わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安心社会から信頼社会へ」の話を、ネットオークション実験を通じて別の視点から、という印象。「安心…」のお話はとっても重要なトピックですし、何度繰り返されても…とも思っていたのですが、今回はちょっぴり飽きが(失礼!)。最後の方で、他人を信頼できるかどうかについて「顔面筋」で判断するテクノロジーについて紹介されていましたが、こういうのってどうなんでしょうね。
ネット評判社会 (NTT出版ライブラリーレゾナント057)ネット評判社会 (NTT出版ライブラリーレゾナント057)
山岸 俊男 吉開 範章

by G-Tools
安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)
山岸 俊男

by G-Tools

しかし彼はなぜか、かえるくんの言うことを-その内容がどれほど非現実的に響いたとしても-信用してもいいような気がした。かえるくんの顔つきやしゃべり方には、人の心に率直に届く正直なものがあった。信用金庫のいちばんタフな部署で働いてきた片桐には、そういうものを感じとる能力が、いわば第二の天性として備わっていた。

神の子どもたちはみな踊る神の子どもたちはみな踊る
村上 春樹

by G-Tools
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。