わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
122回新宿セミナー@Kinokuniya 文化系トークラジオLife出張企画「『ツナガリ』の現在"出会い過剰"の時代の希望」に行ってきましたー。仕事で40分も遅刻しましたー(泣)。

ネットやケータイを通じて「ツナガリ」を得られるようになった現在。

それは、かつて手を伸ばしても届かなかった「何か」に繋がる可能性を手に入れることであると同時に、そのツナガリの多さに、何が本当に繋がるべきものだったのかを見失う時代でもある。


以下感想箇条書きー↓

・(ケータイ、ネット等のインフラによる)ツナガリ過剰・出会い過剰ゆえに、本当にすべてを断ち切って自己と向き合う時間が1日30分も持てない、っていう鴻上尚史さんのご指摘にいたく共感。
・「独房カフェ」、本当に流行りそう。
・僕は人との「ツナガリ」において絶対に「佐々木敦さん」タイプだと思いました(「多様性の擁護」までの覚悟はないですが)。
・「(1週間前とか3日前とかではなく)今日飲みたい」っていうフラグを立てて、集まってくる人たちに「運命」を感じる、っていう話と、でもそれが何回も同じメンバーで集まっていると「運命」じゃなくなってくるっていう話が今日一番むむーっとなりました。
・個人的に斎藤哲也さんに一番お目にかかりたかったのですが、見つけることができませんでした…残念!
缶バッジ、思った以上にステキでした。明日からカバンにつけまーす。
Life最高!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。