わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひと段落ーと安心したら気が抜けてちょっぴり療養をと仕事をお休みー。

■今月頭くらいに放送されていたETV特集「吉本隆明 語る ~沈黙から芸術まで~」をじぃっくりと鑑賞。吉本さんに「世界を把握したい」欲求を喚起させた「戦後の空白」のお話、世界を把握するツールとしての「国富論」「資本論」のお話にむむむと唸っただけでなく、「自己表出」「沈黙」「幹と根」「無価値」…とご自身の造語を随所に含めつつも、わかりやすい平易な言葉で「芸術言語論」を伝えたい、という熱意がびしびしと伝わってきまして、それはもういたく感動しました。そして予定時間を大幅にオーバーして話し続ける吉本さんを止めに入る糸井さんに、

…半世紀に渡って…え…え…あ…頭の中で生んできた…あれだから…そう…そう簡単に…

…と頭をぽりぽりとかきながらはにかみ笑う最後のシーンに恥ずかしながら号泣。車椅子に座って登場し、最初はとても小さく見えた吉本さんでしたが、やっぱり「戦後思想の巨人」なのだなぁと。

■凛として時雨の1stと相対性理論の2ndがアマゾンから届きまして、切迫感と脱力感を往復しまくったのでありました。うーんどっちも最高。絶対にナマで観たい!
#4#4
凛として時雨

by G-Tools
ハイファイ新書ハイファイ新書
相対性理論

by G-Tools

■2/11(水)は今年一発目のライブー!頑張るぞー。でも年末から弾いてないぞー。また水ぶくれだー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。