わたり終えるか、転げ落ちるか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…で、いつも以上にインドアに過ごしました。外寒いし。

■人文書院から刊行されている「レクチャー第一次世界大戦を考える」シリーズ(全6冊・1/30現在4冊刊行済)がとてもおもしろいです。たまたま大澤真幸さんの「生きるための自由論」を一緒に読んでいて改めて思ったのですが、大澤さんが丹念に論じていた「ナショナリズム」や「自由」について(または「個(人)」や「理性」について)転換する、大きな契機として「第一次大戦」があったのでは、と思います。クラシック音楽にしても、徴兵制にしても、社会(国)と個(人)との関係において、大戦を契機に、ものすごく揺れ蠢いているのが感じられました。残り4冊の方も、じっくり読み味わいたいです。
「クラシック音楽」はいつ終わったのか?―音楽史における第一次世界大戦の前後 (レクチャー第一次世界大戦を考える)「クラシック音楽」はいつ終わったのか?―音楽史における第一次世界大戦の前後 (レクチャー第一次世界大戦を考える)
岡田 暁生

by G-Tools
徴兵制と良心的兵役拒否―イギリスの第一次世界大戦経験 (レクチャー第一次世界大戦を考える)徴兵制と良心的兵役拒否―イギリスの第一次世界大戦経験 (レクチャー第一次世界大戦を考える)
小関 隆

by G-Tools
生きるための自由論 (河出ブックス)生きるための自由論 (河出ブックス)
大澤 真幸

by G-Tools

■ありそうでなかったこの組み合わせ。だいぶ前から気にはなっていたのですが、マーケットプレイスで大暴落していたのを見つけて購入(お得でした!)。お二人とも司会のご経験があるためか、お互いの聞き手になる場面も多くあり、そういう意味でもお得でした。
田原総一朗責任編集 2時間でいまがわかる!アタマがよくなる勉強会田原総一朗責任編集 2時間でいまがわかる!アタマがよくなる勉強会
茂木健一郎

by G-Tools

IPPONグランプリ2011開幕戦をようやく観ました。今回もお題、解答ともに、よじれるほど笑いました。そして優勝はおぎですか。いよいよ「笑いの巣」チームの総勝ち状態になってきましたね。バカリズムも毎回毎回アウェーな空気の中、あんなに実力を発揮できてすごいと思います。松ちゃんのコメントだけが唯一好意的な内容(と言いますかベタ褒めですよね)なのですが、会場には流れてないんですよね…。

■NHKでやってた「Perfume ドーム5万人ライブへの挑戦」、いやーとってもよかったですね。今回は3人とMIKIKO先生とのやりとりが多く放送され、その[先生-生徒]の関係の中に、Perfumeの大成功の秘訣を見た!という感じでした。内田先生の「先生はえらい」な力学がきっちり働いているように見えました。「学びのプロセス」がいい感じに回っている好例としてこの映像、使えるのではないでしょうか。
結成10周年、 メジャーデビュー5周年記念! Perfume LIVE @東京ドーム 「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」【初回限定盤】 [DVD]結成10周年、 メジャーデビュー5周年記念! Perfume LIVE @東京ドーム 「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」[DVD]

by G-Tools
先生はえらい (ちくまプリマー新書)先生はえらい (ちくまプリマー新書)
内田 樹

by G-Tools

■スペースシャワーTVでやってた「極私的神聖かまってちゃん」。渋谷に新しくできたライブハウスwwwのこけら落としライブ&ドキュメント。もう単純にカッコ良かった!今までyoutubeでは何度か観たことあったのですが、実際のライブ映像とかは初めて。ファンの子のインタビューも含めて、とっても良いつくりだったと思います。それにしてもホントにステージでケンカするんですね。ひやひやしました。
つまんねつまんね
神聖かまってちゃん

by G-Tools
みんな死ねみんな死ね
神聖かまってちゃん

by G-Tools
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。