わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うおー2冊とも今の自分に響きすぎる、響きすぎるぞよぞよ。うん、確かに「リア充」への幻想に振り回されるのはまずいのですが、「現代社会の特徴を捉えるには、〈私〉という視点は欠かせない」という事実はもうどうしようもないのです…!
〈リア充〉幻想―真実があるということの思い込み〈リア充〉幻想―真実があるということの思い込み
仲正 昌樹

by G-Tools
〈私〉時代のデモクラシー (岩波新書)〈私〉時代のデモクラシー (岩波新書)
宇野 重規

by G-Tools

コンパクトなのにものすごい内容充実!なんか書店行くとTwitter本バブル感があるけどもう「Twitter社会論」と↓の2冊セット(しかも新書と文庫!)で十分では!
30分で達人になるツイッター (青春文庫)30分で達人になるツイッター (青春文庫)
津田 大介

by G-Tools
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。