わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっぴりまとめ読みー。去年読めなかった茂木さん関係の本を読むのが目的だったのですが…茂木さん本出しすぎ!(どれもおもしろいですが)
女脳 ひらめきと勝負強さの秘密 (MouRaピース)女脳 ひらめきと勝負強さの秘密 (MouRaピース)
茂木 健一郎 矢内 理絵子

by G-Tools
日本辺境論 (新潮新書)日本辺境論 (新潮新書)
内田 樹

by G-Tools
毎月新聞毎月新聞
佐藤 雅彦

by G-Tools
化粧する脳 (集英社新書 486G)化粧する脳 (集英社新書 486G)
茂木 健一郎 恩蔵 絢子

by G-Tools
クオリア再構築 常識の壁を突き抜け、遡る5つの対論クオリア再構築 常識の壁を突き抜け、遡る5つの対論
茂木 健一郎 島田 雅彦

by G-Tools
ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!
梅田 望夫

by G-Tools
日本辺境論」、ものすごくおもしろかったです。うん、「とことん辺境で行こう」。

 私たちに世界標準の制定力がないのは、私たちが発信するメッセージに意味や有用性が不足しているからではありません。「保証人」を外部の上位者につい求めてしまうからです。外部に、「正しさ」を包括的に保証する誰かがいるというのは「弟子」の発想であり、「辺境人の」発想です。そして、それはもう私たちの血肉となっている。どうすることもできない。私はそう思っています。千五百年前からそうなんですから。ですから、私の書いていることは「日本人の悪口」ではありません。この欠点を何とかしろと言っているわけではありません。私が「他国との比較」をしているのは、「よそはこうだが、日本は違う。だから日本をよそに合わせて標準化しよう」という話をするためではありません。私は、こうなったらとことん辺境で行こうではないかというご提案をしたいのです。

梅田さんにとってシリコンバレーは「『正しさ』を包括的に保証する誰か」なのでしょうか…?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。