わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■「ハケンの品格」の大前春子さんはどうやらサウザーっぽい経緯を経て「スーパー派遣」に行き着いたのでは、と前回の内容を見つつ。この「サウザーっぽい経緯」っていうのは、

こ…こんなに…
こんなに悲しいのなら苦しいのなら………
愛などいらぬ!!

サウザー (北斗の拳) - Wikipedia
北斗の拳 (6)北斗の拳 (6)
武論尊 原 哲夫

by G-Tools
…っていうセリフに象徴されるような、「誰よりも愛深きゆえに愛を捨てる」っていうなかなかに切ない経緯のことで、確か実写版の「火垂るの墓」で、アニメ版では描かれなかった叔母・久子(←松嶋菜々子さんの演技が見事でした)の過去も「サウザーっぽい経緯」があったことが描かれていました(こちらは松嶋菜々子さんが雨の中を疾走するっていう描写のみでしたが、そこにセリフを加えるとなると、上に書いたサウザーの叫び(=こ…こんなに…こんなに悲しいのなら…)になると思ったのです)。
終戦六十年スペシャルドラマ 火垂るの墓終戦六十年スペシャルドラマ 火垂るの墓
野坂昭如 松嶋菜々子 石田法嗣

by G-Tools
自分にとって不都合な感情が芽生えるのなら、思い切ってその原因となるを根を絶やしちしまおう、っていうのって、多かれ少なかれ誰でも持ったことのある考え方だと思うのです。サウザーが愛を捨てた経緯はケンとの決戦の最中で描かれるのですが(注)、果たして大前春子さんの過去はどのように描かれるのでしょうか(ちょこちょこと出てきてはいるのですが)。楽しみです。サウザー越えは難しいでしょうけど(笑)、それ級の何かは来るんじゃないかな、と思ってたりしてます。

(注)以下のウィキペディアの記述には思わず吹き出しましたが(笑)。

2006年の劇場作品「真救世主伝説北斗の拳 ラオウ殉愛の章」はサウザー対ケンシロウのエピソードを中心に映画化したものだが、本作においてはオウガイとの悲しい離別の過去を含めたサウザーの「愛深き故に愛を拒んだ悲劇の男」という素性が綺麗に割愛されて純粋な極悪人として描かれ、ケンシロウが北斗有情猛翔破を使用する意味も失っており、本作のサウザー像についてはファン間でも意見が分かれた。


■…とは言え、大分前に今見てるドラマを挙げたのですが、その中でも「今週、妻が浮気します」が今一番楽しみ、と言いますか、のめり込み度が一番デカイです。ネットや書籍でオチ知っている人、絶対に教えないで下さいね(^^;。

keitamai.com超短編小説作業工程A(前編)」「作業工程A(中編)」を掲載しました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。