わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オリガト・プラスティコVol.4「しとやかな獣」紀伊国屋ホールにて。ケラリーノ・サンドロビッチ氏の作品は「1980」しか観たことがなく、しかも舞台は初めてなので開演前からどきどき。
1980 [DVD]1980
ケラリーノ・サンドロビッチ

by G-Tools
紹介文に「呆れるにも程がある四人家族と、彼らを取り巻くクズ人間ども」の話とあったので、ある程度は予想していたものの、実際には予想をはるかに上回る「呆れるにも程がある四人家族と、彼らを取り巻くクズ人間ども」の話でありました。

登場人物達の、「(ヒトから)金を巻き上げること」(=悪)への「割り切り」感が、セリフに現れまくっておりまして、聞いていて不快・痛快・愉快の入り混じった、何とも言えないうにょうにょした気持ちがずーっと。そしてそんな「割り切り」の頂点にいるのが緒川たまきさん扮する「三谷幸枝」なのですが、彼女のそれはもう緻密な計算の「内部」にいる人たちに対しては、彼女はもう「無敵」なのですが、その「外部」にいる人は文字通り「計算外」「想定外」となってしまう…そしてその「外部」にいる人とは「小心者」だった…と思わせるラストを観て、ふと「振り返れば奴がいる」のラストを連想してしまいました。いずれにせよ、完璧な悪役ほど、不完全な(いやだからこそ破滅へと向かいがちな)小心者につぶされてしまう、というストーリーは結構好きだったりします。
振り返れば奴がいる DVD-BOX振り返れば奴がいる
織田裕二, 石黒賢, 千堂あきほ, 松下由樹

by G-Tools

映画版も観てみたいー。
しとやかな獣 [DVD]しとやかな獣
新藤兼人

by G-Tools
コメント
この記事へのコメント
ども☆
小6~中学時代
ケラのバンド
「有頂天」が大好きでした。

お芝居見たことないので
見てみたい。

2009/02/16(月) 09:14 | URL | babu #-[ 編集]
どもども☆
先週はお疲れ様でしたー&明後日はよろしくですー!

音楽もされてた方なんですよね…どんな音楽だったんだろう。ネットで聴けるかなぁ。
2009/02/20(金) 08:44 | URL | 啓介 #6OcbfI92[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。