わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロフェッショナル 仕事の流儀 神谷整子;クオリア日記

 忘れられないのは、「子どもはお母さんが自分自身をあるがままに受け入れた時に生まれてくる」という神谷さんのお話です。
 子どもが生まれる時だけではなく、何かが創造される時は、常に、「自分自身を受け入れる」というステップが必要なのではないかと思い至りました。

コメント
この記事へのコメント
そうなんですね
勉強になりました。yahooからきました。コメントさせて頂きました。
2008/11/05(水) 00:55 | URL | sayaki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。