わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■「とんでもない能力」は当然持ってないし、「適当にやっておく」こともできない僕が言うのも何ですけど、もうちょっとユーズ―きかせてくれてもいいじゃないかよ、と途方に暮れまくった2007年1月下旬でした(- -;。

 あいつ(=PC)は確かにある意味ではとんでもない能力を持っているが、基本的に訓練によってより賢くなったりはしない。また、未経験の事態に対処してその潜在能力を開花させるなんてことはまるでできない。
 であるから、コンピュータにきちんとした仕事をさせるためには、あらかじめ仕事の範囲を確定し、彼に何ができて何ができないかを把握した上で、明確な指示を出しておく必要があるのである。
 「適当にやっておけ」
 式の命令は通用しないのである。

パソコンは猿仕事パソコンは猿仕事
小田嶋 隆

by G-Tools

■ズバリメチャクチャ楽しみです。ものすごーく久し振りに劇場で映画を観てみようと思いました。ただ、今回の件で改めて、ホント改めて痛感したのは、松ちゃんのスゴさっていうのは、ご自身がしばしば発する「オレの笑いはわかる人にはわかる」っていうメッセージに対して、「俺(だけ)はその『わかる人』だぜ」「私(だけ)はその『わかる人』だわ」と反応するファンを、とてつもなく大量に生み出したことではないかと。この映画について話題に上るたびに、そしてこの映画について人々(=松ちゃんファン)が何かを語るのを聞くたびに、強くそう思いました。ま、ファンっていうものは往々にして、そういうものかもしれないのですが。
<関連>
松本人志 第1回監督作品「大日本人」
松本人志第1回監督作品『大日本人』 謎と爆笑の製作発表記者会見;cinemacafe.net
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。