いのちのこたえ」か「Find My Way」のどっちかは演奏すると思ってました。
・バンド練習の休憩中に、オー・エトのお二人が「ふたりバージョン」の演奏曲目か何かをMDを聴きながら打ち合わせしている時に、確か「午後のロマンス」が聴こえてきて「ぬぉおっ!」と思ったのですが、結局演奏されなかったのが残念でした。
留実さんって立ち位置とかマイクスタンドの位置とか、その他もろもろに悩む時って、実ぅーに粘り強く考える時と、「ま、いいか、どっちでも」とズバッと切り捨てる時の落差がとてつもなく激しく、かなり笑わせて頂きました。いやー、あの落差はスゴイですよ、ホントに。
・落差で思い出しましたが、ドコドコドラム叩いて、休憩に入ったらパッと読書モードに切り替わるBONZOさんもまたスゴかったス。
・「時の隙間」のあの雰囲気にちょっとずつ近づきつつある時、ひょっとしたら「Love, peace & love」みたいな曲も再現できたりするんじゃないだろうか、なんて調子にのって思っちゃったりしました。
・「時の隙間」つながりでもうひとつ。この曲の最後に赤星さんとゆめりんさんで、ギターとピアノのソロバトルっぽい箇所があるのですが、これまた調子にのって練習中に(一回だけ)ベースもアドリブで参戦してみたのですが、お二人とあまりにもレベルが違いすぎて、それ以来はバッキングに徹するようにしたのでした。
ゆめりんさん’sピアノソロコーナーで頭を過ぎっていた一節。

それからレイコさんはギター用に編曲されたラヴェルの『死せる王女のためのパヴァーヌ』とドビッシ-の『月の光』を丁寧に綺麗に弾いた。「この二曲は直子が死んだあとでマスターしたのよ」とレイコさんは言った。「あの子の音楽の好みは最後までセンチメンタリズムという地平をはなれなかったわね。」

ノルウェイの森(下)ノルウェイの森(下)
村上 春樹

by G-Tools
・僕のMCのとき、「ヒゲダンス」を演奏しちゃってもよかったんじゃないかと、今でもちょっと頭をかすめてたりなんかしてー。
・ベーシスト的にヒジョーにオイシイ選曲でありました↓
1.トワイライト・アヴェニュー
2.時の隙間
3.この胸で泣けばいい
4.素敵なたくらみ
EC1.涙
・「この胸で泣けばいい」はゆめりんさんのピアノから始まるのですが、本番で「あ、私か」とイントロの入りを忘れた(ように見せた?)時、「STARS」や「100曲ライブ」のDVDで観られる「天使の誘惑」演奏前の要さんを思わせました。果たしてあれは狙ったのでしょうか。うーん。
・などなど…。
コメント
この記事へのコメント
いやぁ~~どうもぉ~
啓介さん
楽しいライブレポを載せていただきまして、ありがとうございますm(__)m
これが「下書き」という事は更なる凄いレポを「たくらんで」いらっしゃるのではないか?とヒヤヒヤもんです。^^;蒸し暑いのがさ~っと涼しくなった瞬間。でもでもさすがに啓介さん細かいチェック入ってますね。素晴らしいです。
今回ボツになっちゃった曲を次回でできたらいいなぁと思いました。(新曲含めて・・・)
そして啓介さんのベースソロやアドリブなども次回は聴けるとよいなぁと思っています。
2006/06/25(日) 16:40 | URL | ゆめりん #brXp5Gdo[ 編集]
と、とんでも
ないです…ただ思いつくままに書いただけで…(^^;。でもこうして書いてると芋づる式にどんどん思い出されますです。あ、「午後の…」とあと一曲、「今夜もハートエイク」も聴こえてましたよね!「だけきっと」と合わせて「ダブル今夜」になってたかもだったのですね…こちらも聴きたかったです。

そ、ソロやアドリブ…で、できるように頑張ります…でも今回も「涙」のソロとかオイシイ箇所頂けて嬉しかったですーヽ(´ー`)ノ。
2006/06/26(月) 22:27 | URL | 啓介 #6OcbfI92[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。